UQモバイルでiphone7は使える?

UQモバイル動作確認端末一覧では、iphone6までは動作が確認されていますが、iphone7に関しては記載がされておりません。その為、UQモバイルで使えるのかどうか不明な状況にあります。

UQお客様センターに問い合わせをしたところ、iphone7のSIMフリー版はUQモバイルでそのまま使うことができ、ドコモ・au・ソフトバンクのキャリア版はSIMロック解除をすれば使うことができます。

ただし、UQ mobileオプションのメールサービスやテザリングについては、SIMフリー版、ドコモ・au・ソフトバンクのキャリア版のSIMロック解除状況に問わず使用できません。今後は対応になるかも分かりませんが今のところは対応していません。

UQモバイルでは、独自のキャリアメール「@uqmobile.jp」を有料オプション(月額200円)で提供しています。これがiPhone7では対応していないので、キャリアメールを持つ事ができません。

「通話」「データ通信」「SMS」に関しては問題なく使うことができます。

iphone7のSIMカードは、「マルチSIM」となります。「LTE用microSIM」「LTE用nanoSIM」では動作できませんのでご注意下さい。

厳密に言うとiPhone7は、nano SIMを使うことができることはできますが、iPhone7で使用するにはVoLTE対応のマルチSIMを選択しなければ、音声通話が出来なくなると言った不具合が出ます。

安定してiPhone7を使いたい場合は、マルチSIMが間違いありません。

このマルチSIMとは、ドコモ、au、ソフトバンクのVoLTE端末で使うことができるVoLTE端末用のSIMです。これは非VoLTE端末用のSIMカードと違い、届いた1つのSIMを、自分の端末に合わせて切り取ることができるので、通常SIM、microSIM、nanoSIMの3つのサイズに対応しています。

これはどのSIMサイズにも対応できますが、サイズを間違えて切り離してしまうと、有料交換手数料3000円が掛かりますのでご注意ください。

iPhone6s以降はすべてマルチSIMとなっているため、マルチSIMを選ぶようにしましょう。iPhone6、iPhone6 Plusに関しては、nanoSIMとなります。

UQモバイルでiphone7はなぜデザリングできない?

UQモバイルの親会社はauです。そのauではiphone7を主力商品として販売しています。同じiphone7でも月額料金の高いauで使ってもらった方が都合が良いでしょう。

まだ新しい部類に入るiphone7をUQモバイルでデザリング対応してしまうと、月額料金を高く支払ってまでauで契約し続ける意味を見失うので、それを避けるためにもUQモバイルでは未対応なのではないかと推測されます。

今後、iphoneの最新機種が投入され、iphone7が古くなり主力から外れる頃には、UQモバイルでデザリングもメールも対応になっているのではないかと予測します。

au版iphoneは全てUQモバイルで使える?

au版のiphoneは全てのシリーズがUQモバイルで使えます。UQモバイルはau系格安SIMですのでauの回線を使っていますので、基本的にauの端末には対応しております。

ドコモ版、ソフトバンク版のiPhone6、iPhone6 Plusに関してはSIMロック解除に対応していないため利用できません。これは、SIMロック解除が義務付けられたのが2015年5月以降だからです。

それより前に発売されたiPhoneはSIMロック解除ができないようになっています。