UQモバイルには3種類のSIMカードがある

SIMカードは3種類あります。

  • LTE用microSIM
  • LTE用nanoSIM
  • VoLTE用マルチSIM(mini/micro/nano)

SIMカードのサイズは、標準SIM(=miniSIM)、micro SIM(マイクロSIM)、nano SIM(ナノSIM)の3種類があります。それぞれの大きさは違いますが同じ機能を持っており、電話番号などの情報が詰まったICチップです。

SIMカードのサイズは標準規格化されているので、どの会社のSIMカードを購入しても形状は同じです。キャリアや格安SIMごとに異なることはありません。

nano SIMカードが一番小さいので小さいSIMカードであれば、大きいSIMカードを入れるスマホでも、大きさを変更できるSIMカードアダプターを装着すれば入れ替えることが可能です。

ですから一番小さなnano SIMカードを選ぶことで、どの端末にも適用できるようになるのです。UQモバイルのnano SIMは、「nano SIM」と「マルチSIM」です。

「マルチSIM」は、mini/micro/nanoどの大きさにもカットできるVoLTE用のSIMカードです。「nano SIM」は最初からnanoサイズの小さな形状にカットされているLTE用のSIMカードです。

先ほど、「nano SIM」ならどの端末にも対応すると書きましたが、端末によって「VoLTE用」か「LTE用」に分かれますのでUQモバイルでは端末ごとに「マルチSIM」か「nano SIM」かサイズが同じnanoでも異なることになります。

その為、動作確認端末一覧で、それぞれの端末がどのSIMカードに対応しているか調べてからSIMカードを選択する必要があります。

UQモバイルで契約の際、SIMカードは自分で選択?

UQモバイルでは、大まかなに2つの契約方法があります。「SIMのみの申し込み」と「SIMカードと端末セットの申し込み」です。

「SIMのみの申し込み」の場合は、自分で端末を準備して頂く形となります。UQ側としてはお客様がどの端末を持っているかまでは把握できませんので、ご自分の責任で持っている端末で動作するSIMカードを選択する形となります。

「SIMカードと端末セットの申し込み」の場合は、最初に端末を選択する形となっております。その場合は、選択した端末に合ったSIMカードが自動で選択される仕組みとなっております。

いわば自分でSIMカードを選択する必要がなく、選択した端末で動作するSIMカードをUQ側が指定してくれるので間違えることはありません。

SIMのみ申し込みでSIMカードを間違えた場合は?

SIMのみの申し込みで、SIMカードを間違えることはあります。よくある間違いとしては、SIMカードの大きさは合っているけど、「VoLTE用」なのに「LTE用」を選択してしまい動作しないケースです。

動作端末一覧では、明確にこのSIMカードが使えますと端末ごとに記載されているので、その確認を怠らなければ間違えるはずはないのですが、動作確認端末一覧を見ずに、この端末はこのサイズが挿入できるからという理由で契約に走ってしまう方が稀にいます。

そうすると、SIMカードのサイズ自体は合っていても「VoLTE用」か「LTE用」かの違いで動作できず、SIMカードが使い物にならない場合があります。

SIMカード間違えた場合の対処1:SIMカードの交換

SIMカードを間違えたのなら、持っている端末で動作するSIMカードに交換することができます。

ただし、SIMカード再発行手数料として、3,000円(税抜)がかかります。SIMカードを交換するにあたって、3,000円(税抜)だけが掛かってきます。翌月の請求時に、合わせてお支払いとなります。

SIMカードを間違えると再発行の手間がある上、手数料として3000円を出費することになります。動作端末確認一覧を確認しなかった代償として3000円は大きいものがありますので、間違えないようにしておきたいものです。

UQモバイルのSIMカードの交換方法

SIMカード交換お手続きについては、UQお客様サポートセンター(UQ mobile)までお問い合わせします。

「UQお客様サポートセンター(UQ mobile):0120-929-818」に電話をかけてSIMカードを変更します。

営業時間は、9:00~21:00(年中無休)で携帯電話・PHS可能です。一部IP電話からは接続できません。

SIM交換はガイダンス番号3番を選択してください

電話の前に準備すること

契約内容の照会や変更に関するお問い合わせの際は、ご契約者様ご本人より電話をすることになっています。電話で本人かどうかの確認があります。 

お手続きの際のご本人様確認事項

  • 「ご契約者様名」
  • ご契約のお電話番号
  • ご契約に決めた4桁の数字暗証番号

こちらの情報を事前に準備しておけば電話でスムーズに対応することができます。

SIMカード間違えた場合の対処2:端末を購入

SIMカードを間違えたらSIMカードを交換すれば良いですが、SIMカードをそのまま使う方法もあります。それは間違って契約したSIMカードで動作する端末をオークションや価格.comなどの通販で購入すれば良いのです。

3000円の手数料を払ってSIMカードを交換して、元々使っていた古い端末で使うくらいなら、いっそのこと新しい端末を購入してしまった方が良いという場合は、間違ったSIMカードで動作する端末を探して購入しましょう。

SIMカードを間違えたら選択肢は2つしかない

SIMカードの種類を間違えたらSIMカードを交換するか、SIMカードで動作する端末を購入するか2つの選択肢しかありません。

持っている端末が古いとか、間もなく寿命などの場合はSIMカードで動作する新しい端末を購入するのもありでしょう。間違えたSIMカードで動作する端末の中で欲しいものが見当たらなかったり、種類が少ないなど、次の買い替えなども見据えた時に不便と感じるのならSIMカードを交換してしまいましょう。

UQモバイル動作確認端末一覧で確認する方法

UQモバイル動作確認端末一覧はこちら

UQモバイル動作確認端末一覧にアクセスします。

メーカー名で探す

持っている端末のメーカーを選択します

メーカーを選択するとピンク色に変わります。その状態で下にスクロールします。

するとAppleの端末が一覧表示されます。この中で持っている端末をクリックします。

iPhone SEの「au/ドコモ/ソフトバンク版」をお持ちの場合は、「iPhone SE(au/ドコモ/SB版)」をクリックします。

すると、SIM種別は、マルチSIM(nano)と記載されております。これは、iPhone SEの「au/ドコモ/ソフトバンク版」は、マルチSIM(nano)でしか動作しないことを意味します。

「LTE用microSIM」や「LTE用nanoSIM」では動作しません。

対応サービス欄では、「データ通信○」「通話○」「SMS○」「メール○」と記載されております。

これは、全て丸がついているので全て対応する意味です、バツがついていたら、そのサービスは対応しないことを意味ます。

あとは、SIMロック解除が「要」か「不要」かを確認下さい。「要」となっている場合は、SIMロック解除しないとSIMカードが合っていても、対応サービスが全て丸でも動作できません。

「iPhone SE(au/ドコモ/SB版)」はSIMロック解除が必要です。SIMロック解除していない場合は、SIMロック解除をキャリアで行います。もしSIMロック解除が日数が経過してなくて不可能な場合は、日数を待ってUQモバイルに乗り換えるか、待たずにUQモバイルで端末セットを購入するかしてください。

同じiphoneでも種類によってSIMカードは異なり、SIMロック解除が必要か不要かも異なりますので、ご注意下さい。稀に iphoneはどれも同じSIMカードで通じると勘違いしてしまい動作確認をしないで契約してしまう方がいらっしゃいます。

機種ごとにどのSIMカードで動作するかは全く異なるものですので、事前の確認は絶対的に必要なものとなります。

キーワードで探す

キーワードを入力すると、ダイレクトに検索できます。自分の持っている機種名を入力することで、一つの端末だけ表示されるので、一発で探し出すことができます。

自分の持っている端末の名前を入力します

「AQUOS L2」と入力したら、そのまま下にスクロールします。

すると、「AQUOS L2」が表示されます。

ちなみに頭文字だけ入力しても、頭文字の名前の機種が全て表示されます。「H」と入力してみました。

すると、「H」が頭文字になっていてUQモバイルで動作する端末が全て表示されます。

頭文字一つで検索できる手軽さはありますが、その頭文字に該当する端末が多い場合は探すのに時間が掛かる場合もあります。と言いましてもUQで動作する端末は限りがありますので、それほど多くありませんので、心配ありません。

SIMで検索

SIMで検索では、契約しようとしているSIMカードで動作する端末が一斉に表示されます。その中で自分の持っている端末がない場合は、そのSIMカードを契約してしまうと動作できないことを意味します。

「SIMの種類を選択」をクリックします。

すると、SIM種別で表示されます。調べたいSIMカードを選択します。

マルチSIM(nano)を選択しました

下にスクロールすると、マルチSIM(nano)で動作する全ての端末が表示されます

nanoSIMを選択した場合

nanoSIMで動作する全ての端末が表示されます