UQモバイルキャッシュバックは怪しい?

UQモバイルは格安料金にもかかわらず、10000円以上のキャッシュバックが付きます。なぜ安い料金なのにこれだけの高額キャッシュバックが付くのか怪しいと感じてしまう方も多いようです。

UQモバイルが高額キャッシュバックをつける理由はいくつかあります。

  • ワイモバイルとの競争に打ち勝つため
  • 格安SIMをどこに乗り換えるか迷っている人たちへの強い謳い文句になる
  • 高額キャッシュバックをつけることで実質料金がさらに安いとアピールできる
  • 格安SIMで10000円以上のキャッシュバックはあまりないので優位性を保てる
  • 2年縛り自動更新プラン限定で高額キャッシュバックをつけることで最低利用期間の懸念を払拭
  • 2年縛り自動更新プランに高額キャッシュバックを用意して長期顧客を確保したい
  • 高額キャッシュバックの宣伝広告を見ることで、UQモバイルに興味を持ってもらいたい
  • どこへ乗り換えようか迷っている層に高額キャッシュバックが大きな決め手となってほしい

こうした理由があります。要は、高額キャッシュバックをつけることで、ユーザーの興味関心をひかせて契約の強い動機となります。

また、UQモバイルとワイモバイル、LINEモバイル、マイネオなど他社との比較で迷っている層へ、高額キャッシュバックが強い後押しとなります。

UQモバイルの高額キャッシュバックが他社比較との判断材料の中で大きな決め手となるのです。

更には、2年縛りの顧客を確保する狙いがあります。2年縛りは2年以内の解約は9500円とハードルが高くなります。このハードルを解約金と同等レベルのキャッシュバックをつけることで払拭することができます。

2年も縛られ自動更新となると、安易に乗り換えができなくなるため、契約を躊躇するものですが解約金同等のキャッシュバックがされるなら、乗り換えても良いと思えてくるでしょう。

UQモバイルキャッシュバック怪しいと言われるがもらえないことはある?

現在のUQモバイルキャッシュバックの入金方式は、商品券を自宅に郵送ではなく、銀行へ振込み式です。契約から公式は4ヵ月、代理店は7ヵ月の期間を空けて、口座登録案内メールが送信されます。

そのメールを受け取った後に口座登録しなければなりません。そのため、キャッシュバックを貰うために手続きをしなければキャッシュバックが貰えないのです。

キャッシュバックは自己責任化しており、手続きを怠ったものは貰えないリスクがあります。

では、手続きをしたにもかかわらずもらえないことはあるか?ですが、公式も代理店も会社側が支払わないことはないです。

ただ、キャッシュバック口座登録手続き前に、「プラン変更」「解約」「端末返品」など行った場合は、ご利用状況が確認できないに該当するため、キャッシュバックが貰えなくなります。

キャッシュバックを貰う為のルールは設定されており、最初に契約したプランを継続して利用することが前提条件となってきます。

UQモバイルキャッシュバック怪しいという方の特徴

UQモバイルキャッシュバックが怪しいと言う方は以下の様な方たちです。

  • UQモバイルのキャッシュバック事情をよく知らない
  • 噂を鵜呑みにしやすい
  • 世の中に旨い話はないと決めつけている
  • キャッシュバック額が高額過ぎて不思議と感じている
  • キャッシュバックを貰えた口コミが少ないから疑う
  • 振り込まれた証拠の画像なり動画があまりないから信じられない
  • 契約から期間を空けて口座登録手続きさせるところが貰い損ねを狙っているようで怪しい
  • キャッシュバックが迷惑メールに入り貰えなかった口コミを見た

UQモバイルキャッシュバックが怪しいと感じる方は、まず高額キャッシュバックを貰えること自体に強い不信感を感じているようです。

第二に、キャッシュバックを貰った証拠画像が出回っていないことです。これにつきましては個人の銀行口座の貯金残高を見られてしまうのを懸念して非公開とする方が多いのでしょう。

例えば、SNSで「UQからキャッシュバック貰ったと書き込みしたくても、フォロワーに残高を知られたくない」と感じる方も少なくありません。

残高を見せたくないので、口座を載せられな結果、キャッシュバックが入金されたという事実を公開できないのではないでしょうか。

UQモバイルキャッシュバックが怪しいのは貰いにくい仕組みが要因?

UQモバイルキャッシュバックは、キャンペーンページから申し込みをすれば無条件でキャッシュバックが受け取りできるものではありません。

契約から一定の期間を空けてキャッシュバック入金の口座登録をする必要があります。そのため、受け取りの難易度があり、口座登録を忘れてしまうと受け取れないリスクがあります。

全員がキャッシュバックを受け取れない仕組みとなっている以上は、キャッシュバックに疑念が生じやすい側面があるのです。

受け取り損ねる大きな要因に「口座登録案内メールが迷惑メールに入り気づかなかった」というケースがあります。これは、受信者側の問題で発生するものですが、送信者側が意図的に迷惑メールに入れてきたのではないかと勘違いしてしまう方もいるので、怪しい受け取り方式と言われても仕方ない側面があるのです。

UQモバイルキャッシュバックは期限が切れたら本当に貰えない?

UQモバイルキャッシュバックは口座登録メールが届いてから代理店は20日以内に登録する義務があります。この登録期間を通り越してしまうと貰えません。

口座登録期限を過ぎたらキャッシュバックは無効になる規定があります。この規定に基づき、登録手続きを期日までに済ませなかった方は、キャッシュバック受け取り資格が失効します。

これは予め定められたルールでありますので、口座登録手続きを忘れたことで貰えない場合は完全に自己責任による過失ということになり、公式や代理店は何も悪くないということになります。

キャッシュバックが無効になるのはお客様自身の責任が100%あります。