UQモバイル

UQモバイルはドコモ回線とは違う?ドコモ系格安SIMではない!

UQモバイルはドコモ回線ではない?

UQモバイルを運営しているのは、KDDIのグループ企業であるUQコミュニケーションズです。2015年12月18日からUQモバイルにKDDIが提供開始したau回線のMVNO(格安SIM)です。

UQモバイルは、KDDIから回線の卸提供を受け、通信サービスを提供するMVNOのブランドです。

現在まで、au回線1本で運営を行っておりますので、au回線しか利用することはできません。ドコモから通信回線の提供を受けていないのでドコモ回線は利用することができません。

UQモバイルはドコモ系ではなくau系格安SIMとして通信速度が速い?

UQモバイルを含めて、各MVNOは、ガイドラインで定められた基準にあわせた接続料で回線を提供をauから受けています。

KDDI側のネットワーク上、auユーザーもUQユーザーも、そしてMVNOのユーザーも区別なく通信しています。UQから借り受けているWiMAXの周波数も、auユーザーだけではなくMVNOにも提供しており、MVNOが仕入れる帯域幅に通信速度は依存します。

UQコミュニケーションズとKDDIは、グループ企業とはいえKDDIの議決権比率は1/3であり、UQ自身は独立しています。

格安SIM市場でUQモバイルの料金プランは「1000円以下の格安SIMよりも高い水準」として、テレビCMやショップは、UQのブランド力向上のため、先行投資といった意味合いでUQ自身の負担により展開しています。

KDDI側の優遇はなく、UQの速度が速いのはそれに見合った料金体系にし、コストを応分に負担しているからです。

ただし、UQの通信速度がランチタイムでも速い理由は、UQでは「速くしようとすれば帯域を太くする。その分お金を払うことになり、そのバランスをどうするか。」ということを考えているからです。

要は、通信速度を上げる為に、それだけ高い回線提供料金をKDDIに支払っているからこそ速度が速いのを実現できるのです。ただ、格安料金でお客様に提供いているので、お金をKDDIに支払えば支払うほどに利益が薄くなるので、そのバランスは悩んでいるようです。

ドコモ系格安SIMとは?

docomo系MVNOは、docomoの電波帯を使用した回線を提供している以下のMVNOのことです。

BIGLOBEモバイル
b-mobile
DMMモバイル
DTI SIM
IIJmio
LINEモバイル
LinksMate
mineo ドコモプラン
NifMo
nuroモバイル
OCN モバイル ONE
U-mobile
イオンモバイル
エキサイトモバイル
楽天モバイル
ロケットモバイル

ドコモ系格安SIMはドコモの回線を使った格安SIMとなりますので、基本的にドコモで購入した端末ならSIMロックの解除不要で利用することができます。

ドコモ系格安SIMの中にはau回線も選択できる格安SIMもあります。BIGLOBEモバイルでau回線を契約した場合はau端末をSIMロック解除なしで利用することができます。

au系格安SIMとは?

au系MVNOは、auの電波帯を使用した回線を提供している以下のMVNOのことです。

UQ mobile
mineoのAプラン
IIJmio(みおふぉん)のタイプA
BIGLOBEモバイルのタイプA
Fiimo(フィーモ)のAプラン
TikiTiki(Tikimo) のタイプA
楽天モバイル

SoftBank系格安SIMとは?

ソフトバンク系MVNOは、ソフトバンクの電波帯を使用した回線を提供している以下のMVNOのことです。

U-mobileのSUPERプラン
U-mobile S (SMSなしのデータSIMのみ)
b-mobile S
スマモバ(S)プラン(データSIMのみ)
LINEモバイル
mineo Sプラン
ワイモバイル

SoftBankは回線を貸し出す使用料を高めに設定しているので、SoftBank系のMVNOは少ないです。SoftBank自体が低価格通信サービス「ワイモバイル」を提供しているというのも影響しています。

長所は、キャリアのSoftBankとほとんど同じ速度で通信が使えるところです。docomoと同種の通信方式ですから汎用性も高いと言えます。

ドコモ系とau系格安SIM(UQモバイル)で通信速度が速いのは?

docomo系MVNOに参入するMVNOは非常に多いのでdocomo系MVNOは速度が遅いです。au系MVNOに参入する格安SIMは少ないので通信速度は速くなっております。

auの回線は回線使用料がやや高いため、MVNOの数はdocomoほど多くありません。混み合うことも少ないです。

auが採用しているのはマイナーな通信規格は世界基準に対応しておらず、各国で作られるSIMフリー端末が使えないという欠点があります。

そのため参入するMVNOも、auと契約することには気が引けるものでした。しかし、今後キャリアの通信方式がLTEネットワークで統一されると、状況は一変する可能性があります。

LTEとは、今までより速度が速く、大量のデータを一度に送受信できる次世代の通信規格のことです。

ドコモ系格安SIMが多いのは、docomoの回線が一番安く借りられるからです。また、最も早くからネットワークの貸し出しを始めていて実績がある、という要因も。エリアも広く信頼性も高いと言えます。

docomoが採用している通信規格にも理由があります。docomoの通信方式は世界中で使われている規格であり、スタンダードなサービスを提供できます。SIMフリーのスマホはdocomo回線のみに対応していることがほとんどです。使える端末もそれだけ幅広くなるのです。

ドコモ系MVNOとau系MVNO(UQモバイル)のiPhoneの相性は差がある?

iPhoneとの相性面は、au回線よりドコモ回線のほうが良いです。現在どちらでも問題なく使えますが、au回線の場合、過去iOSアップデートなどで不具合が出たことがあります。

不具合の発生率は、ドコモ系MVNOのほうが安定しています。

ただ最近ではサービス面の安定したMVNOではいち早くiOSアップデートの情報などを発表しており、公式にもiPhone対応と明示されているため、ほぼ変わりはないです。

つながりやすさの面で言えばキャリアのドコモ回線、au回線と同じなので、どちらが自分の住んでいる地域で使いやすいかを意識すると良いでしょう。

地方などの山間部でドコモ以外繋がらないといった場合は、迷わずドコモ系MVNOを選んで下さい。

ドコモ系とau系格安SIM(UQモバイル)で繋がりやすさに違いは?

現在の格安SIMは9割以上がドコモ系格安SIMです。au回線よりドコモ回線の方が人口カバー率100%に近いので繋がりやすさはドコモ系の方が良いです。

田舎や山間部などでドコモ回線は強さを発揮して圏外になったり、アンテナが少なくなったりすることはありません。山間部でドコモは繋がるのに、au回線は繋がらないなんてことはあります。

au系MVNOは、建物の中に入っただけでアンテナマークが1段階減ったりします。docomo系MVNOのSIMでは減らない場所であっても、au系MVNOのSIMでは減ります。 

au系MVNOは電波の掴みが悪いので、どうしてもスマホの電波出力が強くなり、そのためにバッテリーの消耗が少し早くなります。

au系MVNO(UQモバイル)は山間部では使いものにならない?

山間部の道路を走る際に、au系MVNOの「au 4G LTE」というネットワークは、エリアマップを見ると山間部は電波が届いていない地域が多いです。

地方の田舎ではプラチナバンドの800MHz帯の4G LTE対応が進んでいないように見えて、iOSのField Testモードで見ている限りでは平野部は基本的にBand1(2GHz帯)ばかりで、地形的高低差があるところだけ味付け的にBand18(プラチナバンド800MHz帯)で補っている感じで、基本的な構築方法はdocomoと変わりないようですが、docomoと比べると密度が薄いです。

docomoならBand1で5~7局捕まるところが、auだと2~3局です。auの人口カバー率99%とかいう指標は当てにならないものがあります。

au系MVNO(UQモバイル)よりドコモ系MVNOを利用するメリット

田舎や山間部などの地域では、まだまだドコモ以外の電波は届きにくい地域も多いため、ドコモ回線の方が安定して利用することができます。

ドコモ系MVNOは、3GとLTE回線の両方の通信網を使ったネットワークになりますが、au系MVNOでは、LTE回線しか使えません。

そのため、au系MVNOでは、地方や山、海、建物内の中などでは通信できない場所や電波が入らない場所が沢山あります。それに対して、ドコモ系MVNOではそういったことはなく、全エリアで通信が可能になります。

ドコモ系MVNOは日本全国、ほとんどの地域でつながります。