UQモバイルキャッシュバック

UQモバイルキャッシュバック終了時期はいつ?廃止になる可能性は?

UQモバイルキャッシュバック終了時期はいつ?

UQモバイル公式キャッシュバックページでは、「キャッシュバックの終了時期は別途お知らせいたします。」といった注意書きが書かれています。

UQモバイルのキャッシュバックは予算の関係で突然終了となることもあり得るみたいな噂もあるようですが、UQモバイル発足以来、一度も終了になったことはありません。

つまり、注意書きに記載されている終了を匂わせる案内は、当てにならないとみて良いです。「いつ終わるか分からない」と急かしておくことで、契約を促進させる狙いがあります。

実際、いつ終了になるか分からないように演出してますが、全く終わる気配はありません。それどころか、キャッシュバックが起爆剤となってネットからの契約者が増えていますし、他社からの契約者も増えています。

UQコミュニケーションズはキャッシュバックを渡すことで利益が薄くなりますが、契約者が増加すれば薄利でも利益は積み上がっていきます。つまり量で利益を補うことができるのです。

UQモバイルキャッシュバック終了なんてあり得る?

UQモバイルがもしキャッシュバックを終了にしたら、乗り換えするメリットが薄くなります。他の格安SIMでもキャッシュバックや割引キャンペーンを実施していますので、UQモバイルだけが何も特典をつけなかったら、他社のが魅力的に映ってしまいUQモバイルへ乗り換える意味がなくなるので契約者は減ります。

キャッシュバックを削ることで、利益を減らさずに済んでも肝心の契約者を増やせなかったら利益は乗っかってこないのです。

その為、キャッシュバックを餌にしてユーザーを誘きよせるのは極めて重要となります。キャッシュバックの効果を感じているUQコミュニケーションズはキャッシュバックを終了するメリットは薄いので今後も長期的に継続することでしょう。

UQモバイルキャッシュバックが仮に終了する時はどんな時?

政府が法律改正して高額キャッシュバック禁止令を出したら一発で終了となります。

今のところは、政府がキャッシュバックを禁止にする様な動きはないので、しばらく続きます。ただ、法律というものは、突然変わるもので、高額キャッシュバックで顧客獲得を独占する携帯会社が悪質と判断されればキャッシュバック禁止令が出される可能性も0ではありません。

現状、格安SIMごとに通信速度に温度差があり問題となっており議論がされていますが、何も変化がなく進展がない状況です。キャッシュバックに関しては議論にすらされていない状況なので、まだまだキャッシュバックが終了になるとは考えにくいです。

UQモバイルキャッシュバック予算の関係で終了になるって本当?

UQコミュニケーションズには予算というものがあります。この予算の中からキャッシュバックを提供しています。予算の財源が不足したらキャッシュバックを支払える余裕はなくなりますので終了になります。

ただ一度も終了になっていないし、UQモバイルの契約は右肩上がりで勢いよく伸びてきています。契約者が増えれば当然に利益も乗っかりやすいので予算に余裕がなくなるのは考えにくいです。

よって、予算の関係で終了にはしばらくはならないでしょう。もし、予算を理由にキャッシュバックが終了になるとすれば、それはUQモバイルの契約が落ち込んだ時代が来たときです。

強力な格安SIMの登場により、UQモバイルが劣ってきたら、後退期を迎えるでしょう。ただ、UQモバイルが落ちぶれることはありません。

KDDIのサブブランドとして通信速度は優遇されており、格安SIMの中では頭1つ飛びぬけて速いです。それに有名女優3人を起用してCMをガンガン流して知名度を上げています。

今やUQモバイルは格安SIMでトップクラスを誇ります。これが今すぐ落ちぶれることはないでしょう。

UQモバイルキャッシュバック代理店が終了して公式1本化時代は到来する?

UQモバイルキャッシュバックは代理店もあるわけですが、この代理店はUQコミュニケーションズからの報奨金を受け取ることによってキャッシュバックの支払いが成り立っています。

よって、UQコミュニケーションズから報奨金が絞られてしまったら、代理店の存続の危機に陥ります。

ただ、今のところUQモバイルの契約は増加の一途を辿っておりバブル状態です。その為、こんな盛り合っている時期に報奨金を絞る理由はありません。

その為、代理店が終了になることも考えにくいです。UQコミュニケーションズとしても代理店の存在のおかげで端末配送やキャッシュバック入金の負担軽減になり救われている部分はあるでしょう。

大切なパートナーであるリンクライフとは長期的に貢献をして頂きたいと考えているでしょうから、代理店の報奨金を絞るようなことはしないでしょう。

UQモバイルキャッシュバック代理店は今後は更に増える?

UQモバイルキャッシュバック代理店はBIGLOBEとリンクライフです。どちらもKDDIと深い所縁のある会社です。信頼のある会社だからこそ正規代理店として認めました。

今後、代理店が増えるかどうかですが、これ以上は増えないです。

リンクライフも公式と同じく紹介者限定方式をとっています。BIGLOBEに関しては紹介方式を一切行っておりません。検索で見つかるBIGLOBE公式サイトから申し込みできるだけとなっております。

UQモバイルキャッシュバックが高額なのはなぜ?

UQモバイルキャッシュバックが高額となっているのは、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」のみです。これは2年縛りの自動更新となっており、要は長期顧客を確保したいのと、最低利用期間2年間で回収できるお金が豊富なのでその分をキャッシュバックで還元できるからです。

UQコミュニケーションズとしては、2年間利用してもらえる長期顧客を確保した方が利益を回収しやすいので好都合です。また自動更新により無料で解約できる月は1ヵ月間のみです。

その更新月1ヵ月間を過ぎてしまうとまた2年間が最低利用期間となるので、3年目4年目も継続して利用してもらえる顧客を確保しやすいです。

更新月を忘れて自動更新されてしまったお客様は、違約金9500円が掛かるから、また2年間は我慢して待とうという考えに至ります。そうすると長くUQモバイルにとどまってくれるので、毎月料金を回収して利益が乗っかりやすくなるのです。

UQモバイルは乗り換え時こそ好待遇ですが、3年目以降は増量オプション料が500円と有料になったり、イチキュッパ割が消えて月額1000円値上げされた状態のまま毎月請求され続けます。

つまり、最初の2年間よりも料金は割高になります。3年目4年目のお客様を確保する為にも乗り換え時に大盤振る舞いをして仕掛けてきているともいえるのです。