UQモバイルキャッシュバック

UQモバイル公式キャッシュバック専用ページ契約の注意点

UQモバイル公式キャッシュバックとは?

UQコミュニケーションズがシークレットで用意している「キャッシュバック限定ページ」があります。

通常のオンラインショップは検索結果に表示されるので、見つけることができますが、「キャッシュバック限定ページ」は、紹介方式となっている為、検索結果で見つけることができません。

その為、UQモバイル情報発信サイトから紹介された「キャッシュバック限定ページ」を経由して契約することになります。

UQモバイル公式キャッシュバックはどこにある?

UQモバイル公式の「キャッシュバック限定ページ」は、「UQモバイル キャンペーン」や「UQモバイル キャッシュバック」で検索すると、沢山の「公式キャッシュバック限定ページ」を紹介するサイトが出てきます。

公式の「キャッシュバック限定ページ」を紹介するサイトは2桁以上ありますので簡単に見つけることができます。

ただ、どこのサイトも「公式キャッシュバック限定ページ」という呼び方はせず、「限定サイト」「UQモバイルキャッシュバック」「当サイト限定ページ」などサイトごとに呼び方は異なります。

UQモバイル公式キャッシュバックをサイトで紹介したい場合はどうする?

UQモバイル公式キャッシュバックは無許可で勝手に紹介することはできません。UQコミュニケーションズの許可が必要となります。

公式限定キャッシュバックを紹介するにあたって必要なのは「契約が獲れるかどうか」です。月間で何件獲得できるかが基準となります。

UQモバイルで契約を獲る為に求められるのは、UQモバイルのありとあらゆるキーワードで記事を作成して影響力を持つサイトに育てあげることです。

ただ、影響力のあるサイトに育てる過程には、絶えまない苦労と時間を費やします。ただ、努力して影響力のあるサイトに育てることができれば集客はできてくるので、必然的にUQモバイル公式限定キャッシュバックを契約する属性を集めることができている状態です。

そのレベルに到達すると公式認定をされて晴れて公式限定キャッシュバックを紹介することができます。

現在、公式認定サイトは多数あります。これらのサイトは、UQモバイルで契約しそうなキーワードを独占していますので、今から参入してもなかなか順位が上がらず先発で上位表示しているサイトを追い抜くには相当な腕力と技量が求められます。

UQモバイル公式キャッシュバックの注意点

UQモバイル公式キャッシュバックの最大の注意点は、「初期費用が全プラン有料」な点です。これは正規代理店リンクライフのキャッシュバックであれば3240円の初期費用が端末セットSプラン以外は無料となります。

公式は、SIMのみ、端末セットの全プランが初期費用有料となるので、初月に3240円の初期費用が請求されます。

代理店で掛からない初期費用が公式は掛かるわけですから、3240円を丸々損することになります。

更に、プランによっては1000~2000円キャッシュバック額が代理店より公式は少ないです。SIMのみMプランは、代理店は13000円キャッシュバックで初期費用無料に対して、公式は11000円キャッシュバックで初期費用が有料です。

そうすると5240円もの差が生じます。これだけの額が差となると公式からの契約は大損です。

UQモバイル公式キャッシュバックは職業も強制入力?

UQモバイル公式キャッシュバックのお申込みでは、職業の選択欄が必須項目になっており、「会社員」「パート」を選択した場合、勤務先名と勤務先電話番号の入力が強制となります。

会社名をUQコミュニケーションズに知らせなくてはならないのです。自分の働いている会社を教えるのは気が引けるという方は代理店リンクライフからの契約が望ましいです。

リンクライフでは、職業の選択欄がありませんので、職業を教えなくて済みます。

同じUQモバイルでもなぜ公式だけが職業入力をしなければならないのかというと、キャッシュバックの受け取り時期に秘密があります。

公式は4ヵ月後にキャッシュバック入金し、代理店は8ヵ月後にキャッシュバック入金となります。実に4ヵ月もの差があります。この場合、早くキャッシュバックを入金する公式としては、まともに料金を回収できていない状態でキャッシュバックを渡すのですからリスクが代理店より高いです。

一方の代理店は8ヵ月も先なので、8ヵ月分の料金回収をしてのキャッシュバック入金です。料金は公式よりも4ヵ月も多く回収した状態でキャッシュバック入金ですので、もし万が一、キャッシュバック入金後に解約されたとしても8ヵ月分の料金は回収できているので公式の4ヵ月分の料金回収した状態でキャッシュバックよりはリスクは少なくなります。

公式としては、早くキャッシュバックを渡すだけに、審査は慎重になり厳しくなります。その為、キャッシュバック貰い逃げするお客様や端末セット分割払いで即時解約するお客様などが出ることを懸念して怪しい人は審査に落とします。

公式の職業欄は「自営業」「無職」で選択することもできます。この場合、勤務先を書く必要はなくなりますが、信用は会社員に比べてないので印象は悪いです。

何か過去の履歴で問題のある滞納や延滞などの動きがあった場合は、職業が無職や自営業だとより落ちやすくなります。

公式ではクレジットカード会社に過去の取引履歴を問い合わせするので同意できますか?と尋ねる欄があります。これは、公式があなたの過去に起こした問題がないかを入念にチェックすることを意味します。

代理店では、クレジットカード会社へ問い合わせする同意欄がありませんので、公式の方が厳しめと言えます。

UQモバイル公式キャッシュバックで契約する意味はある?

UQモバイル公式キャッシュバック契約する金銭的メリットはありません。初期費用が有料の時点で3240円は代理店よりも劣ります。更に1000~2000円キャッシュバック額が低くなるので、4240円~5240円損することになります。

また、代理店ではノベルティ特典というものが端末セットM・Lプランについてきます。公式にはノベルティは一切つかないので特典に大きく開きが出てきます。

代理店のノベルティ内容ですが、ガチャピンとムックのぬいぐるみを貰えたりします。これは、オークションでは2000円で落札されるほどに価値のあるものです。

ただ、ノベルティの中身は毎月変わりますし、中身を知ることも選ぶこともできませんので届くまでのお楽しみとなります。

ぬいぐるみや非売品アイテムが欲しくて代理店を契約する人もいるくらい、グッズは貴重なものです。UQモバイルのグッズは一般市場に出回っていない非売品です。

UQモバイル公式キャッシュバックで貰い損ねることはある?

UQモバイル公式キャッシュバックを貰うには、契約から4ヵ月後に届く口座登録案内メールから口座を登録する必要があります。

このメールに気づかなかったり、気づいていても1ヵ月以内に口座を登録しないと期限切れにより貰えなくなります。

実際、迷惑メールに入っていて気付かなくて貰い損ねたという報告があります。公式だから迷惑メールは入らないという安全神話はありません。

公式でも迷惑メールに入り貰い損ねるリスクというものが付き物ということです。

UQモバイル公式キャッシュバック独自の特典はある?

UQモバイル公式キャッシュバックの独自特典はありません。代理店には初期費用無料やノベルティなど公式にない特典がありますが、公式はキャッシュバックのみで他には何も特典がありません。

公式は本家本元なのでブランド価値だけで勝負できるため、余計な特典をつける必要がありません。

ただ、最近ではリンクライフの特典の勢いが増してきており、リンクライフから契約するユーザーが増えています。それでも公式からの契約する人がいるのは、公式認定サイトの割合が多いからです。

現在の検索エンジンの8割以上が公式を紹介するサイトです。残り2割が代理店という感じで、公式が検索エンジンを包囲しているような状況です。

UQモバイル公式キャッシュバックと代理店は何が違う?

UQモバイル公式キャッシュバックは、UQコミュニケーションズが配送とキャッシュバック入金を行います。それに対して代理店キャッシュバックは、リンクライフが配送とキャッシュバック入金を行います。

ただ代理店で契約しても、サポートはUQコミュニケーションズが行います。つまり、代理店は料金請求やサポートや解約などに関与をしません。

あくまでもUQコミュニケーションズのUQモバイルとお客様の橋渡し業務に過ぎません。その為、どちらで契約しても同じUQモバイルのお客様としてUQコミュニケーションズに管理されていきます。

UQモバイル公式キャッシュバックを契約する人はなぜ代理店を契約しない?

UQモバイル公式キャッシュバックを契約するお客様がなぜ代理店を契約しないのかと言いますと以下の理由が考えられます。

  • 公式の方が安心だからと勘違いしている
  • 公式が最高額だと思い込んでいて代理店の存在を知らない
  • 公式認定サイトで書かれている代理店評判を鵜呑みにしている
  • 代理店はクレジットカード払いまで1万円保証金が必要と勘違いしている
  • 検索でみつかったサイトが公式を推奨するサイトで流されてしまった
  • 公式と代理店で悩んで、公式を推奨するサイトが多かったから何となく公式を選んだ
  • 代理店で契約したら、なんとなく不安な感じがして公式を選んだ
  • 公式の方が迷惑メールに入らないと思った

公式と代理店お客様の感じ方は様々です。公式認定サイトの代理店批判をそのまま真に受けてしまうと公式を契約してしまうでしょう。

公式を契約したお客様の中には、代理店でも良かったと後から気付く方もいます。結局のところ、契約する前に巡り合ったサイトの情報で公式か代理店かが決まります。

公式を紹介するサイトでは、公式を全面訴求して代理店を格下げしています。こうした誘導の手に乗ってしまうと公式で契約してしまうでしょう。

でも後から後悔するお客様もいます。冷静に考えてみれば、初期費用を支払う公式は損であったという事実と向き合い、失敗したという気持ちが大きくなります。

しかし、後悔しても後戻りはできません。UQモバイルになぜ乗り換えるのでしょうか?多くのお客様の答えは「料金を今よりももっと抑えたい」というのが共通しています。

それなら初期費用3240円も抑えていくのが正しいと言えます。