UQモバイル乗り換え

UQモバイル乗り換え必要なもの!お金はどのくらい準備する?

UQモバイル乗り換え必要なもの1:ご連絡の取れるメールアドレス

UQモバイルに乗り換える際に必要なのが「メールアドレス」です。このメールアドレスは申し込み時に入力で必須となっております。

メールアドレスは、「本人確認書類の送信依頼メール」「配送の連絡」「月額料金の請求」「UQモバイル最新情報」などUQコミュニケーションズとお客様を結ぶ生命線となってきます。

このメールアドレスがないと以下のことが困ります。

  • 本人確認書類提出の案内メールが届かないので本人確認書類を送れず審査が始まらない
  • 配送の連絡がないので、いつ配送されたか分からない
  • 料金請求案内メールが来ないので、my uq mobileで確認しないと毎月の料金が分からない
  • データ容量が不足した時に連絡が来ない
  • UQモバイルの最新情報メールが届かないとリアルタイムで最新情報を知ることができない
  • キャッシュバックの口座登録案内メールが届かずキャッシュバックが貰えない

メールがないと上記のような困ることが発生する為、メールアドレスを入力必須にしています。

メールアドレスは、ヤフーメールやgmaliなどのフリーメールで良いです。解約するキャリアメールは乗り換えと同時に利用できなくなるので、使わないようにしてください。

ただし、UQモバイルのキャッシュバックは契約から公式は4ヵ月、代理店は7ヵ月と期間を空けて口座登録案内メールが届くので、毎日確認しているメールアドレスを入力するようにしましょう。

UQモバイルの契約の為だけにメールアドレスを作成し、その後は放置してしまうような場合、キャッバックの手続き漏れのリスクが生じます。

UQモバイル乗り換え必要なもの2:クレジットカードもしくはキャッシュカード

UQモバイル乗り換え契約する際に、支払い方法として「クレジットカード」もしくは「口座振替」が選択できます。

どちらの支払い方法で良いですが、正規代理店リンクライフの場合、口座振替はキャッシュバック対象外となります。代理店でキャッシュバックを貰うならクレジットカード支払いを選択して下さい。

ご利用いただけるクレジットカード

VISA、MasterCard、JCB、American Express、DINERS
海外発行のクレジットカードはご利用いただけない場合があります。
デビットカードはご利用いただけません。

口座振替:ご利用いただける金融機関

  • 都市銀行:全都市銀行の本支店
  • 地方銀行:全地方銀行の本支店
  • 第二地方銀行:全第二地方銀行の本支店
  • 信託銀行:一部を除く信託銀行
  • 信用金庫:全信用金庫の本支店
  • 商工中金:全本支店
  • 信用組合:一部を除く信用組合
  • 農協・信農連:全本支店
  • 漁協・信漁連:全本支店
  • ゆうちょ銀行:全国のゆうちょ銀行

ご利用いただける金融機関一覧はこちら 

口座振替は残高を空っぽにされてしまうと、料金回収が不能になります。その為、クレジットカードより審査は厳しくなります。

UQモバイル乗り換え必要なもの3:ご本人様確認書類類

ご本人様確認書類は、必ず原本をご用意ください。

本人確認として、いずれかの1点を持参してください。

「運転免許証」「パスポート(日本国旅券)」「身体障がい者手帳または療育手帳 または精神障がい者保健福祉手帳」「特別永住者証明書」「在留カード」「健康保険証+補助書類」

ご名義人 ご本人さま確認書類 ご注意
個人 右記のいずれかの書類 運転免許書 公安委員会発行で有効期限内のもの (国際免許証を除く)
パスポート(日本国旅券) 有効期限内のもので、現住所が記載されているもの
身体障がい者手帳または療育手帳 または精神障がい者保健福祉手帳 住所の記載のあるもの
特別永住者証明書 有効期限内のもの
在留カード 住居地が「未定(届出後裏面に記載)」と表記されている場合は、別途、下記に記載の[補助書類]が必要となります。
健康保険証+補助書類 有効期限内のもの
健康保険証だけでは受付できません、下記に記載の[補助書類]が必要となります。
※ご利用者様の本人確認書類には、補助書類は必要ありません。

ご契約者様とご利用者の苗字もしくは住所が違う場合はご家族である証明書が必要になります。

「戸籍謄本」「住民票(続柄記載)」「同性のパートナーシップを証明する書類」

  ご本人さま確認書類 ご注意
ご家族である証明書
※ご契約者様とご利用者の苗字もしくは住所が違う場合必要となります。
戸籍謄本 発行日より3ヶ月以内のもの
住民票(継続記載) 発行日より3ヶ月以内のもの
同性のパートナーシップを証明する書類 地方自治体等で発行されるパートナーシップ関係が証明できる公的証明書
※渋谷区「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」による「パートナーシップ証明書」等

次の場合は下記の補助書類いずれか1点を本人様確認書類とあわせてご用意ください。

●健康保険証による本人確認を希望される場合
●ご本人さま確認書類に記載の住所と現在お住まいの住所が異なる場合

補助書類 ご注意
公共料金領収書 現住所が記載された発行日から3ヶ月以内のもの(電気・都市ガス・水道など)

※記載されている住所がご本人さま確認書類に記載の住所と同じ場合、記載されている苗字が、ご契約者と同一であること。
※ご本人さま確認書類に記載の住所と現在お住まいの住所が異なる場合で公共料金領収証をお持ちいただくときは、領収書の宛名はご本人さま宛に限ります。

住民票 発行日より3ヶ月以内で、現住所・ご本人さまの氏名が記載されているもの
届出避難場所証明書 発行日より3ヶ月以内で、現住所・ご本人さまの氏名が記載されているもの
行政機関発行の領収書 発行日より3ヶ月以内で、現住所・ご本人さまの氏名が記載されているもの

UQモバイル乗り換え必要なもの4:MNP予約番号

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)とは、携帯電話会社を変更した場合に、電話番号はそのままで、変更後の携帯電話会社のサービスをご利用できる制度です。

MNPを行うためには現在使用しているキャリアに「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。

MNPの予約番号を発行してもスマホが解約されるわけではありません。MNP予約番号を発行し、UQモバイルを契約して、回線が開通した瞬間に現在のキャリア契約が解約となります。

MNP予約番号には、発行日を含め15日間という有効期限となっておりますが、UQモバイルではMNP予約番号の取得日から2日以内にお申し込みをしないと期限切れとなります。

その為、MNP予約番号を発行したら2日以内に乗り換え手続きをしてください。もし2日以上が経過した場合は申し込みしても審査に通りませんので、15日経過したらMNP予約番号を再取得して頂いて、MNP予約番号取得後2日以内に乗り換え契約をしてください。

MNP予約番号は、UQモバイルに番号そのまま乗り換えする場合は必要です。電話番号を引き継がないで新規契約する場合は不要です。

現在ご契約の会社の下記窓口、または受付店でMNP予約をお申し込みいただき、MNP予約番号を受け取ってください。

現在ご契約中の携帯電話会社 Webから ケータイ/一般電話から
NTTドコモ iモード

i-menu→お客様サポート→お申し込み・お手続き→各種お申し込み・お手続き

PCサイト

MyDoCoMo(http://www.mydocomo.com ) →ログイン

受付時間:24時間

※システムメンテナンス時間などは除く

ケータイから
151
一般電話から
0120-800-000
受付時間:9:00~20:00
ソフトバンク Yahoo!ケータイ

TOP→My Softbank→各種変更手続き→MNP予約関連手続き

受付時間:9:00~21:30

ケータイから
5533
一般電話から
0800-100-5533
受付時間:9:00~20:00
ディズニーモバイル Disney Web

TOP→My Softbank→各種変更手続き→MNP予約関連手続き

受付時間:9:00~21:30

ケータイから
5533
一般電話から
0800-100-5533
受付時間:9:00~20:00
au沖縄セルラー EZweb

TOP→auお客さまサポート→申し込む/変更する→au携帯電話番号ポータビリティ(MNP)

受付時間:9:00~21:30

ケータイ・一般電話から
0077-75470
受付時間:9:00~20:00

UQモバイル乗り換えに必要なもの5:エントリーコード

エントリーパッケージは、UQモバイルへ新規契約・乗り換えの時にかかる事務手数料3240円(税込)を無料にできる申し込み方法です。エントリーパッケージ自体は、500円程度で家電量販店やAmazonや楽天で売っています。

特別な番号をエントリーコードと言います。エントリーコードをWEBからの申し込みの時に番号を入力すると初回の事務手数料が無料になります。

ただし、エントリーパッケージとUQモバイルキャッシュバックは併用不可です。その為、キャッシュバック専用ページから申し込みする場合は不要です。

エントリーパッケージが必要になってくるのは、キャッシュバックがない「データ高速プラン」「データ無制限プラン」です。

また、正規代理店リンクライフのキャッシュバックはエントリーコードがなくても初期費用が無料となりますので、エントリーを購入するよりもお得です。

エントリーパッケージは500円の購入費が掛かるので、初期費用3240円が無料になっても2740円しか得しない計算になります。代理店なら3240円の手数料を丸々無料にできます。

UQモバイル乗り換えに必要なもの6:お金

UQモバイルは正規代理店で以外の契約では初期費用3240円が有料です。これは、公式の場合は契約した翌月には請求されます。よって3240円を準備する必要があります。

あとは毎月の料金です。Sプランなら1年目は月額1980円です。税込みで月額2138円分が請求されます。無料通話時間を超過したら30秒20円単位で通話料が掛かります。通話は使った分だけ加算されます。

その他に端末セットを購入した場合は、端末代が掛かります。一括払いの場合は初月に全額請求がきます。分割の場合は端末を24回で割った料金が請求されます。

UQモバイル転入手数料は掛かりませんので、0円です。

「初期費用」「月額料金」「端末代」などが掛かるので、これらのお金を準備する必要があります。

UQモバイル乗り換えに必要なもの7:端末

UQモバイル乗り換えでSIMのみ契約する場合は端末の用意が必要です。UQモバイルはau系格安SIMですので、ドコモやソフトバンク端末はSIMロック解除しないと使えません。

auはSIMロック解除なしで利用できる端末も多数ありますが、中にSIMロック解除を必要とする端末もありますので、動作確認端末一覧にて事前にチェックが必要です。

また、UQモバイルでお気に入りの端末が販売されていない場合は、ネット通販でSIMフリー端末を購入して利用することも可能です。端末ごとにSIM種別は異なりますので、間違えない様にご注意下さい。

UQモバイル乗り換えに必要なもの8:下取り端末

UQモバイル乗り換えの際に端末を下取りに出し月額料金を割引することができます。下取りは申し込み後あとからはできないので売る端末の準備は乗り換え前に必要です。

この下取りは公式限定でのキャンペーンです。ただ、下取り額はメルカリで売るよりも安い金額となりますので、得策ではありません。

メルカリで売る事ができない方は利用しても良いですが、基本的には自分でフリマアプリで売った方がお金になります。

UQモバイル乗り換えに必要なもの9:端末補償加入・未加入

UQモバイルの端末補償サービス月額380円に加入していれば、自然故障の2年目以降、そして、部分破損、水濡れ、全損は上限5,000円以下の料金で修理できます。自然故障の場合は1年目ならメーカー補償で無料で修理してもらえます。

盗難/紛失にも対応しており、最大10,000円が貰えます。

この端末補償オプションは乗り換えお申込み時にしか加入できません。つまり契約後に加入しようとしても加入ができませんので、端末に補償をつけるかつけないかを事前に考えておく必要があります。

ただ、UQモバイルで販売される端末は最新のiPhoneやエクスペリアの様な高価な端末はありません。壊れてもネット通販で2万円弱で購入できる端末や2年落ちの安いiPhoneばかりです。

その為、端末に補償をつけるほど、高価な端末ではないので補償は無理に加入する必要はありません。

UQモバイル乗り換え契約で印鑑は必要?

UQモバイル乗り換え契約で印鑑は必要ありません。ネット契約のクレジットカード払いの場合、印鑑を使う場面はありません。

申し込みは全て入力形式となっており、最後に本人確認書類の写真をメールで送信するだけで申し込みが完了します。その為、印鑑の出番は1度もありません。

UQモバイル乗り換え契約で代理店契約したいけどクレジットがない場合、キャッシュバックを貰う方法はない?

UQモバイル正規代理店ではクレジットカード支払いのみキャッシュバックが対象となっております。クレジットカードがない場合は、家族の誰かが持っていれば契約が可能です。

その場合、契約者がクレジットカード支払いで、クレジットカードを持っていない方が利用者で契約することでキャッシュバックが貰えます。