auからUQモバイル乗り換えタイミング以上に契約ページの選択も大事

正規代理店から認定を受けた当サイトの、「代理店限定ページ」から申し込みで「SIMのみ」「端末セット」現金最大13000円キャッシュバックと初期費用が無料になります。

auからUQモバイルへ乗り換える場合、この正規代理店経由で申込みするのが一番お得です。公式限定キャッシュバックは初期費用3000円が有料なので最大13000円ですが、正規代理店は初期費用無料に13000円キャッシュバックに加えて最大16000円還元となります。

正規代理店のキャッシュバックは、au及びau系格安SIMからの乗り換えはキャッシュバック対象です。

代理店リンクライフ特典内容キャッシュバック金額SIMカード発行手数料
SIMのみSプラン10000円3240円無料
SIMのみMプラン11000円3240円無料
SIMのみLプラン13000円3240円無料
端末セットSプラン10000円有料
端末セットMプラン11000円3240円無料+景品
端末セットLプラン13000円3240円無料+景品
スマセレ割12000円割引+中古端末無料3240円無料
Sプラン+P30 lite
15000円有料
Mプラン+P30 lite
16000円3240円無料+景品
Lプラン+P30 lite
18000円3240円無料+景品

UQモバイル正規代理店キャッシュバック申し込み限定ページはこちら

auからUQモバイル乗り換えタイミングで適切な日にちは?

UQモバイルに乗り換えるなら断然に月末がお得です。月末に契約するメリットとして、データ容量を余らせて翌月に繰り越しできるメリットがあります。

月の初めに乗り換えしてしまうとネットを使う日数が増えるので必然的にデータ容量を消費して残すことができず翌月にあまり繰り越すことができません。

その為、25日あたりまでにUQモバイルを開通させて、月末の30~31日あたりまで5日~6日程度と少ない利用日数でデータ容量消費を抑えて翌月に繰り越すようにするのが最善策です。

ただ、月末契約が活きてくるのはデータ容量が既定の容量では足りない方です。Sプランを契約している方であれば毎月3GBまで利用できますが、毎月1GBも使わないという様な方がデータ容量を繰り越しする意味はありません。

auからUQモバイル乗り換えタイミングで適切な日にちはauの料金計算も視野に入れる

auの解約月の月額料金は月の途中で解約しても日割にならず、満額請求されます。

月の初めでも途中でも1ヵ月分の料金が請求されます。その為、1日に解約して乗り換えしてしまうと、1日しかauを利用していないのに1ヵ月分の料金を支払う羽目になり大損です。

auの解約月の料金が満額請求なら月末ギリギリまで利用しないと損です。かといって月末ギリギリにUQモバイルに申し込んでしまうと、今度は配送の時間や開通までの時間を考慮しなければなりません。

UQモバイルのSIMカードを端末に挿入して回線切替を実行して初めてau解約となります。その為、月末までに開通作業をしなければなりませんので必然的にUQモバイル申し込みは20日あたりから契約しておくのが無難です。

auからUQモバイル乗り換えタイミングは最低利用期間も視野に入れる

auは自動更新ありの2年契約の場合、更新月2ヵ月以内に乗り換えを済ませないと違約金9500円と余計なお金が発生します。その為、更新月を狙って乗り換えするのが得策です。

更新月まで1年以上の日にちがある場合は例外です。料金はUQモバイルの方が安いので更新月まで長い場合は解約金を支払ってでもUQモバイルへ乗り換えしても料金の安さで解約金の損出は穴埋めできます。

「2年契約」の場合

2年ごとに2か月間の更新期間が訪れます。
契約更新月から2か月間の更新期間は、契約解除料が発生しません。
期間外に「2年契約」の解約・一時休止・廃止をした場合は、契約解除料9,500円がかかります。

ユーザーが何も手続きしなければ、勝手に自動更新されます。つまり、2年契約が満了したら、自動でまた2年契約が結ばれるのです。

今までは更新月期間が1ヵ月間でしたが2ヵ月間に伸びました。

「2年契約(自動更新なし)」の場合

加入から2年以内に「2年契約(自動更新なし)」を解約・一時休止・廃止した場合、契約解除料9,500円がかかります。
加入から3年目以降は、契約解除料が発生しません。

auからUQモバイル乗り換えタイミングは学割シーズンがお得

UQモバイルでは毎年12月~5月まで学割キャンペーンを実施しており、5歳以上18歳以下の学生は月額料金が3ヵ月間無料になります。

3ヵ月無料というとSプランは月額1980円×3ヵ月=5940円も安くなります。学割を受ける受けないで雲泥の差が開いてくるので、タイミングは非常に重要です。

auからUQモバイル乗り換えタイミングは新機種発売直後がねらい目

UQモバイルの新機種は発売直後は高いのでおすすめできません。その代わり新機種発売直後に旧機種を値下げしてきます。つまり、新機種発売直後に値引きされたばかりの旧機種を購入するのは得策です。

例えば実質13000円だった機種が、新機種発売直後に実質108円まで値下がりすることがあります。そうすると13000円もの節約になります。

auからUQモバイル乗り換えタイミングは家族割を意識する

UQモバイルでは「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」を家族2名以上で契約すると2回線目から月額500円割引となります。1人でUQモバイルに乗り換えるよりも家族複数で同時に乗り換えて家族割を受けた方が毎月500円得します。

家族それぞれ更新月が異なる場合、同時に乗り換えは難しいかもしれませんが、家族割引は意識しておくことで最善なタイミングが決まってきます。

auからUQモバイル乗り換えタイミングでキャッシュバックは関係なし

UQモバイルのネット契約のキャッシュバックは公式も代理店もキャッシュバック額は変更がありません。店舗であればキャンペーン内容がコロコロ変わるので時期によって得する落差がありますが、ネット契約の場合は落差がありません。

逆に言えば1年を通して同じ特典を受けられるので、いつ契約しても変わらないです。ただ、キャッシュバックはすぐに貰えるわけではなく代理店であれば8ヵ月先となりますので、早く申し込みしておくことに越したことはないです。

auからUQモバイル乗り換えタイミングでUQモバイルの料金計算の心配なし

UQモバイルの初月は日割り計算ですので、いつ契約しても請求される料金に損得はありません。その為、月末に契約したら1ヶ月分請求されて損なんてことはありません。

auの方はいつ解約しても1ヵ月分請求なので、いつ乗り換えても良いとは言えなくなりますが。

auからUQモバイル乗り換えタイミングで配送即日を希望するなら午前中申し込み

UQモバイルは申し込み後にUQコミュニケーションズが審査処理を行います。審査に通過したら配送センターの方で配送を行います。

最短で即日配送となっております。即日配送の条件は午前中までに申し込みです。夕方くらいに申し込みしてしまうと、審査が夜になるので配送が当日に行われるのは厳しいです。

即日配送を希望するなら午前中に申し込むのが最善です。

auからUQモバイル乗り換えタイミングで早く配送を希望するなら月末は避ける

UQモバイルは20日前後あたりから申し込みが集中して混み合います。月末に申し込む人が多いのは、auが1ヵ月分請求だったり、データ繰り越しを狙っているなどの理由があります。

申込みが集中すれば当然に審査処理も増えるので、審査に時間がかかり配送が遅れます。

その為、申し込みが少ない月の初めがねらい目です。閑散期は審査処理センターも暇なので、余裕をもって当日中に審査ができます。

auからUQモバイル乗り換えタイミングで最悪のパターン

UQモバイルの開通を月末までに済ませようと、29日あたりに申し込みを済ませたとしましょう。それで配送に3日掛かった場合は翌月1日にSIMカード到着なんてことがあり得ます。

そうなった場合、1日に解約したら1日にしか利用してないのにauの料金を1ヵ月分支払わなければならなくなり損です。また1日スタートとなるとデータ容量を余らすこともできず繰り越しもできません。

あんまりギリギリに申し込んでしまうと、無駄な料金の出費とデータ容量を残せない2重の損が生じます。

UQモバイルの配送は即日とも限らず翌日に配送とも限りません。3日掛かる事もあるので、5日程度は余裕をもっておくと良いです。

auからUQモバイル乗り換えタイミングMNP予約番号取得後の期限も視野に入れる

auのMNP予約番号の有効期限は予約当日を含めて15日間です。

UQモバイルオンラインショップでお申し込みの場合、MNP予約番号の取得日から2日以内にお申し込みする決まりがあります。MNP予約番号を取得後2日経過すると乗り換え受付できなくなります。

そうするとまた15日待ってMNP予約番号を取得する羽目になりますので、MNP予約番号を取得したらすぐに乗り換えできる日にちに取得するようにしましょう。