UQモバイルキャッシュバック16000円は要注意と書くサイトがある

「UQモバイルキャッシュバックキャンペーン比較「16000円」は要注意」というタイトルで記事を書き注意喚起するサイトがあります。

このサイトは、UQモバイルの正規代理店リンクライフを紹介するサイトを批判しています。

そもそも16000円という数値はどこから出てきたかと言うと、UQモバイル正規代理店リンクライフの13000円キャッシュバックに初期費用3000円無料を組み合わせて最大16000円還元という意味合いです。

16000円キャッシュバックではないですが、初期費用3000円が無料になるので16000円キャッシュバックと同等です。

これは初期費用3000円を有料にして16000円キャッシュバックされたと同じ原理なので、「16000円キャッシュバック」は批判するに値しない表記と言えます。

UQモバイルキャッシュバック16000円は要注意と書くサイトは公式限定キャッシュバックを推奨している

UQモバイルキャッシュバック16000円は要注意と書くサイトは公式限定キャッシュバックを推奨しています。

では、その公式限定キャッシュバックの内訳はどうでしょうか。

端末セットとSIMのみともに同じキャッシュバック額であり、Sプランが10000円、Mプランが11000円、Lプランが13000円で初期費用3000円は有料です。

ここで気づいて頂きたいのが、代理店のキャッシュバックは最大キャッシュバック13000円と初期費用3000円無料の組み合わせで16000円還元されるのに対して、公式はキャッシュバック13000円のみで初期費用3000円は自腹です。

公式が代理店より3000円の初期費用が劣るにも関わらず「16000円キャッシュバックは要注意」と注意喚起している矛盾さがあります。

むしろ要注意なのは公式の方で、「公式の13000円キャッシュバックは初期費用有料で要注意」とそのまま返します。

最終的にどちらがお客様にとって得策かを考えれば、代理店の16000円還元が間違いなく得をさせていることは間違いありません。

UQモバイルキャッシュバック16000円は要注意と書くサイトは一番安全?

UQモバイルキャッシュバック16000円は要注意と書くサイトは、「当サイト紹介のキャッシュバックキャンペーンが一番安全」と宣言しています。

何をもって安全かと理屈をみてみれば、UQコミュニケーションズが管理するとURLアドレスで実施しているキャンペーンページという理由だけです。

これは、正規代理店リンクライフへの対抗意識で、リンクライフが本家ではないから安全ではないみたいな雰囲気を演出しています。

しかし、公式が安全とかは一切なく代理店で契約しても安全面は変わりません。今まで代理店で契約して「端末が届かない」「キャッシュバック手続きをしたのに貰えない」などトラブルは一切ありません。

公式が安全とアピールしていますが、何をもって安全なのかの意図が見えてこないので、単純な代理店を牽制する狙いがあるだけに過ぎないと言えます。

UQモバイルキャッシュバック16000円は要注意と書く公式限定推奨サイトは一番お得?

UQモバイルキャッシュバック16000円は要注意と書くサイトは、「当サイト紹介のキャッシュバックキャンペーンが一番お得」と謳っています。

このサイトは代理店の16000円還元をなかったことにして13000円が還元の最大値であると主張しています。

代理店の初期費用無料を知っている人が見たら、「なぜ公式限定が1番お得なのか?代理店と比較していないで1番と決めつけているのか?」と疑問に思うでしょう。

UQモバイルキャッシュバック16000円は要注意と書くサイトが代理店は勝手にキャンペーンを実施と主張?

UQモバイルキャッシュバック16000円は要注意と書くサイトは、「正規代理店は勝手にキャッシュバックを実施しているだけです」と謳っています。

正規代理店が独断でキャッシュバックに踏み切ったのか、UQコミュニケーションズ側が依頼したのかの証拠はどこにもありません。こうした機密事項は会社の内部の人間にしか知り得ないことなので外部に漏れる事は一切ありません。

UQモバイルキャッシュバック16000円は要注意と書くサイトは、UQコミュニケーションズやリンクライフの関係者ではなく一般人なので、機密事項を知るはずがないので、勝手な予想で代理店が独断でキャッシュバックを実施していると決めつけています。

どこに根拠があるのか、また証拠がどこにあるのかが不透明でありますので、鵜呑みにはできない情報です。

UQモバイルキャッシュバック16000円は要注意と書くサイトは初期費用有料を正当化?

UQモバイルキャッシュバック16000円は要注意と書くサイトは、「初期費用はキャリアや他の格安SIMでも3000円掛かる」から普通のことと正当化しています。

UQモバイル公式限定が初期費用掛かることを「公式の落とし穴」と書かれたことに対して、「鬼の首を取ったように大喜びするのはいかがなものでしょうか。」と評しています。

ここで重要なのは、初期費用が無料になる代理店を知らずに公式で契約して損しまう点です。公式限定キャッシュバックを紹介するサイトは、「3ヵ月後最速でキャッシュバックが貰える」などと早く貰える点を強く押して肝心の初期費用については触れていません。

初期費用が代理店なら無料になる点を知らずに公式で契約して3000円の出費をさせてしまっている点は、言葉悪いですが「落とし穴」に値すると言えます。

公式を契約した人の中には「代理店の初期費用無料を知っていれば代理店で契約したのに・・・」という方もいらっしゃることでしょう。

つまり、公式を案内するサイトが初期費用有料になる点をしっかり説明していないで契約を催促させている点において、初期費用有料とは知らずに契約させていることが落とし穴にかからせているに値する行為なのです。

UQモバイルキャッシュバック16000円は要注意と書くサイトは勤務先を嘘で偽れと指示?

UQモバイルキャッシュバック16000円は要注意と書くサイトは、申込みで入力が必要となる勤務先を無職や自営業で偽れと指示しています。

UQモバイル公式の申し込みでは、会社員やパートの場合は勤務先を書く必要がありますが、自営業や無職は勤務先がないので書く必要がありません。

無職や自営業で偽れば勤務先入力は免除されますが、審査には影響が出る事は間違いありません。信用の度合いで言えば会社員で勤務先を書いた方が怪しくはないことは確かです。

UQモバイルキャッシュバック16000円は要注意と書くサイトは無職と偽って審査が通ったとアピールしていますが、それは皆が審査に通るという保証はないです。

過去の支払い履歴で問題があった場合、職業は重要な決め手となります。そこが無職と書かれていると、支払える能力0とみなされて審査に落ちます。

職業を偽れと指示している時点で、ユーザーの未来を真摯に向き合っておらず、自分の紹介する公式サイトから申し込んでもらうことしか考えていないのが伺えます。