UQモバイルへ他社から乗り換えするならいつが良い?

UQモバイルへ他社から乗り換えするなら、月末が良いです。その理由としてUQモバイルはデータ容量の繰り越しを翌月末日までできるからです。

月末に申し込みをして月末に開通をすることで、使う日数が少ないのでデータ容量を多く残して翌月に繰り越すことができます。

例えば、「おしゃべりプランS」を契約した場合、月間3GBです。1月23日に契約し、SIMカードが1月25日に到着し、1月26日に開通した場合、1月26日~31日までの6日間しか利用期間がないのでデータ容量を残せる可能性が高いです。

仮に6日間で0.5GBを利用したとして残り2.5GBは翌月に繰り越しができます。そうすると2月から3GBに繰り越しデータ容量2.5GBを加えて5.5GBでスタートを切ることができます。

つまり、最初から余裕を持ったスタートができます。2月に繰り越した2.5GBは2月28日が期限です。データ容量の消費は繰り越したデータ容量から先に消失していきます。

2月に3GBを利用した場合は、2.5GBをまた3月に繰り越しできます。という風に余裕をもったスタートを切ることで毎月データ容量を繰り越しできるサイクルが出来上がります。

UQモバイルへ他社から乗り換えするなら具体的にいつが良い?

UQモバイルのデータ容量を残すには月末までに開通させることが必須条件です。

UQモバイルは申し込み後、即日配送の場合もあれば2~3日掛かる場合もあります。即日配送かどうかは、その時々の混み具合によって異なりますので、最低でも5日程度は余裕をもって申し込みすると良いです。

そうすると安全なラインは20日あたりです。20日に申し込みすれば遅くても月末までにSIMカードは到着して開通させることができます。

UQモバイルへ他社から乗り換えするのにいつでも良い場合は?

UQモバイルへ他社から乗り換えする場合、いつ契約しても良い場合は、「データ容量を繰り越す必要がない場合」です。

毎月、データ容量を上限値まで使わないで余らしてしまう方は、データ容量に余裕を持つ必要がないので繰り越す意味はありません。

UQモバイルはいつ開通させても日割り計算となるので、支払う料金は何日に契約しても差はありません。

UQモバイルへ他社から乗り換えするのに当日配送となる日にちは?

UQモバイルの契約は月末に契約が集中します。その為、審査処理が多くなる月末は1日や2日程度遅れが生じる場合があります。

当日配送を希望する場合は、閑散期である月の初めが良いです。申込みが空いている時期は審査処理も早くなるので当日配送が可能です。ただ当日配送は午前中申し込みが良いです。

夕方に申し込みをして当日配送はできませんので、時間帯は午前中までに済ませる必要があります。

最低利用期間の兼ね合いで月末のUQモバイルへの乗り換えはお得?

「ぴったりプランS/M/L」「おしゃべりプランS/M/L」2年間の契約期間があります。契約期間は課金開始日を含む月を1ヶ月目として、25ヵ月目の月末までを契約期間とします。

「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」は利用開始日から12ヶ月間の最低利用期間があります。

つまり課金開始日を月末にすることで、契約期間が月の初めに開通する人よりも最低利用期間を短くすることができます。

UQモバイルへ乗り換えが集中するのが月末の理由は繰り越し狙いだけではない?

携帯電話会社によって、解約月の料金請求はさまざまです。例えば、月の初めに解約しても月末に解約しても1ヵ月分の料金請求をする携帯電話会社で契約している方は、月末まで利用して乗り換えをします。

これは、どうせ1ヵ月分支払うなら月の初めに乗り換えしては勿体ないからです。