UQモバイルの「iPhone 6s」「iphone SE」はSIMロックかかっている?

UQモバイルの「iPhone 6s」「iphone SE」はSIMロックがかかっています。従いましてUQモバイル以外の格安SIMやキャリアで使う場合は、SIMロック解除しないと使うことができません。

UQモバイルで「iPhone 6s」「iphone SE」を購入し使い続けていれば、いつかは買い替え時期がくるでしょう。その時に、使ってきたiphone SEをオークションで出品したり、下取りに出したりする場面が出てきます。

その時に、「iPhone 6s」「iphone SE」がSIMロック解除されていないとUQモバイル限定でしか使えないので、下取り価格や落札価格が下がります。

価値をつけるにはSIMロック解除をしておいた方が、他の格安SIMやキャリアで使える分に高くなるのです。

また、UQモバイルから他の格安SIMやキャリアに乗り換える場合も、SIMロック解除しておけば「iPhone 6s」「iphone SE」をそのまま継続利用することができます。

SIMロック解除せずに乗り換えてしまうとUQモバイルでしか使えない端末となってしまいます。

よって、SIMロック解除の条件を満たしたのなら、SIMロック解除してSIMフリーにすることが望ましいです。

UQモバイルでSIMロック解除が必要なのは「iPhone 6s」「iphone SE」のみ?

現在、UQモバイルでSIMロックがかかっている機種は「iPhone 6s」「iphone SE」だけです。それ以外のAndroid端末は全てSIMフリーとなっており、SIMロックがかかっておりませんので、他社でも利用することができます。

「iPhone」だけはSIMロックが掛かっておりますので、UQモバイルでしか利用することができません。他社で利用したい場合は必ずSIMロック解除が必要になってきます。

ドコモやauなどでは、「iPhone」以外のAndroid端末にもSIMロックがかかっておりますが、UQモバイルが販売するAndroid端末は、「UQ版」ではなく「SIMフリー」なので、ネット通販で購入できる機種ばかりです。

その為、UQ独自の機種ではなく、どこの携帯会社でも使えるSIMフリーが主体となって販売されているので、android端末は全てSIMロック解除の必要がありません。

SIMロックとは

スマートフォンや携帯電話には「SIMカード」と呼ばれるICカードがセットされています。

このSIMカードには加入者を特定するためのID番号が記録されており、各携帯キャリアはこのSIMカードによって契約者を認識して通話や通信といったサービスを提供しています。

そして、日本の携帯キャリアが販売する端末には、その携帯キャリアのSIMカードしか利用できなくするためのロックがかかっています。これがSIMロックです。

たとえば同じiPhoneという端末であっても、NTTドコモで購入したiPhoneにソフトバンクのSIMカードを挿すとLTEや3Gでの通話/通信は基本的にできなくなってしまいます。

これは海外とは異なる日本独自の仕様です。SIMロックは携帯キャリアにとって、顧客と長い関係を保ちやすいというメリットがありますが、ユーザーにとっては選択肢が狭くなってしまうというデメリットが生じてしまいます。

SIMロック解除でどうなる?

海外で現地SIMを使って利用したい場合や、MNPなどで別のキャリアに移転する場合、SIMロックを解除しておけば、今までの端末をそのまま使って、新たに契約した海外SIMや移転先のキャリアのSIMを挿してサービスが利用できます。

移転先のキャリアの端末を購入する必要がなくなるため、SIMの代金と通信サービスの料金だけで契約できるので、端末代金購入を節約することができます。

現在、端末代金を割り引く代わりに通信料金から割賦代金の一部を値引きする月々サポートのような料金プランもあるが、端末を購入しない場合は、こうした割り引きはなくなるので、結局は端末を購入しない選択はそれはそれで毎月の割引適用がされないので損することになる。

SIMロック解除は義務化された?

SIMロック解除は2015年5月1日より義務化され、携帯キャリア間の乗り換えが簡単にできるようになりました。

総務省の「SIMロック解除に関するガイドライン」が改定され、事業者は2015年5月1日以降に発売されるモデルについて、SIMロックを解除できるようにしなければならなくなりました。

SIMロック解除の対象となるのは、2015年5月以降に発売された端末で、購入後、180日経ってから解除できるようになります。

ただ、携帯キャリア各社によって条件が異なり、例えば、ドコモやソフトバンクのように、解約後90日経ってしまうとSIMロック解除ができなくなるため、例えば、以前使っていた古い端末をSIMフリー端末として利用しようとしてもできません。

SIMロック解除に損は一切ない

SIMロックを解除したとしても、そのままUQモバイルの契約を継続して利用し続けることが可能です。UQモバイルのキャリアのメールも引き続き使えます。

つまり、SIMロックを解除してもデメリットは一切ありません。

寧ろ、SIMロック解除することで、SIMフリー化するので、UQモバイル以外に乗り換えても使えるようになり、売る時も下取りや落札価格も上がるので、端末そのものの価値は向上するのです。

SIMロック解除のお手続き

SIMロック解除は、パソコン・スマートフォンからmy UQ mobileで無料にてお手続きいただけます。

UQお客さまセンターでも受付いたします。UQ mobile取扱店では受付しておりませんのでご注意ください。SIMロック解除はUQお客様センターへ電話するだけなので簡単です。

電話の場合の手数料は、3,000円(税抜)で、翌月のご利用料金と合算して請求となります。

UQお客様センター

フリーコール 0120-929-818
音声ガイダンスが流れましたら〔2〕番→〔3〕番を押してください
(携帯・PHSからもご利用いただけます。)
受付時間 9:00 ~ 21:00(年中無休)

「電話」は手数料3000円、「my UQ mobile」は手数料無料という違いがあります。それなら、「my UQ mobile」でお手続きした方が断然に良いです。

UQモバイルSIMロック解除の条件

  • SIMロック解除を希望される製品を購入された、当社の販売履歴上の契約者本人であること。
  • UQモバイルの回線契約を解約済みのお客さまにおける、SIMロック解除のお手続き可能期間は、解約後90日以内となります。

  • 当該端末をご購入から101日目以降であること
  • ご購入日当日を「1日目」とします。購入日より100日以内の場合、解除のお手続きをすることができません。

    一括払いで製品をご購入いただいたお客さまは、2017年12月1日以降一括払いの支払確認後より手続きが可能となります。

    但し、一括払いされた場合であっても、UQ購入サポート等(ご購入製品の継続利用および適用条件の継続契約を条件として、製品のご購入代金の一部を当社が負担する施策)が適用されている製品については、製品購入日から100日以内の場合はSIMロック解除の手続きが行えません。

    対象回線におけるSIMロック解除実績があり、かつ前回のSIMロック解除受付日から101日目以降である場合は、2017年12月1日より製品購入日から100日以内の場合でもSIMロック解除の手続きが可能となります。

  • 代金債務(立替払などに係わる債務を含む)の履行がされていること
  • UQ mobile通信サービスおよび付帯する料金(製品代金を含む)に滞納がないこと。UQモバイルを契約すると毎月、端末代金と月額料金の支払いがありますが、それらの未納がなく継続的に支払いいただいていることが条件となります。

  • ネットワーク利用制限の対象でないこと
  • ネットワーク利用制限製品については、解除のお手続きをすることができません。

なおSIMロックのお申し込みは、該当端末をご購入されたUQモバイルのご契約者様に限ります。

※上記の条件を満たしている場合でも、故障がある場合は修理完了後のお手続きとなります。
※SIMロックの解除条件は変更となる場合がございます、ロック解除前にUQモバイルホームページなどでご確認ください。