UQモバイルはau回線を使える?

UQモバイルは、KDDIから回線の卸提供を受け、通信サービスを提供するMVNOのブランドです。

UQモバイルがデータ通信で対応するのは、auの4G LTEのネットワークです。2GHz帯に加えて800MHz帯にも対応することで、人口カバー率は99%以上となっています。音声通話についてはauの3Gネットワークを利用します。

通信速度は2GHz帯で下り最大150Mbps、800MHz帯で下り最大75Mbpsです。

UQモバイルはau回線利用4G LTE 800MHzプラチナバンドで人口カバー率99%

99%というと日本ほとんどをカバーしています。UQモバイルの通信できるエリアは、人が住んでいるところならほぼ間違いなく使えることになります。

「人口カバー率」は、携帯電話が使えるエリアの目安となる数字です。携帯キャリアが基地局を建てて携帯電話が利用できるようになった地域を、だいたいの目安として示したものとなります。

基本的に、キャリアは「人口」ベースでエリアを示しています。これは、「人が住んでいない」または「全く人が存在しない」場所をエリア化しても意味がないからで、そのため、「あるエリアにいる人がどれだけ携帯電話を利用できるか」という考え方でカバー率が算出されています。

つまり、「前人未踏の地」が圏外でもカバー率には影響がありません。

例えば「人口カバー率99%」という表現は、「国土の99%をカバー」しているのではなく、「日本国民の99%が利用できるエリアをカバー」という意味になります。

算出方法は、ベースとなるエリアの算出をメッシュ方式としました。これは、総務省が「広帯域移動無線アクセスシステム高度化のための特定基地局の開設計画の認定申請マニュアル」で定めており、国勢調査に基づいて500mメッシュの人口が使用されています。

この500mメッシュ内の50%以上の場所が圏内になったら、そのエリア内の人口すべてが圏内になった、と判断する。つまり、50%を境に圏内か圏外か、0か1かが分かれる算出方法となりました。

KDDIの算定方法の場合、メッシュ内の60%が圏内だと、カバーしている人口は60%にしかならないが、これが100%に跳ね上がります。逆に40%のエリアが圏内だと、従来は人口カバー率は40%だったが、これが0%になってしまいます。

日本国土を500m四方のメッシュで区切り、その中のサービスが使える範囲によって人口カバー率が変動(例:メッシュ内の6割でサービスが利用できれば、そのメッシュ内の人口カバー率60%)

UQモバイルの立場とはキャリアでも格安SIMでもない?

UQモバイルはキャリアでもなく、格安スマホでもない、その間となる第三極を狙っていきたいと社長は常々語っています。

それは価格と価値のバランスが取れた「プレミアムなコスパ・スマホ」で市場の第3極を目指すという形で、値下げとサービス拡充による攻勢するというものです。

現在の日本のスマートフォン市場は、月額料金も高いがその分サポートやその他の付加価値が充実した主要キャリア、一方で月額料金も安いがサポートも比較的最小限となっている、いわゆる格安SIMなどとも呼ばれるMVNOの二極化となっています。

UQモバイルではこの両者の中間を取った第三極目として考えてもらえることを目指し、それに沿ったサービスを提供していることが、ひとつ魅力であり特徴です。

キャリアと格安SIMのプランいずれにもよい特徴があり、そこに惹かれるお客様もいます。ただこれまではその間の部分が用意されておらず、特に「月々の料金は安くしたいけれど、サービスの品質やサポートもある程度はほしい」といったお客様が露頭に迷ってしまう状態にありました。

UQモバイルでは、こういったニーズを中心にサポートをしていきたいと考え常に新しいサービスを展開し続けています。

UQモバイルはauのサブブランドとしての立ち位置に頼らない?

UQモバイルはauのサブブランドとアピールしただけでは売れないという見方をしています。UQモバイル自体がきちんと強い存在にならないと売れていかないということです。

資本的関係はあるからといって、KDDIのもと、ちょろちょろとやっていてもUQのシェアは伸びないという自覚をUQはもっています。

UQモバイルを運営するUQコミュニケーションズがWiMAXを販売してきたときの経験で得た教訓では、自身で考えてお客さまが求めることをきちんとやれるかどうかというところに重きをおきました。

ギガ放題などを打ち出しつつ、店頭で営業するということがあったからシェア6割になりました。その経験をUQモバイルでも活かしています。

ソフトバンクとワイモバイルのような関係を、UQモバイルはKDDIとの間に築いていきたいかと言えばその感覚はないそうです。

あくまで違う会社だと思っており、WiMAXの顧客ベースにスマホを併せたところで、第4キャリアとして頑張りたい。志としては、auのセカンドブランドではないという気持ちがあります。

auからUQモバイルに顧客が流れることをKDDIはどう思っている?

モバイル市場を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。総務省からの提言もあり、ひと昔前に比べると、大手3キャリア間の流動はほとんどなくなりました。

一方で大手キャリアから格安SIMサービスへの顧客流出が、現在の大きな流れです。

KDDIの現状、「通信事業者の利益は、ID(ユーザー数)×ARPA(利用者ひとり当たりの月間売上)で決まる。数と売上が会社の成長に直結します。

いまMNOとしての成長は厳しくなりつつあります。そこでauとしては何をすべきか。まずIDが流出しないようにしなければなりません。やらなければいけないのは、auで良かった、と思ってもらえるようなプログラムを充実させることです。au STARなど長期利用者を優遇する施策も打ってきています。

そして、格安SIMサービスに顧客が流出することについては「流出先がUQモバイルならまだ良いとしています。これはauの回線を使うUQモバイルなら、再びauに戻ってくれる可能性があるからです。

ネットワーク回線の使用料という形でKDDIの収入にもなるとしています。つまり顧客流出の受け皿として、UQモバイルに期待をかけているのです。