UQモバイルとマイネオ比較

mineoとは、関西電力の子会社「ケイ・オプティコム」が展開するMVNO方式の携帯電話事業のブランドです。

mineoは2014年6月営業開始。日本で初めてKDDI(au)のLTE回線を使うMVNO格安SIM事業者として話題となりました。2015年9月1日からはNTTドコモの回線を使うSIMカードの提供を開始。これにより日本で初めての2つの事業者の回線を使うマルチキャリアMVNOとなりました。

au回線を使用するSIMを『Aプラン』、ドコモ回線を使用するものを『Dプラン』と呼称しています。

UQモバイルとマイネオ比較こちら

UQモバイルとOCNモバイルONE比較

OCNモバイルONEは、日割りプランなど独自の月額プランを出している老舗のMVNOですが、速度とサービスを強化し人気急上昇しています。

無料で使えるカウントフリーオプションやかけ放題ダブルなど、魅力的なサービスが充実しています。また、端末セット購入で端末が安くなるキャンペーンも多くあり、格安SIM移行時に新端末が欲しい人におすすめです。

UQモバイルとOCNモバイルONE比較こちら

UQモバイルとLINEモバイル比較

LINEモバイルは今まではLINEとの相性の良さだけがクローズアップされる程度の地味な印象でした。しかし、Sプランの開始や「1Mbps以上キープチャレンジキャンペーン」などでその存在感を増してきており今注目のSIMです。

LINEの運営するSIMだけあって、LINEを中心に利用するユーザーに最適です。

UQモバイルとLINEモバイル比較こちら

UQモバイルとYモバイル比較

優秀な回線品質と全国に専用ショップを持っていることが評価されています。格安SIMでは唯一となる、どの相手でも通話料が一定料金になる「おしゃべりスーパー誰とでも定額」があることが大きなメリットです。

一方で、全体的な料金はやや高めです。電気料金やインターネット回線などをソフトバンクで統一することで月々の利用料金が500円~1000円割り引くサービスを併用するとお得です。

UQモバイルとYモバイル比較こちら

UQモバイルとイオンモバイル比較

イオンモバイルは、全国のイオンでお手軽に契約できることから知名度の高いSIMです。11種類もプランが用意されており、ライトユーザーからヘビーユーザーまであらゆる人に適したプランを見つけることができます。

とくにライトユーザー向けの500MB音声プランは月額1130円と業界最安級です。万が一、容量がなくなっても1GB480円とお得な料金でチャージできるので、かなりリーズナブルで、速度も不満はない。

UQモバイルとイオンモバイル比較

UQモバイルとIIJmio比較

IIJmioの魅力は、「ファミリーシェアプラン」です。最大10枚までSIMを利用できるため、相当な大家族でもない限り、1契約で家族全員がスマホやタブレットを使えるようになります。

通話定額オプションも用意されており、家族(同一契約内のSIM)と通話する場合は1回30分以内の通話なら何度かけても月額380円。家族の通信費を節約したいならIIJmioは非常に優秀なサービスです。

UQモバイルとIIJmio比較

UQモバイルとBIGLOBEモバイル比較

月480円で動画&音楽サービスの通信費を定額にしてしまう「エンタメフリーオプション」が人気のSIMです。対応サービスもyoutubeをはじめ、スポティファイト、AbemaTVなど、人気サイトばかり10個対象となっており、実用度は抜群。データSIMでも、プラス980円で利用することが可能です。

通話オプションは、「10分かけ放題」「3分かけ放題」の2種類に加えて、最大90分通話可能な「通話パック90」60分可能な「通話パック60」と選択肢が多いことが魅力的です。

UQモバイルとBIGLOBEモバイル比較

UQモバイルとU-mobile比較

Uモバイルは、3GB1580円と格安SIMとしては標準的な価格設定です。しかし、Uモバイルが提供している動画サービス「U-NEXT」で使えるポイントが毎月600円付与されるため、「U-NEXT」を既に契約しているユーザーなら、実質980円の業界最安値級SIMに大変身する。

ただし、カウントフリーオプションが用意されていないのはマイナスです。

UQモバイルとU-mobile比較

UQモバイルとヤマダニューモバイル比較

ヤマダ電機が提供する格安SIMです。全国に店舗があるため契約しやすく、通信料がヤマダポイントとして1%還元されるのがウリです。貯まったポイントはヤマダ電機での買い物の使えるほか、SIMの月額料金決済にも利用可能です。

SIM自体の性能は平均的でこれといって目立った特徴がなく、検証時の通信速度が平均値は7Mbpsです。選択できるキャリアはドコモのみです。

価格面は、3GBが3.3GBになっているなど全てのプランで0.3GBお得になっています。

UQモバイルとヤマダニューモバイル比較

UQモバイルとNifMoニフティ比較

速度やサービスは可もなく不可もなく速度&サービスの評価はそこそこです。価格も3GB1600円と平均的で決め手に欠けます。また、格安SIMが不安という人向けに月額480円の「ニフモ訪問レクチャー」というオプションが用意されています。

スマホのプロが自宅まで訪問し、スマホの接客、各種アカウントの取得、設定操作方法などの説明を直接行います。

24ヵ月以内であれば、1回は無料です。2回目以降でも6500円という優待料金でレクチャーを受けられます。

そのほか、10分かけ放題プランのオプションもあり、通話回数が多い人でも安心です。

UQモバイルとNifMoニフティ比較

UQモバイルとLIMBO比較

店舗を静岡県に絞っているので速度が安定しており、どの時間帯でも4Mbps以上で通信が可能です。OCNモバイルONEと同じ上位3番号との無制限+10分かけ放題を組み合わせた「かけ放題ダブル」を利用できます。

また、TOKAIホールディングスの株主優待で毎月の月額料金を割引できるのが他社にはない特長の一つです。100株なら350円割引になっているため、3GBプランなら月々1250円で利用できることになります。

一方で取り扱い店舗は静岡県内に5か所あるだけのローカルサービスであるため、静岡県民以外はサポートを望めません。

UQモバイルとLIMBO比較

UQモバイルとQTモバイル比較

九州電力グループが提供する格安SIMで、ドコモ・au・SOFTBANKの3プランが選べます。どのキャリアの端末でも使えるのは嬉しいが、安定して速い速度が出るのはDプランのみです。

目立ったオプションもなく価格も平均的です。九州のネットサービスBBIQ利用者ならキャッシュバックがあるが、そのユーザー以外はあえてSIMを選ぶ魅力はありません。

UQモバイルとQTモバイル比較

UQモバイルとLinksMate(リンクスメイト)比較

対象45タイトルのゲーム通信量がカウントフリーになるゲーマー向けSIMです。「シャドウバーズ」や「グランブルーファンタジー」といったゲームは毎月ゲーム内アイテムがもらえるのがポイントです。

契約プランによっては、半年でより強大なアイテムが貰えます。メインのSIMというよりも、DSDSなどで使うゲーム専用のサブSIMとして考えるのが良いでしょう。

また、カウントフリーは、ゲームだけでなく、Twitterやインスタグラムなど、一部SNSにも対応しています。

UQモバイルとLinksMate(リンクスメイト)比較

UQモバイルと楽天モバイル比較

最新端末をたくさん取り扱っており、知名度も人気も高いSIMです。ユーザー数もウナギ登りですが、その弊害で速度は最下位です。

カウントフリーなどのオプションはありませんが、楽天スーパーポイントを貯めたり、ポイント決済できたりと魅力はあるので今後の速度アップに期待したいです。

販売面では実店舗が全国にあるため、設定などの自信がない人でも安心でプラスポイントです。

UQモバイルと楽天モバイル比較

UQモバイルとDTI SIM比較

就活生を応援する特殊なプランを開始し、他社との違いを出してきました。youtubeやTwitterなどの人気サービスに加えて就活サイト「マイナビ」をカウントフリーの対象にしたことはユニークです。

しかも、画面割れを格安で修理してくれるなど特典盛沢山です。ただし、速度はあまり強化されていないので混雑時は弱いです。マイナビを多く活用する人が「就活中だけ」という契約ならありかもしれません。

UQモバイルとDTI SIM比較

UQモバイルとエキサイトモバイル比較

格安SIMの料金は定額制プランがほとんどで、通信量が不足したらチャージするのが一般的です。しかし、エキサイトモバイルが推すのは従量課金制の「最適料金プラン」です。

従量課金制は毎月の通信量が大きく異なる人に最適です。通信料をムダに払いすぎたり高額なチャージが発生しないことがポイントです。また、最大でも10GBなので、使いすぎても超高額課金されることはありません。

ただし、エキサイトモバイルは料金がとくに安いわけではないのでメリットは薄いです。

UQモバイルとエキサイトモバイル比較

UQモバイルとDMMモバイル比較

1GB1260円と業界最安級の価格に加え、チャージも1GB480円(繰り越しなし)から可能でとにかく安いです。しかし、この価格の裏で速度が犠牲になっており平均速度はわずか2.6Mbpsです。

ほとんど価格の変わらないイオンモバイルに大きく水をあけられています。いくら業界最安級でも、このままではユーザー離れを起こしてしまいかねません。

カウントフリーオプションもあるが、この速度ではそれほどメリットはないです。

UQモバイルとDMMモバイル比較

UQモバイルとnuroモバイル比較

目立つサービスもなく速度も遅いです。パケットを前借りする「データ前借り」サービスは面白いが、総じて残念なSIMです。唯一「Xperia XZ premium」を選べる格安SIMということでソニーファンからは注目されていますが、それ以外の端末を利用するならnuroモバイルを選ぶ理由は見当たりません。

UQモバイルとnuroモバイル比較