UQモバイルキャッシュバック条件は?

UQモバイルのキャッシュバック条件は、公式も代理店も「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」のS・M・Lを端末セットもしくはSIMのみで契約すればキャッシュバックされます。

現在、UQモバイルで一番お得なプランは「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」です。

その理由として、端末の割引特典やデータ増量オプション2年間無料や無料通話がついているからです。逆にデータ高速プランは端末割引なし、データ容量は増えない、無料通話なしでメリットがありません。

人気かつコスパが良いプランを契約するだけでキャッシュバックとなるので、条件としては緩いと言えます。

UQモバイルキャッシュバック条件は店舗の場合は厳しい?

UQモバイルキャッシュバックは、店舗の場合ですとWiMAXセットだったり、プランはSが対象外でMとLだけだったり、SIMのみは対象外だったり、指定の端末のみだったり、家族2名以上契約だったり、条件が厳しい店舗が多いです。

キャッシュバック条件の緩さは無駄な人件費や店舗維持コストがかからないオンラインショップの方は緩いです。

どうしても店舗は人件費と店舗維持費でコストがかかり還元ができません。その為ネット契約よりキャッシュバック条件が厳しくなります。

UQモバイルキャッシュバック条件は受け取りにもある?

UQモバイルキャッシュバック専用ページから申し込めばキャッシュバックが貰えるシステムではありません。契約から公式は4ヵ月、代理店は7ヵ月と期間を空けて届く口座登録メールから銀行口座を登録する必要があります。

そういう意味ではキャッシュバック受取の条件は厳しいと言えます。UQモバイルもサービス開始直後はキャッシュバック契約者全員の自宅に商品券郵送という形式でしたが現在では、口座登録を忘れた人はキャッシュバックが貰えなくなりました。

UQモバイルキャッシュバックを貰う前にプラン変更も条件違反?

UQモバイルのキャッシュバックを貰うまではプラン変更は禁止です。もしプラン変更をしたらキャッシュバックは貰えません。キャッシュバック入金前に、ご利用状況は確認されるのでプラン変更はしないようにしましょう。

なぜプラン変更を禁止しているかというと、プランごとにキャッシュバック額が違うからです。Lプランが一番高いキャッシュバックを貰えるのは一番高い月額料金だからです。

プランLから1ヵ月目にSプランに変更して、Lプランのキャッシュバックを貰う人がいれば、Lプランを継続して利用してきた人と比べたときに不公正となります。

その為、プランLの13000円キャッシュバックを貰いたいなら、継続してLプランを利用してキャッシュバック受け取り後にSプランに変更しましょう。

ちなみに、プラン変更後も継続期間は引き継ぎされるので、リセットされません。

UQモバイルキャッシュバックは貰うまで解約も禁止条件がある?

UQモバイルキャッシュバックを受け取るまでに解約や乗り換えした場合はキャッシュバックは貰えません。そもそもキャッシュバックの元資金はお客様の支払いする料金から生まれます。

利用期間が短いと十分な料金を支払っていないのでキャッシュバックを渡しようがありません。

キャッシュバック受け取り後の解約や乗り換えは自由ですが、2年以内の解約は違約金9500円かかります。仮に10000円キャッシュバックを貰っても税込みで10260円の解約金が出ていったらキャッシュバックを貰う意味はありません。

ある意味ではキャッシュバックと相殺して無料で解約できるととらえることもできます。

UQモバイルキャッシュバック条件にメールアドレスの無効がある?

UQモバイルのキャッシュバックは、お申込み時にご登録いただいたEメールアドレスが無効などの理由により、キャッシュバックに関するご連絡をお送りできない場合があります。

例えば、お申込み時に入力したメールアドレスが間違えていた。或いはメールアドレスを変更してしまった場合などは、メールの送りようがありませんのでキャッシュバック資格が失われます。

重要なのはお申し込み時にメールを間違えないで入力するこです。仮にメールアドレスを間違えていたとしても、住所や名前や支払い情報が正しければ契約は成立します。

配送メールが届かないだけで端末やSIMカードは届いて開通できるのです。

UQモバイル公式も代理店も、いちいちメールが届いているかまでは確認しておりません。

UQモバイルキャッシュバック条件に口座情報入力ミスによる無効がある?

UQモバイルキャッシュバックを入金させる銀行口座番号の入力をミスした場合、キャッシュバックは貰えません。1桁でも間違えてしまうと無効になります。

銀行口座情報を間違えて送信しても公式や代理店は、いちいち間違いを指摘してくれません、間違えたのは自己責任としてキャッシュバックを無効にされてしまいます。

UQモバイルキャッシュバック条件に対象外の格安SIMやキャリアはある?

UQモバイルは2017年前半はau及びau系格安SIMからの乗り換えをキャッシュバック対象外としていました。現在は、au及びau系格安SIMからの乗り換えをキャッシュバック対象にしています。

ドコモやソフトバンクや全ての格安SIMと新規契約もキャッシュバック対象です。逆に対象外となる携帯会社はありません。

UQモバイルキャッシュバック条件に銀行口座登録期限がある?

UQモバイルキャッシュバック口座登録案内メールの期限は公式が1ヵ月間、代理店が20日間です。この期限を過ぎると無効になります。

キャッシュバックのメールが来るまでの期間利用継続しておきながら、肝心の口座登録を忘れてしまいキャッシュバックを貰い損ねてしまいます。

期限を過ぎてしまった場合、対応を公式や代理店に懇願しても応じてもらえませんので、きちんと期限内に口座登録することは大事です。

期限を過ぎたのにキャッシュバック入金に応じるほど甘くない理由として、そもそも口座登録期限が存在するからです。仮にキャッシュバックを入金する意思があるなら期限などは設けないでしょう。

キャッシュバックの貰える貰えないは完全に自己責任化しており、公式も代理店も「期限までに登録しなかったお客様の過失によりキャッシュバックは入金対応できません」と主張できるのです。

UQモバイルキャッシュバック条件の口座登録を忘れる人の理由

UQモバイルキャッシュバック条件の口座登録を忘れる人の理由1:迷惑メールで見落とした

キャッシュバック口座登録案内メールが迷惑メールに入ってしまい見落として口座登録できなかったケースは多いです。

この場合、メールが来る時期にアラーム設定して対処するしかありません。契約から4ヵ月や7ヵ月など期間が空くのでどうしても忘れてしまいます。

忘れるのは仕方ないので、アラームで強制的に思い出させるしか手立てはありません。とにかく口座登録期限を過ぎさせないようにする対策が重要なのです。

UQモバイルキャッシュバック条件の口座登録を忘れる人の理由2:口座登録を後回しにしていて忘れた

UQモバイルキャッシュバック口座登録案内メールの存在に気付いていても、その時は外出中で、そのまま忘れて期限が過ぎてしまったというケースもあります。

メールが届く時期が自宅内にいるとは限りません。この場合は、口座情報をメモして持ち歩くか、後で登録する場合はアラーム設定して忘れないようにしましょう。