UQモバイルキャッシュバックと検索すると「嘘」の文字が?

UQモバイルキャッシュバックで検索すると「UQモバイル キャッシュバック 嘘」というワードが出てきます。

「UQモバイル」「キャッシュバック」「嘘」3語ワードの組み合わせをサジェストワードと言います。

サジェストとは、「予測変換」のことです。 検索エンジンやネットショップなどの検索欄に キーワードを入力したとき、そのキーワードと関連性の高い キーワードが自動的に表示されることがあります。この機能を「サジェスト機能」といい、自動的に表示される キーワードを「サジェスト キーワード」といいます。

サジェスト機能は Googleだけでなく、Yahoo!JAPANやBingなどの 検索エンジン、Amazonや楽天市場などのネットショップ、YouTubeなどの動画サイトでも導入されています。

UQモバイルのサジェスト キーワードの選定基準

Googleによると、サジェスト キーワードの選定基準は大きく以下の3つが挙げられます。

1.検索ボリューム

検索ボリュームとは、そのキーワードが ユーザーに検索された回数のことです。多くのユーザーに何度も検索されているほど、情報ニーズの高い キーワードであると判断します。

「UQモバイルキャッシュバック嘘」が出てくるということは、実際にそのワードで検索する人が多いことを意味します。

2. ユーザーの居住地・使用言語

検索する ユーザーの居住地や使用言語によってもサジェスト キーワードは変わります。

日本の東京で「UQモバイル 店舗」と検索してみます。すると、サジェストには日本語で「UQモバイル 店舗 渋谷」「UQモバイル 店舗 新宿」などのキーワードが表示されます。このとき、キーワードが英語であったり、「UQモバイル 北海道」と表示されたりする可能性は低いといえます。

3. ユーザーが直前に検索した キーワード

検索するユーザーが直前まで検索していた キーワードも、ユーザーが求めている情報である可能性が高いとしてサジェストに表示されやすくなります。これは、 Google検索の特徴のひとつである「パーソナライズド検索」にもつながります。

UQモバイルキャッシュバック嘘となぜ疑われる?

UQモバイルキャッシュバックが嘘と疑われる一番の要因は、格安料金でありながら10000円以上の高額キャッシュバックをしているからです。

UQモバイルのプランSであれば1年目が月額1980円で2年目が月額2980円です。最低利用期間の2年間で支払う金額は1年目が23760円、2年目が35760円です。合計で59520円支払います。

6万円にも満たない金額で2年間維持できるのに、10000円もキャッシュバックされるのは不思議で仕方ないと感じている方は中にはいらっしゃいます。

要は10000円を貰うほどUQモバイルに支払っていない感覚があるということですね。

UQモバイルキャッシュバックはなぜ高額か?

UQモバイルの社長は自社を相撲で言えば前頭でライバルのワイモバイルが横綱であると言いました。それだけUQモバイルはワイモバイルに比べたらまだまだユーザー数は少ないのです。

ワイモバイルに追いつけ追い越せを目標に運営している中で、お客様獲得をする大きな起爆剤となるのが高額キャッシュバックです。

同じようなサービスのUQモバイルとワイモバイルを天秤にかけた時にUQモバイルを契約していただけるようにする為には、キャッシュバックという切り口は必要不可欠です。

そういった背景もあり高額キャッシュバックでお客様の興味関心を惹かせているのです。このUQモバイルの戦略は見事に当たりました。今ではキャッシュバックに吸い寄せられて乗り換えるユーザーも少なくありません。

もし、キャッシュバックがなかったら、BIGLOBEモバイルやワイモバイルやLINEモバイルにお客様がいってしまうことでしょう。

UQモバイルキャッシュバックが嘘になることはある?

UQモバイルキャッシュバックの現在の受け取り方式は公式の場合ですと4ヵ月後に口座登録案内メールを送信し、そこから銀行口座を登録したらキャッシュバックが入金されるというものです。

手続きを忘れてしまうと当然にキャッシュバックは貰えません。ということは、全員が必ず貰える保証はないということになります。

また、口座案内メールが迷惑メールに入って気づかなかったケースも多発しており、そういった理由でメールを見落とし結局はキャッシュバックを貰うことができなかった人たちが実際にいます。

まさか迷惑メールに入るとは思わなかったと、嵌められた気持ちにさせられる人にとっては「キャッシュバックは嘘」という気持ちになることでしょう。

このように、キャッシュバックは100%郵送方式ではなくなりましたので、貰い損ねる人が出てきますので、嘘と言われても仕方ない側面はあります。

UQモバイルキャッシュバック代理店は嘘?

UQモバイルキャッシュバックを実施しているのは本家UQコミュニケーションズだけではありません。リンクライフ社やBIGLOBEなども代理店としてキャッシュバックをしています。

これらの代理店の中で知名度が低いリンクライフは公式に比べて怪しいと感じる方も多いことでしょう。

リンクライフに不安を感じている人のイメージ

  • 口座案内メールを送信しないのではないか
  • 口座を登録してもキャッシュバックを入金しないのではないか
  • 口座案内メールが来ないときに電話しても繋がらないのではないか
  • キャッシュバックの振込額が実際貰える額より少ないのではないか
  • キャッシュバックのトラブルがあった際にサポートが不安

これらは全てイメージに過ぎず実際はまっとうにキャッシュバックを100%入金しています。口座案内メールも100%送信していますので、メールが来ないことはあり得ません。

リンクライフ社自体はキャッシュバックで詐欺しようとは考えていないです。そもそもUQコミュニケーションズに仕事を頂く立場です。もし、キャッシュバックプレゼントを謳っておきながら入金をしなかったら、代理店取り消しとなって営業停止となるでしょう。

実際、2017年7月からUQモバイルの代理店事業がスタートして実に1年半も過ぎましたが、継続的に営業をしていますので、きちんとキャッシュバックは入金している証拠であります。

仮にキャッシュバック詐欺をしていたら、UQコミュニケーションズが黙っていません。自社のマイナスになり得ることには適切に対処しいないと、UQモバイル存続の危機となってしまいます。

そもそもリンクライフ社はBroadWiMAXを販売していますが、キャッシュバックをつけない代わりとして月額割引をしています。確実に特典を受け取れる仕組みにしています。

もし、キャッシュバックの貰い損ねを狙うならキャッシュバックは1年後に受取に設定するでしょう。むしろ、GMOやBIGLOBEの方が1年後受け取りにしており、貰い損ねを狙っていると言われても仕方ないくらいに期間が空いています。

UQモバイルキャッシュバック代理店リンクライフは契約獲得数を重視している?

UQモバイル正規代理店リンクライフから申し込みが多ければ多いほどに会社は利益を上げることができます。その理由は、契約獲得数に応じてUQコミュニケーションズから報奨金を受け取ることができるからです。

代理店として経営する以上は当然に、契約数に応じて報奨金を貰わないとリンクライフ社の経営は成り立ちません。

その為、キャッシュバック詐欺をして信頼を失い申し込みしてくるユーザーを減らすよりも、きちんとキャッシュバックを入金して、評判を良くして申し込みしてくれる人が増える方がリンクライフ社としては都合が良いのです。

キャッシュバックの支払いを惜しんで入金しなければ、必ずやTwitterに「リンクライフ社はキャッシュバックを振り込まない詐欺だ」と書かれてイメージダウンし、だれも申し込んで貰えなくなることを分かっているので、そういった不正をすることもなければ不正をするメリットもないでしょう。

それ以前にUQコミュニケーションズから仕事を受注している立場にありますので下手な真似はできないのです。

UQモバイルキャッシュバック代理店リンクライフは欠如している部分がある?

正規代理店のキャッシュバックの貰い方は非常に分かりにくいです。「開通月を含めない7ヵ月後末日に口座に入金」とあります。たったこれだけしか情報がホームページに記載されておらず分かりにくいです。

これについては貰い損ねを狙って分かりにくくしているのではなく、ホームページを作るクリエイティブ部門の責任が大きいと言えます。もっと分かりやすく貰うまでの工程をどうホームページで案内していくかの部分を真剣に突き詰めていないところがありますので、分かりにくくなっています。

けっして、リンクライフ社は悪意をもって分かりにくい説明にしているわけではありませんので、ご理解をお願いいたします。