UQモバイルの電波状況は?

UQモバイルは、auの設備を借りてサービスを提供しています。基本的には繋がるエリアはauと同じになりますので、auで繋がるエリアはUQモバイルでも繋がります。

本家のauでは、VoLTE対応とともに、LTEのみに対応した端末もリリースしていますが、それができるのはLTEのエリアが広いからこそです。実際に、auを使っていると、「3G」の表示を目にすることはほとんどありません。

UQモバイルは格安SIMの位置づけで月額料金も安いですが、繋がるエリアに関しては大手キャリアと同等レベルです。

auのエリアは「人口カバー率が99%超」でほぼ全国の市町村で繋がるとされております。つまり日本の人口の99%以上が利用できるということなので、都市部であろうと郊外であろうとほとんど問題なく通信や通話ができます。ある一定の人口が住んでいたり人々が行き交う場所ならスマホ端末が4G LTE回線に繋がります。

地下街や地下鉄駅間でも通信が行えるよう整備されているので、UQモバイルはきちんと繋がり安心して使うことができます。

通信回線の品質はauと同等。広いauの4G LTEエリア

UQ mobileで利用できるauの4G LTEのエリアは、auと同等です。auのLTEネットワークは800MHz帯のいわゆるプラチナバンドの電波も使っており、屋内基地局の入っていないビルの中や地下でも、つながりやすい傾向があります。

LG G3 BeatとKC-01はいずれもデータ通信はLTE(au 4G LTE)のみで、3G(CDMA)ではデータ通信ができない。エリア面で不安になりそうだが、人口カバー率で4G LTEは3Gと同等。少なくとも都市部では4G LTEの圏外になることは滅多にない。また、最近ではauのスマートフォンのラインナップにも、3Gをサポートせず、4G LTEのみをサポートする端末(VoLTE対応端末)が登場している。4G LTEエリアの圏外がまったくないわけではないが、4G LTEのエリアが拡大している現在では、4G LTEが圏外だと、auの3Gも圏外であるというケースが多いようだ。

UQ mobileは4G LTEで高速・快適に繋がりやすい!

UQモバイルのエリアはauの4G LTE プラチナバンド(800MHz)に対応するエリアとなっております。プラチナバンド800MHz帯の4G LTEの実人口カバー率は99%に達しています。

これは、住宅街、鉄道、商業施設、ショッピングセンター、大学など、生活導線はもとより、旅行や出張などでご利用される機会の多い新幹線、高速道路、観光地でも快適に高速データ通信がお使いいただけるようになっております。

ただ通信が早い代わりに電波が障害物に弱いので建物の中には電波が入りにくいです。

UQモバイルは、プラチナバンド 800MHzの4G LTEをベースとした高品質なネットワークにより、いつでもどこでも快適にスマートフォンをご利用いただけるになっております。

「LTE」とは何か?

「LTE」とは、Long Term Evolutionの略で、現在の第3世代携帯電話(3G)を進化させた通信規格です。

訳としては「長期間の発展(を目指した通信技術)」です。もともとNTTドコモがSuper 3Gという名称で提唱した規格ですが、その後世界各国に普及していく過程でLTEという言葉に置き換えられ現在に至ります。

従来の通信規格よりも圧倒的に速度が速く、たくさんのデータを一度に送受信できるのが特徴です。スマホが急速に普及している現代社会に適した通信規格と言えます。

3Gからスピードはどう変わった?

スピードですが、LTEは下り75Mbps~100Mbps程度をうたうサービスが多く、LTE対応スマホを利用すれば、3Gよりも高速な通信が期待できます。動画を視聴したり、アプリをダウンロードするといったシーンにぴったりです。

そもそも「G」ってどういう意味?

3Gや4Gで使われている「G」という言葉の意味は、英語の「Generation(世代)」の頭文字です。たとえば、3Gというのは「第3世代」の通信規格であることを意味しています。

かつては1G(第1世代)、2G(第2世代)のモバイル通信規格もありました。1Gはアナログ方式の通信規格、2Gはデジタル方式になってメールやネットの利用に対応した規格。2000年代に入ってからは、より高速化された3Gが主流になりました。

3Gに該当するサービス例として、NTTドコモの「FOMA」(2001年10月サービス開始)があります。

そして今主流となっているのは次世代の高速通信規格である4Gです。「数字+G」という言葉を見かけたら、数が大きいほどスピードが速いとイメージと認識して良いでしょう。

「LTE」ってどのくらい速い?

LTEは、データ受信速度が最大150Mbpsの高速通信を実現しています。ただし、LTEの通信速度は、同じ通信会社のLTEでもエリアや対応機種によって最大受信速度が37.5Mbps / 75Mbps / 100Mbps / 150Mbps などと異なります。

LTEは3Gの約15倍速いのです。

LTE – プラチナバンドとは

LTEにおけるプラチナバンドとは、移動体通信用に割り当てられた周波数帯のうち700MHz~900MHz帯を指しています。

なぜ700MHz~900MHz帯の周波数帯をプラチナバンドと言うかというと、携帯電話向けの電波のなかでも700~900MHz帯の周波数帯は、他の周波数帯より電波が建物を回り込みやすく電波が届きやすいからです。

従って、iPhone5s 以降のLTEデータ通信や、それを利用したテザリング通信はかなり快適になっています。

「LTE」 と 「プラチナバンド」 の関係

プラチナバンドは、つながりやすさに関係しています。通信規格のLTEに対し、プラチナバンドは電波の周波数帯域 (700MHz-900MHz帯)のことです。

この帯域は電波が遠くまで届きやすく、大きな建物もまわりこむので都心のビル街や室内でもつながりやすいという特性があります。

プラチナバンドのLTEは、「つながりやすい」「速い」の両方のいい部分を生かすことができるのです。

4G LTE 800MHzプラチナバンドの快適通信の理由

ポイント1

プラチナバンドは、電波が“回り込む”&“すり抜ける”からオフィス外や室内でもつながりやすい!

ポイント2

プラチナバンドは山間部でより遠くまで電波が届いてつながりやすい!

4G LTE(800MHz)でご利用頂けるスポット

地下鉄駅・地下駅間

全国の地下鉄駅でプラチナバンドの4G LTEをお使いいただけます。地下駅間もますます拡大中です。

新幹線

日本全国新幹線駅(105駅)はもちろん、東北新幹線・東海道新幹線・山陽新幹線・九州新幹線のいわて沼宮内~東京~新大阪~博多~新鳥栖間ではトンネル内含む全区間で安心して4G LTEをご利用いただけます。

空港

定期便が就航する離島も含めたすべての空港(全国84空港)で4G LTEをご利用いただけます。どこの空港においても繋がるので、安心して旅や出張することができます。

世界文化遺産・自然遺産

2015年に新たに世界文化遺産登録をされた「明治日本の産業革命遺産」はもちろん、日本最高峰の富士山の登山道や山頂など、全国の世界文化遺産・自然遺産でも4G LTEをご利用いただけます。

四国霊場八十八カ所

四国霊場八十八カ所すべての霊場で4G LTEをご利用いただけます。

霊場について調べたり、霊場周辺スポットの検索など、快適なau 4G LTEで霊場巡りをお楽しみください。

温泉

「第27回にっぽんの温泉100選(主催:観光経済新聞社)」で選ばれた名湯100温泉のうち、誰もがご存じの有名温泉から秘湯と呼ばれる温泉まで、99温泉を4G LTEエリア化しており、今後も順次4G LTEエリアを拡大していきます。

キャンプ場・バーベキュー場

北海道から沖縄まで全国各地832箇所のキャンプ場・バーベキュー場で4G LTEを快適にご利用いただけます。

お城

公益財団法人日本城郭協会の選定する「日本100名城」のすべてのお城で4G LTEをご利用いただけます。

サービスエリア・パーキングエリア・ハイウェイオアシス

日本全国945箇所すべてのサービスエリアやパーキングで4G LTEによる快適なデータ通信が可能です。

大学

快適なキャンパスライフをお過ごしいただくため、日本全国772大学(1186キャンパス)を4G LTE化しています。

アウトレットモール・ショッピングセンター

日本全国の39のアウトレットモール・670の主要ショッピングセンター内*でも4G LTEがご利用いただけます。

地下街

全国各地の地下街で4G LTEをご利用いただけます。

イベント

人が多く集まるフェスや花火大会、お祭りでも携帯電話サービスを快適にご利用頂くため、周辺基地局の増強や、車載型基地局などを使った電波対策強化を行っています。

お祭りなどの人混みの中でも繋がりにくいなどの心配はありません。

UQモバイル繋がる地域の調べ方

UQ mobileのサービスエリアへアクセスします。

UQ mobileのサービスエリアへアクセス

調べたい都道府県を選択します。

ピンク色に染まっている箇所が繋がる地域です。ピンク色に染まっていない地域は電波未確認です。

ピンク色に染まっていない地域は山間部など人が住んでいない様な地域です。この様な場所に行くことは滅多にありませんので、心配ないでしょう。

UQ WiMAX圏外表示になる?直らない原因は?

圏外表示になった時の対処法

エリアを確認する

UQ WiMAXが圏外表示になった場合は、その場所がUQ WiMAXの対応エリアに入っているか確認する必要があります。WiMAXの対象エリアは全国に拡大しているものの、全ての地域をカバーしているわけではありません。

UQコミュニケーションズが提供しているWiMAXの公式サイトで、エリア内であるかを「サービスエリアマップ」で確認してみましょう。

UQ WiMAXは、都市部などは広いエリアで電波が届くようになっていますが、郊外や山岳部に行くと電波が届かないエリアが増えていきます。

サービスエリア確認へアクセス

都道府県を選択

ピンク色に染められた部分が電波が届くエリアです。山間部などはピンクに染まってないので電波が届きません。

再起動する

UQ WiMAXのエリア内で繋がっていたのに突然に繋がらなくなり圏外表示された場合は、ルーターやパソコンなどUQ WiMAXで使っている機器を再起動してみます。

再起動でリフレッシュすると、圏外表示が解消される場合があります。これは、パソコンが動かなくなったり、回線
が切れたりした際に再起動で通信状態が回復するのと同じです。

再起動の方法は、端末の電源ボタンを長押しすると「電源を切る」「再起動」という選択肢が出ますので「再起動」を選ぶだけです。

WiMAXの端末を再起動しても直らない場合は、パソコンかスマホを再起動すると直ることがあります。

置く場所を変える

WiMAX(ワイマックス)の電波は高周波数帯域を利用しています。そのため通信速度が早くなっているのですが、障害物に反射してしまうのです。

障害物に反射してしまうため、室内ではWiMAXの電波は受信しづらくなっています。室内でWiMAXを利用する場合は電波をさえぎるものが少ない場所は窓際に設置すると電波を拾いやすくなります。

窓際の板に端末を置いてみると良いでしょう。窓際なら壁がありませんから、WiMAX端末がWiMAXの電波をキャッチしやすくなります。

WiMAXは、サービス対応エリア内であっても建物の構造、周辺ビル等の環境により電波状況は変化します。そのため、WiMAX端末を少し動かすだけでも、アンテナの表示本数が変化したりするものです。

ルーターのディスプレイにアンテナ本数が表示されていますが、アンテナ本数が少ないのは明らかに電波受信状況が悪い状態です。鉄筋コンクリートの建物の中、高層階、地下などは電波が入りづらいので注意しましょう。

そのような時は、ルーターの場所を移動してアンテナが立つかどうか確認します。手にルーターを持ち、ゆっくり部屋の中を歩いてアンテナが安定して数本立つ場所を探してみると良いです。

障害情報を確認する

UQ WiMAXは、基地局のメンテナンスや工事があります。

UQ WiMAXの基地局は都心部だと複数ありますので、1ヵ所の基地局がメンテナンスや工事をしても、他の基地局の電波が届くのでネットが使えますが、郊外に行くと基地局が少なくなりますので、1つの基地局がメンテナンスや工事をするとWiMAXが圏外になります。

UQ WiMAXは、毎日のように全国各地で障害が発生しているので、圏外表示が障害が発生した時間と重なる場合もあるので確認するようにしましょう。

障害発生情報はこちら

工事状況を確認する

UQでは、お客様によりよいサービスを提供できるよう、通信設備のメンテナンスのための工事を実施しています。そのため、工事に伴い、サービスが中断する場合があります。

天候や諸事情により予告なく工事の日時・対象地域が変更となる場合があります。

工事状況を確認する

もし、WiMAXが設備工事を行っている場合、工事の期間中はWiMAXを利用することは出来ません。

端末を修理する

何をやっても圏外が解消されない場合は、WiMAXの端末が故障している可能性があります。

端末は、精密機械ですので、何もしていなくても壊れる場合があります。端末が故障してしまっている場合は修理をしないことには圏外が治りませんので、修理依頼をしましょう。

端末が壊れているか確認するには、現在使っている場所以外で使ってみて電波を拾えるかどうか確認する必要があります。色々な所を歩きまわり他の電波塔でも圏外の状態が続く場合は端末が壊れている可能性があります。