LINEモバイルの解約金

音声通話SIMをご利用の場合、利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含む)に、サービスの解約またはMNP転出をする場合は9,800円(税抜)の解約手数料が発生します。

例えば2017/1/1が利用開始日だった場合、2018/1/31までに解約⋅MNP転出をすると解約手数料がかかります。2018/2/1以降ですと解約手数料はかかりません。

データSIMとデータSIM(SMS付き)をご利用の場合は、解約手数料は発生しません。LINEフリープランのデータSIMは月額500円を初月の無料期間で解約した場合は解約金はありませんが、月額料金500円は請求されます。

LINEモバイルは初月最大31日間が無料で利用できるわけですが、この初月に解約した場合はプランの基本月額料金を支払うことになります。これは日割りではなく月額基本料金と1カ月単位での請求となります。

LINEモバイルの解約する時期が損な場合は?

LINEモバイルの音声通話SIMの最低料金はLINEフリープランの月額1,200円です。

解約金は9800円なので、9800円÷1200円=8か月

解約金9800円は利用8か月分に相当するお金です。ということは、13ヵ月から8か月を差し引いた5ヶ月目からが目安となります。5ヶ月目で解約する場合、9800円の解約金を支払うか、残り8か月で9800円の月額料金を支払うかという話になってきます。

解約するとLINEモバイルは使えません。使えないのに9800円の違約金が発生します。5か月目の場合は、どうせ9800円は支払うのだから残り8か月を利用した方が9800円を有意義に使うことができます。

損が大きくなるのは最低利用期間の1年に近い10ヶ月目や11ヶ月目です。あと2~3ヶ月使えば解約金が無料となるので、待った方がお得です。

LINEモバイルの最低利用期間

LINEモバイルの音声通話SIMの最低利用期間は1年間です。しかし、どのプランも初月無料のキャンペーンを実施しており、この1カ月間は利用期間に含まれません。

その為、最初の1ヵ月と最低利用期間の1年間の合計13ヵ月は利用しなければなりません。

ですから、13ヶ月目の末日まで利用しないと無料で解約することはできません。

LINEモバイルに2年縛りや自動更新はある?

キャリアでは、最低利用期間が2年間となっており更新月が1ヵ月です。つまり2年経過して更新月の1ヵ月間に解約しないと解約金が無料になりません。

更新月1ヵ月を過ぎるとまた2年間縛られることになります。

LINEモバイルにこのような2年縛りや自動更新制度はありません。最低利用期間は最長で13ヵ月目の末日までとなっております。

LINEモバイルは最低利用期間を過ぎたらいつ解約しても良い?

LINEモバイルは今のところは自動更新はありませんので1年間を使えば、あとはいつ解約しても無料です。

2年縛り自動更新の場合は、2年に1回1カ月間だけしか無料で解約できるタイミングがなく自由度が低くなっておりますが、LINEモバイルは1年ポッキリであとはいつでも解約が無料でできます。

LINEモバイルは月の途中で解約する場合、利用料金は日割りになる?

LINEモバイルは月の途中で解約する場合、利用料金は日割りになりません。月の途中で解約手続きを行っても、解約日は末日付けとなります。

その為、月末に解約することで利用料金分を存分に使う事ができます。月の初めに解約しても末日までの料金分を支払うことになるので損することになります。

LINEモバイルはプラン変更で解約金が発生する場合がある

音声通話SIMからデータSIMへとプラン変更した時が最低利用期間内だった場合は解約金9800円が掛かります。

※LINEモバイルでプラン変更が許可されているのは同じサービスタイプだけです。

LINEモバイルはMNP転出が成功した場合のみ解約となります。

LINEモバイルはMNP転出が成功した場合のみ解約となります。MNP予約番号を発行した段階では解約には至りません。

また、月の途中でMNP転出が成功しても料金は日割り計算されず、1ヵ月の月額料金分を満額支払うことになります。

LINEモバイルの解約方法

パソコンまたはLINEモバイル公式アカウントよりマイページにログインし、「解約⋅MNP転出」より解約手続きを行うことが可能です。

LINEモバイル解約手順

  • マイページにログインします。
  • 「解約・MNP転出」を選択します。
  • 注意事項を確認して「申し込む」ボタンを押します。
  • 再度、注意事項を確認して「申し込む」ボタンを押します。

解約のお申し込みは、当月末日まで受付可能です。月末日にお申し込みの場合は、解約日が翌月末になる場合がありますのでご注意ください。

また、月の途中で解約手続きを行っても、解約日は末日付けとなります。

他の携帯会社では電話でしか解約を受け付けしていない場合がありますが、LINEモバイルの場合はネットで解約が完結するので、「言いずらい」「気まずい」なんてことがありません。

電話ですと解約の理由を聞かれたりします。LINEモバイルではそういったことはありませんのでマイページから「解約する」のボタン一つで簡単に解約ができてしまいます。

解約処理が行われるまでに音声、データ通信、オプションをご利用になった場合には利用された分のご請求が発生しますのでこちらもご注意ください。

手続きを行った後に、SIMカードを送料自己負担でご返却となります。

※必ずご解約手続きを行なった後にご返却ください。SIMカードの返却だけでは解約となりませんのでご注意ください。

▼SIMカード返送先住所
〒210-0869
神奈川県川崎市川崎区東扇島4-5
東日本ロジスティクスセンター
LINEモバイル株式会社 返却窓口

他の格安SIMでは解約後のSIMカード返却は不要で、ご自身で破棄という形となっておりますが、LINEモバイルはSIMカードを返却しなければなりません。

SIMカードは返却された後に会社で処分されるので、特に梱包などは不要で封筒に入れて普通郵便で安く送れば大丈夫です。送料はこちらで負担となりますので、安く済ませる意味では普通郵便が良いでしょう。

LINEモバイル解約金の請求はいつ?

LINEモバイルの料金は、月末締めの翌月5日請求です。これは解約月のご利用料金や解約違約金も同じで、解約の翌月5日に請求がきます。

また、音声通話料金については、ご利用月の翌々月に請求していますので解約月に音声通話が発生していた場合は、翌々月まで請求が発生します。

初月に解約された場合には、初月分の月額基本利用料を請求します。