格安SIMではLINEの年齢認証やID検索ができない?

格安SIMでは、LINEの年齢認証ができません。LINEの年齢認証はキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の年齢判定機能を利用しています。

LINEの年齢認証は基本的に3大キャリアのアカウント情報をもとに行われ、キャリアからLINEにアカウント情報が送られることで年齢を判別しています。

LINEの年齢認証を行うと、LINEとドコモ・au・ソフトバンクといったキャリア間で契約内容の照会が行われます。

しかし、格安SIMはキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に該当しないので、LINEの年齢認証をすることができません。

そのため、MVNO(格安SIM)ではLINEの年齢認証ができないので、ID検索が利用できないのです。

しかし、LINEモバイルは格安SIMでありながら、LINEの年齢認証を行うことが可能となっています。これはLINEモバイルが契約時に年齢確認をしているため、LINEの年齢認証を行うができるという仕組みになっているからです。

LINEモバイルは年齢認証ができるといっても、ユーザーが18歳未満であれば利用することはできません。

LINEの年齢認証とは

LINEは文字のやりとりでEメールに変わって急速に普及していきました。そのため利用者の年齢層も幅広く、中には小学生でLINEアプリを利用していることもあります。LINEは若年層でも適切な利用ができるように、年齢認証を行う事で一部機能の制限をかけています。

LINEの年齢認証ができないとどうなる?

LINEの年齢認証ができなくても、「トーク・スタンプのやり取り」や「無料通話」といったLINEの基本的な機能は使えますが、「ID検索」と「電話番号検索」は使えません。

「ID検索」や「電話番号検索」ができないと、新しい友だちを追加することができません。逆に、他の人が自分を検索しても検索に引っかかりませんので相手に自分のIDを検索させることもできません。

相手が検索できなくても自分のIDは存在しますが、他の人が自分のIDを検索しても、検索結果には表示されないのです。

LINEのID検索ができないと何が困る?

直接対面でLINEの連絡先交換する方法は「ふるふる機能」や「QRコード」が主なやり方で、端末同士を近づけることでしか行うことができます。つまり端末同士を近づけることができないような人同士では不可能ということになります。

「ID検索」は非対面で行う方法の為、ID検索でヒットしたアカウントを友達に追加することができます。これは端末同士を近づける必要がないため、全く知らない人でも電話番号かIDを知ることが出来れば利用できてしまいます。

つまり、ID検索ができないと離れた人と連絡先交換をするのに苦労をします。

それでも全く方法がないわけではありません。QRコードをメールで送信する方法もあります。

LINEの年齢認証をする目的

LINEで年齢確認をしないと「検索機能」が使えない理由は、18歳未満のユーザーをトラブルから保護するためです。

LINEでは、利用規約で見知らぬ異性との出会いを目的とする利用を禁止していますが、非公認の掲示板などの誰でも利用することができるウェブサイトやアプリにLINEのIDを公開し合って、見知らぬ人とLINEで友だちになるケースがあります。このような利用は、思わぬトラブルに発展する可能性もあります。

そこで、青少年のLINEユーザーの皆さんをトラブルから未然に守るため、KDDI・NTTドコモ・ソフトバンクモバイルと協力し、18歳未満の方はLINEのID設定およびID検索を利用することができないよう部分的な機能制限を実施しています。

つまり、18歳未満の子供たちが大人との出会いで、事件に巻き込まれないようにするために、年齢認証を導入しているのです。

LINEモバイルでLINEの年齢認証はできる?

LINEモバイルは契約時に年齢確認をしているため、LINEの年齢確認を登録することが可能です。年齢確認を登録することにより、友達をID検索することが可能になります。

現在、LINEの年齢認証を行うことができ、ID検索を利用することができるのは、LINEモバイルとワイモバイルだけです。

LINEモバイルはLINEの子会社ということもあり、LINEのシステムには非常に強いです。格安SIMで年齢認証ができないという不便さを解消しています。

年齢認証をすると、「ID検索」「電話番号検索」で友達を探し出し追加登録することができるようになります。

ワイモバイルのLINE年齢認証はどうやる?

年齢認証の際キャリア(docomo or au or softbank)のログインページが表示されますが、Y!mobileはSoftbank提供のサービスであるため『my softbank』の画面が表示され、そのまま年齢認証ができます。

格安SIMはキャリアから電波を借りて運営しているからLINEの年齢認証ができませんが、ワイモバイルはSoftbankのグループなので、他の格安SIMと違って、ソフトバンクと同じ電波を使っています。

ワイモバイルは借りて運営している立場ではなく、ソフトバンクの回線も使えて、さらに元々保有していた自社回線の「旧イーモバイル」の回線と「旧ウィルコム」の回線まで扱っております。

つまり回線を保有できる信頼できる会社ということで、LINEとの契約情報をやりとりすることができて、年齢認証をすることができるのです。

LINEの年齢認証はキャリアとLINEモバイルとでは違う?

LINEモバイルでLINEの年齢確認をする方法は大手キャリアとは異なり、利用コードを使うのがポイントです。大手キャリアではコードなしで年齢認証をできます。

利用コードを使うことで、LINEアプリがキャリアの契約情報から年齢を照会する必要がなくなるため、格安SIMのLINEモバイルでも年齢確認が利用できます。

LINEモバイルでLINE年齢認証する時に必要なコード取得方法

  • LINEモバイルのマイページにログインします
  • 画面上部の[データ残量]をタップし[契約情報]ページを開きます
  • 利用コード[再発行する]ボタンを押すと利用コードが表示されるのでコピーします(年齢認証をするときに使用します)

LINEモバイルでLINE年齢認証する方法

  • PCやスマホでマイページにアクセス
  • マイページはこちら

  • 「ログインID」「パスワード」でマイページにログイン、契約情報の画面に進む
  • 「契約情報」の中の「利用コード」に記載してある17桁(ハイフン含む)のコードのメモをする 
  • 「設定」→「年齢確認」→「年齢認証結果」→「LINEモバイルをご契約の方」を選択


  • 年齢確認のページで利用コードを入力し「次へ進む」
  • 年齢認証結果が「ID検索可」に変わったら、年齢認証が完了です。