LINEモバイルCMに出ている女優は誰?

LINEモバイルCMに出演している女優は「のん」さんです。もともとは「能年玲奈」さんという女優名で活動していましたが、突如として「のん」に改名しました。

この写真は、LINE モバイルがソフトバンク回線を利用したサービスの提供を開始し、あわせて月額 300 円から「LINE モバイル」を利用できる「スマホ代 月300円キャンペーン」を開始した宣伝です。

のんさんが「スマホ代300円のポスター」でPRしています。

LINEモバイルCM

LINEモバイル: TVCM 〜 虹篇 〜

CM「虹篇」は、佇む のん に 光とともに鮮やかな虹がかかり、不思議と見ている人の心を晴れやかな気持ちにさせてくれるようなCMとなっております。

また「300円」という言葉の前に、何かを話しかけるような仕草をみせる「のん」さんもとても印象的です。なんといっているのでしょうか。

雨合羽を着た「のん」さんが、小雨の中に虹がかかる背景を背に、「月額300円から」というナレーションとともに「300円」と笑顔で呟いています。

とにかく300円とうメッセージを伝えようという作り手の意図でしょう。二回目の300円の前に、お金のカチャという音が入るのも100円コイン3枚を強調しているようです。LINEモバイルは300円でも利用できてしまうんだとインパクトを与えたいのでしょう。

「虹篇」CMで流れる印象的なCMソングは、フジファブリックの楽曲「若者のすべて」です。

この「若者のすべて」は、2007年11月7日にフジファブリックがリリースした10枚目のシングル曲です。

作詞作曲は2009年12月24日に29歳の若さで急逝した志村正彦によるもので、夏の終わりの情景が叙情的に描かれた、フジファブリックを代表する1曲でし。

現在も山内総一郎(Vo, G)のボーカルで歌い継がれており、Bank Band、柴咲コウ、アイドルネッサンスほか多数のアーティストにカバーされています。

めざしたのは、究極のシンプルです。目立たなければいけないので、生理的に反応するポイントはいくつか散りばめていますが。LINEモバイルは凛としたカッコイイブランドであるべきと考え、ブランドを規定する太いコピーが必要になり、児島令子氏とタッグを組みました。

「愛と革新。」そのサービスに愛はあるか?革新はあるか?インナーワードとしても使えるこの言葉を伝えるために、このCMは存在しています。

LINEモバイルCM女優「のん」の魅力

少女のような純粋さと素直さがある

LINEモバイルCM女優「のん」さんは、見栄を張るようなことはせず、常に素直なところが好印象に映る様です。何より、あの少女のような純粋さに惹かれる方も多く幅広い世代から支持されています。

同年代の女子に比べ、少し幼い感じが残る「のん」さんですが、その少女のような純粋さが、魅力でもあります。純粋さと素直さを持つことは、男性からだけでなく、同性である女性からも好感をもたれるので、LINEモバイルのイメージアップにつながります。

ちょっと頼りない感じをほどよく出て味がある

CM女優「のん」さんは、バラエティ番組に出ているとき、見ているこっちが「大丈夫かな?」と思うくらい、ちょっと頼りない感じがするところが可愛くて、守ってあげたいと思ってしまうところに母性本能をくすぐられます。

あまりにも頼りないと、男性側も「しっかりしろよ」と言いたくなるでしょうが、少し抜けているくらいの頼りなさは、男心をくすぐります。

しっかり者と甘えん坊のギャップがある

CM女優「のん」さんは、トーク番組のときは、周りの共演者にフォローされている感がすごくありますが、それが演技になると、人が変わったかのようにしっかりと役を演じています。そのギャップに魅了される方も多いようです。

LINEモバイルCMでも見事なまでの役の演じようで、スイッチの切り替えがスマートで180度変わるところが良いです。

清潔感のあるメイクや髪型

CM女優「のん」さんの、あの透明感が好きという方も多いようです。メイクもナチュラルだし、髪型や服装も男性好みでしょう。やっぱり彼女にするなら、ああいう清潔感のある子の方がいいなと思っている男性も多数います。

LINEモバイルCM女優に「のん」さんが起用された理由は?

LINEモバイル株式会社は、「のん」さんを「老若男女問わず幅広い世代に愛され、女優や声優、アーティストとさまざまな活動を通して魅せる多彩な才能や表現力を持っており、LINEモバイル新CMの世界観を伝える上で適任である」と説明しています。

まず第一に、若者から中年からお年寄りまで、満遍なく愛されている女優さんである点が大きいです。LINEモバイルのターゲットでは老若男女問いませんので、どの層においても重要なターゲット層になってきます。

また、今までのドラマでの演技力の実績が輝いており、きっとLINEモバイルでも期待に応えてくれるという信頼があったことでしょう。

LINEモバイルのテレビ初CMでは、ユーザーが本当に求めるサービスを、ユーザー目線で考え、既存の通信とコミュニケーションの関係を刷新していくという思いを伝えるべく、「愛と革新。」というコピーを掲げました。

初CMは音楽と、のんさんの表情が約10秒ほど流れ、料金プランの内容はわずか数秒しか流れず、LINEモバイル最大の特徴となるカウントフリーの説明も小さい注意書きで記載されるだけの非常にシンプルなものになっていました。

LINEモバイルCMに抜擢された「のん」さんの感想は?

LINEモバイル初となるCMに2017年3月に起用された感想について「のん」さんは「ものすごくうれしくて、お話を聞いた時は『わー!』って叫んでいました」と声を弾ませていました。

LINEと言えば、今や誰でも使うアプリであり超有名です。その会社が提供するLINEモバイルCMに出演できることは名誉あることでしょう。

初CMを見た「のん」さんは、「究極にシンプルなCMがかっこいい」「静かな中で演じ続けるのは緊張感があって不安があったが、見ている人が感じないように表現した」「のんとしてもLINEモバイルとしても初のテレビCMで特別なものになった」「そのままここにいます!という感じで何も装飾していないところをそのまま見て欲しい」とコメントしました。