ドコモ端末をUQモバイルで使える?

ドコモで販売されている端末はSIMロックがかかっていますので、ドコモ回線以外のSIMカードでは使うことができません。

UQモバイルは、au回線を使っていますので、一部のau端末はSIMロック解除なしで使うことができます。

ドコモで2015年5月以降に発売された機種のSIMロック解除手続き

ご用意いただくもの

[list class=”ol-circle li-mainbdr main-bc-before”]

  1. 契約者ご本人であることを、お名前・生年月日などで確認させていただきます。法人名義によるお申込みの場合は、来店者の本人確認書類などが必要になる場合があります。なお、来店者の本人確認書類が健康保険証の場合は、公共料金の領収書、クレジットカード、学生証、住民票、外国人登録原票記載事項証明書の添付は不要です。
  2. おまかせロック中・ケータイ補償ロック中の携帯電話機などについては、 各種ロック解除後に受付が可能となります。
  3. 携帯電話機などに水濡れや大きな破損などがある場合については、故障修理後の受付となります。

[/list]

ドコモのSIMロック解除条件

[list class=”ol-circle”]

  1. ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと
  2. ご利用料金のお支払実績が確認できること
  3. 契約者ご本人の購入履歴がある機種であること
  4. 購入日から100日経過した機種であること
  5. ただし、以下の場合は100日を経過していない場合でも即時にSIMロック解除の手続きが可能となります。

    1 当該回線において、過去にSIMロック解除を行っており、その受付から100日経過した場合
    2 当該機種を一括払いでご購入、または分割払いでご購入され、その分割支払金/分割払金のご精算をされた場合
    (いずれも端末購入サポートを利用されている場合は、端末購入サポートの解除料をお支払いいただくことが必要です。)

  6. 既にドコモを解約済の方は、解約日から100日経過していないこと

[/list]

ドコモ端末は、契約者本人しかSIMロック解除ができません。また、ドコモを解約して100日経過してしまうとSIMロック解除できなくなります。

事務手数料について

お申込み方法によってSIMロック解除手数料が異なります。

ドコモご契約者のSIMロック解除手数料一覧(税抜)

「my docomo」が無料です。「電話」「ドコモショップ」は3000円かかりますので、「my docomo」でSIMロック解除が良いでしょう。

端末種別パソコン(My docomo)
お電話ドコモショップ
ドコモ スマートフォン無料3000円3000円
iphone無料3000円3000円

ドコモを解約された方のSIMロック解除手数料一覧(税抜)

ドコモを解約していますので、「my docomo」「電話」でSIMロック解除はできなくなります。ドコモショップ1本となります。

端末種別パソコン(My docomo)
お電話ドコモショップ
ドコモ スマートフォン3000円
iphone3000円

ドコモ端末をSIMロック解除する際の注意事項

SIMロック解除を実施した場合、携帯電話機内に保存されていたデータが変化・消失する場合があります。

ドコモはSIMロック解除に伴う携帯電話機内のデータの変化・消失などについて一切責任を負ってくれません。SIMロック解除前には、データのバックアップなどの措置を取りましょう。

ドコモ端末のUQモバイル動作確認端末一覧

ドコモの全ての端末はSIMロック解除が必要です。SIMロックがかかった状態では、UQモバイルで使えません。

ドコモiphone

機種データ通信通話SMSメールテザリング
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE
iPhone 6s Plus
iPhone 6s

ドコモの富士通端末

機種データ通信通話SMSメールテザリング
arrows SV F-03H
arrows NX F-02H
arrows Fit F-01H
ARROWS NX F-04G

ドコモのLG Electronics端末

機種データ通信通話SMSメールテザリング
Disney Mobile on docomo DM-02H
Disney Mobile on docomo DM-01G

ドコモのSHARP端末

機種データ通信通話SMSメールテザリング
AQUOS ZETA SH-04H
AQUOS ZETA SH-01H
AQUOS EVER SH-04G

ドコモのSONY端末

機種データ通信通話SMSメールテザリング
Xperia X Performance SO-04H
Xperia™ Z5 Premium SO-03H
Xperia™ Z5 Compact SO-02H
Xperia™ Z5 SO-01H
Xperia™ A4 SO-04G
Xperia™ Z4 SO-03G

ドコモ端末をUQモバイルで使うにはAPN設定が必要です

「APN」とは、スマートフォンなど携帯電話の回線を使ってデータ通信を行う機器において、インターネットのようなネットワークへ接続する際、必要となる設定です。

APNという名前は英語で“アクセスポイント名”を意味する「Access Point Name」の略です。その名の通り、この設定によって、携帯電話回線から他のネットワークへの接続窓口となるゲートウェイを指定します。

一般的に、NTTドコモやauなど大手携帯電話会社のスマートフォンには、あらかじめこのAPNが設定されています。そのため自動的に、その事業者のネットワークを経由してインターネットに接続できます。つまり、ユーザー側は、特に設定することなく利用できる、ということが普通なのです。

ドコモで使っていた端末は、ドコモのAPN設定となっていますので、UQモバイルのAPN設定に変えなければなりません。端末には、UQモバイルのAPNは記憶されておりませんので手動で設定となります。

ドコモAndroid端末のAPN設定

アクセスポイント(APN)の設定をする前に、Wi-Fiをオフになっていることをご確認ください

[list class=”ol-circle li-pastelbc shadow nobdr strong main-bc-before”]

  1. Top画面より「アプリ一覧」を開いてください
  2. アプリ一覧より「設定」のアイコンをタップしてください
  3. Wi-Fiをオフにし、設定画面の「もっと見る」をタップしてください
  4. 「モバイルネットワーク」をタップしてください
  5. 「アクセスポイント名」をタップしてください
  6. 右上の「+」をタップ してください
  7. ネットワーク名などの情報を設定し、右上の「・・・」からメニューを開いて「保存」をタップします
  8. 保存が完了しましたら画面で「UQmobile」をオンします
  9. 画面上段に「4G+」のピクトが立ちましたら設定完了です。通信がご利用いただけます。

[/list]

(設定情報)

名前UQmobile
APNuqmobile.jp
ユーザー名uq@uqmobile.jp
パスワードuq
認証タイプCHAP
APNタイプdefault,mms,supl
,hipri,dun
APNプロトコルIPv4/IPv6

ドコモiphone端末のAPN設定

ドコモiphoneは、「iPhone SE」「iPhone 6s Plus」「iPhone 6s」など2年落ちモデルはAPN設定不要で、SIMロック解除されていれば、UQモバイルのSIMカードを挿入してそのまま使えます。

機種APN設定
iPhone X必要
iPhone 8 Plus必要
iPhone 8必要
iPhone 7 Plus必要
iPhone 7必要
iPhone SE不要
iPhone 6s Plus不要
iPhone 6s不要

iPhone 6/6 Plus/6s/6s Plus/SE/7/7 Plus/8/8 Plus/X

  • プロファイルのインストールはインターネット経由でおこないます。Wi-Fiなどに接続してからおこなってください
  • ご利用される端末から、ブラウザ(safari)で以下のURLにアクセスしてください。
    http://www.uqwimax.jp/support/mobile/guide/apn/UQmobile_2.0.mobileconfig
  • プロファイルをインストールする画面が開きますので、「インストール」をタップしてください。

    ※警告画面が開きます、「インストール」をタップしてください。

  • パスコードが設定されている場合、パスコードの入力が必要となります。お手持ちの端末で設定しているパスコードをご入力ください。
  • インストール完了の画面が開きましたら、「完了」をタップして画面を閉じてください。

ドコモ端末よりau端末のがUQモバイルには適している?

ドコモ端末は、ドコモの回線網に偏重した実装しているので、au回線網のUQモバイルでドコモ端末を使えば利用感度はau端末よりも劣ることが予測されます。

UQモバイルでは、SIMフリー端末、au端末、UQモバイル端末などを使うのが望ましいと言えます。

UQモバイルでは、ドコモ端末より、au端末の方が動作確認されている端末が多いです。それだけ、auは同じ回線ですので対応できる幅が広いことが伺えます。