UQモバイルキャッシュバックキャンペーン情報

UQモバイルキャンペーンで最高額キャッシュバックされるのは正規代理店で、高額キャッシュバックに加えて、SIMカード発行手数料3240円と代引き手数料324円が無料になります。

正規代理店のUQモバイルキャッシュバック情報を参考にして下さい。

UQモバイル最高額キャッシュバック申込み案内はこちら

UQ家族割とは?

UQコミュニケーションズが、2017年6月8日からUQモバイルにて「UQ家族割」の提供開始しました。それ以前は、家族みんなでUQモバイルを契約していても何の特典もありませんでしたが、この家族割引サービス開始によって、家族で契約すると月額料金が割引されるので、お得感が出てきました。

UQ家族割では、複数回線(2回線以上)を契約すると、子回線の月額基本料金から毎月500円を割り引くというものです。親回線1回線に対し、最大9回線の子回線が月額500円割引の対象となります。

対象となるプランは決まっており、「ぴったりプランS/M/L」と、「おしゃべりプランS/M/L」のみです。その他の「データ高速プラン」「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限プラン」「データ無制限+音声通話プラン」は対象外となります。

おしゃべりプランSかぴったりプランSの場合は月額1980円から500円割引の月額1480円になり、おしゃべりプランMかぴったりプランMの場合は月額2980円から500円割引の月額2480円になり、おしゃべりプランLかぴったりプランLの場合は月額4980円から500円割引の月額4480円になります。

(いずれも「スマトク割」と「イチキュッパ割」適用時の契約1年目の月額料金の例です)

UQ家族割の月額500円引きは1年目以降もずっと適用されます。2年目以降は廃止とは、減額とはありません。家族で契約する限りは、永遠と月額500円割引が継続します。

UQ家族割を導入した理由

さらなる顧客増を図るため、UQ家族割を開始しました。家族割同様のプランはソフトバンクが手掛けるMVNO「Y!mobile」が既に提供しており、追随する恰好となっています。

格安スマートフォン市場でひときわ存在感を放つブランドがある。ソフトバンクのセカンドブランド「ワイモバイル」は、2016年にiPhoneの取り扱いや月1980円(消費税抜き)から使える割引など矢継ぎ早に施策を打ち出し、スマホの販売台数を大幅に増やしました。NTTドコモやau、ソフトバンクを含めたスマホ市場全体における販売台数のシェアも拡大しています。

躍進を続けるUQモバイルですが、ワイモバイルとの「サブブランド」間の競争では後れを取っているため、まずは料金体系をそろえて巻き返しを図る狙いがあります。

このほか、UQコミュニケーションズの野坂社長は「UQ mobileはワイモバよりも直営店の数が少ないため、今年度中に店舗数を現行の67店舗から120店舗へと拡大する」と対抗策まで明らかにしています。

UQモバイルのライバルは、通信速度や料金体系に引けを取らないワイモバイルであることは間違いないでしょう。UQの野坂社長も「ワイモバイルに追いつけ追い越せで取り組んでいる」と対抗意識を隠しておりません。

そのワイモバイルとの競争に打ち勝っていく為には、新しいサービスをどんどん出していかなければ、ワイモバイルに顧客が流れてしまいます。

今回の家族割引サービスを提供開始することで、家族でUQモバイルに入るメリットが生まれたら、新たな顧客獲得にも繋がるし、家族して使っている既存顧客も他社への乗り換えも防ぐことができます。

UQ家族割お申込み方法

UQ家族割のお申込みは、全国のUQスポット、UQ mobile取扱店にご来店、またはUQお客さまセンターへのお電話でお申込み可能です。

直接店舗に行って申し込む方法と電話にて申し込む方法の2つのパターンがあります。

電話でのお申込み方法

【同一姓・同一住所の場合の必要情報】

  • 親回線の契約者のご本人確認情報
  • 追加される子回線のご契約者それぞれの氏名、電話番号および住所

【苗字・住所に相違がある場合】

  • 電話ではお申込みいただけません。
  • お申込書および返信用封筒をお送りいたしますので、郵送でお申込みください。

「UQ家族割」契約申込書の発送は、メールフォームよりご依頼ください。

メールフォームはコチラ

UQお客様サポートセンター

0120-929-818
携帯電話・PHS可、9:00~21:00(年中無休)
一部IP電話からは接続できません

UQお客様サポートセンターに電話をかけて音声ガイダンスが流れましたらUQ mobileに関するお問い合わせの「2」を押してください。

「2」を押していただいた後に、UQ mobileに関する音声ガイダンスメニュー「3」の「ご契約内容の確認や変更、他者へのお乗り換えに関するお問い合わせ」を押すとサポート窓口につながります。

そこでUQ家族割に入りたいことを伝えます。家族割に入りたい旨を伝えるとオペレーターが申し込み手続きを開始しますので、オペレーターの指示に従って進めていきます。

名前のフルネーム、最初に登録した暗証番号を伝えると家族割の申し込みができます。

UQスポット/UQ mobile取扱店でのお申込み方法

【同一姓・同一住所の場合の必要書類】

  • 親回線および追加される子回線の契約者のそれぞれの本人確認書類

【苗字・住所に相違がある場合の必要書類】

  • 親回線および追加される子回線の契約者のそれぞれの本人確認書類
  • ご家族であることがわかる書類(発行から3ヶ月以内のものに限る)

<家族を証明する書類>

  • 戸籍謄本
  • 住民票
  • 健康保険証
  • 遠隔地用健康保険証
  • 同性のパートナーシップを証明する書類

UQ家族割適用条件

  • 親回線、子回線ともに「ぴったりプランS/M/L」または「おしゃべりプランS/M/L」にご加入いただいていること。
  • 「データ高速プラン」「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限プラン」「データ無制限+音声通話プラン」は対象になりません。

    お申込みいただく親回線、子回線すべて、「ぴったりプランS/M/L/おしゃべりプランS/M/L」のご契約であることが条件となります。

    通話定額プランのみがS・M・Lに関わらず対象になります。これらは最低契約期間が2年間と長く自動更新で解約手数料が無料になる期間も1カ月間と短く、月額料金も高いので家族割の対象となれるのです。

    ぴったりプランS、おしゃべりプランSであれば2年間の平均月額2,480円です。これだけの料金を支払うからこそ、家族割で月額500円割引しても大丈夫なのです。

  • 同一姓/同一住所の家族を対象とし、相違がある場合は家族であることを証明する書類を提出いただくこと。
  • 苗字が違ったり、一緒に住んでいない場合は、UQ側が家族かどうか判断しかねますので、家族であることを証明できる書類を用意する必要があります。

  • 「UQ家族割」にご契約可能な回線数は、親回線含め2回線から最大10回線となります。
  • 最大10回線までです。それ以上の人数分からは家族割の対象外となります。現実的に10人以上の家族はあまりないと思われますので、10回線までで殆どの家族が問題ないでしょう。

UQ家族割の適用時期

UQ家族割に申し込み受付完了の翌月利用分から、「UQ家族割」が子回線1回線ごとに割り引き適用となります。

受付方法やご契約内容により、受付完了まで最長10日程度お時間をいただく場合がございます。割引開始(受付完了)日は、お手続き完了後の自動配信メールにてご確認ください。

UQモバイル家族割よくある質問

同一名義の複数回線でUQ家族割は適用できる?

UQ家族割は契約者名義がそれぞれ違わなければならないという決まりはありません。契約者の名義が同じでも同一姓・同一住所で、ぴったりプランもしくはおしゃべりプランにご加入されている回線であれば、「UQ家族割」を適用できますので、同一名義でもお申込みいただけます。

例えば、同一名義で「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」の2つを契約している場合は、「おしゃべりプランS」が親回線として月額割引なしで1年目は月額1,980円、「ぴったりプランS」は子回線となり月額500円割引となり月額1,480円となります。

この様に、UQモバイルを2台契約してプライベート用と仕事用と使い分けたいなどの使い方をする方でも、ぴったりプランもしくはおしゃべりプランに加入すれば家族割引の適用は可能となります。

家族割引というサービス名だから、家族で加入しないといけないという先入観がありますが、個人で2回線以上契約しても家族割引の対象となります。

住所は別ですが家族であればUQ家族割は適用が可能?

例えば、娘が大学で県外で一人暮らしをしている、或いは息子が県外で社会人生活を送り一人暮らしをしている、おじいちゃん、おばあちゃんとは別居している、など家族であっても同じ家には住んでいないケースはありますが、例え離れ離れに暮らしていたとしても家族であるならばUQ家族割の適用が可能です。

ただし、家族である証明書(戸籍謄本、住民票、健康保険証、遠隔地用健康保険証、同性のパートナーシップを証明する書類など)をご提示いただく必要がございます。

どんなに離れて暮らしていようが問題ありませんが家族であることだけは証明できないと適用はできません。

UQモバイルを既に契約中ですが家族割申し込みはできる?

UQモバイルを既に契約している方でもUQ家族割は適用可能です。家族揃って、ぴったりプランもしくはおしゃべりプランに加入していれば適用が可能です。

2017年6月8日から家族割は開始したわけですが、それ以前にUQモバイルに契約していた方も多数います。家族でぴったりプランもしくはおしゃべりプランに加入しているならば、UQ家族割を適用しないと勿体ないです。

既存ユーザーも全国のUQスポット、UQ mobile取扱店にご来店、またはUQお客さまセンターへのお電話でお申込みいただけます。

UQオンラインショップで契約した場合もUQ家族割に申し込める?

ネットからの契約でもUQ家族割適用は可能です。店舗でもネットでも、家族揃って、ぴったりプランもしくはおしゃべりプランに加入していれば適用が可能です。

ネットの手続きでUQ家族割に申し込む欄はありませんので、自ら申し込みを行う必要があります。自己申告制みたいな感じです。

UQ家族割適用のイメージ

父、母、娘、息子の家族4人でぴったりプランもしくはおしゃべりプランに加入した場合は、父が親回線となり割引はなしで、母、娘、息子の3人が子回線で月額500円割引となります。

UQ家族割は、家族全員が月額500円割引になるものではありません。一人だけは親回線となり割引はなしです。2人目から子回線として割引が適用されます。家族2人の場合は1人しか割引の対象にはなりませんので、夫婦の場合は一人当たり実質250円割引と考えても良いでしょう。

子回線は9回線までですので、残り6人まで月額500円割引の対象となります。