UQモバイルキャッシュバックキャンペーン情報

UQモバイルキャンペーンで最高額キャッシュバックされるのは正規代理店で、高額キャッシュバックに加えて、SIMカード発行手数料3240円と代引き手数料324円が無料になります。

正規代理店のUQモバイルキャッシュバック情報を参考にして下さい。

UQモバイル最高額キャッシュバック申込み案内はこちら

UQモバイルでテザリングはできる?

大手携帯電話会社よりも通信料金が安いUQモバイルでは、スマホに備わっているインターネット共有機能、いわゆる「テザリング」も利用できます。

テザリングとは、ノートパソコンやタブレットなど、モバイルデータ通信機能を持たない端末がインターネットへアクセスするために、別の端末のモバイル通信機能を開放する機能です。

UQモバイルでテザリングを使えば、Wi-Fi機能しか持たないノートパソコンやタブレットでも、大手より安い通信料金でウェブサイトを閲覧したり、メールを送受信したりできます。

ただし、スマホ単体で使う場合よりデータ通信量は増える。また機種によっては格安SIMでテザリングが利用できないこともあります。

UQモバイルでは、製品によりテザリングをご利用の可否が異なります。「動作確認端末一覧」にて、テザリング対応に「〇」がついていれば使えます。「✕」がついている場合は使えません。

テザリングが可能な製品では、追加のオプション申込手続きや料金は不要です。テザリングを利用する場合、月額料金はかかりません、無料です。

動作確認端末一覧

テザリングとは?

テザリング(tethering)とは、スマートフォンやデータスマホなどを介して、パソコンやタブレット端末、ゲーム機などをインターネットに接続することです。

テザリング機能を搭載したスマートフォンなどが中継することで、たとえば自宅の無線LANルータに接続しているのと同じような感覚で、ノートパソコンなどの機器を、どこでもインターネットに接続することができます。

外出先でノートパソコンを使用している際に調べ物やメールのやりとりなど、インターネットへ接続したくなった時にテザリングは役立ちます。

スマートフォンと端末を接続する際は、「Wi-Fiテザリング」、「USBテザリング」、「Bluetoothテザリング」などの方法で接続します。

「Wi-Fiテザリング」や「Bluetoothテザリング」はワイヤレスで接続するため、接続ケーブルが不要で手軽に利用することができます。

スマートフォンのテザリング機能を使用せずに外出先でインターネットを利用したい場合は、モバイルデータ通信事業者とデータ通信専用の契約を結び、モデムやモバイルWi-Fiルーターなどの通信機器を用意する必要があります。

また、テザリング機能を利用するとスマートフォンの電池消費が早くなりますので、十分に充電した状態で利用することをおすすめします。

通常パソコンをインターネットにつなぐには?

パソコンをインターネットにつなぐには通常、固定回線もしくはモバイルルーターが必要になります。

固定回線とは光回線やケーブルテレビ、ADSLなどの家庭内に導入する回線のことです。こうした回線は安定性が非常に高く、通信速度も安定しやすいものの導入コストが割高で、外出先では回線を利用できないという欠点があります。

一方、モバイルルーターとは持ち運びができるルーターです。ルーターは複数台のコンピュータをインターネットに同時に接続するための機器です。モバイルルーターはスマートフォンと同程度のサイズの周辺機器で、ここから電波が飛ばされています。

モバイルルータは回線の安定性や通信速度といった点では固定回線に劣りますが、反面導入コストが低く、また非常に小さいので持ち運びができ外出先でもインターネットに接続できるという長所があります。

テザリングは、モバイルルータや固定回線なしでインターネットに接続することができます。スマートフォンなどをモバイルルーターの代わりに使用します。

テザリングに対応したスマートフォンなどの機器があれば、もうモバイルルーターは必要ありません。

テザリングに必要なものは?

テザリング機能を搭載したスマートフォンやデータスマホなどの中継機器と、無線LANクライアント機能が搭載されたパソコンなどの接続機器が必要です。

テザリングでインターネット接続できる機器

  • 無線LANクライアント機能を搭載したノートパソコン
  • 無線LANクライアント機能を搭載したタブレット端末(iPad・nexus等)
  • PSPやNintendo DSなどの携帯ゲーム機
  • プレイステーション4やXbox 360などの据え置き型ゲーム機

テザリングの種類

テザリングの種類(スマートフォンと機器の接続方法)はWi-Fi/BluetoothR/USBの3種類あり、利用シーンに応じて使い分け可能です。

ご利用シーンや接続する機器の種類に応じて最適なテザリングの種類を選んで下さい。

テザリングの種類おススメポイント
Wi-Fiテザリング●タブレット、ゲーム機、Wi-Fi対応デジカメなど対応機器が豊富
●複数の機器を同時に接続可能
●高速なデータ通信
BluetoothR テザリング●電池持ちがよい(Wi-Fiテザリング比)
●設定が簡単 (パスワード入力不要)
USBテザリング●PCからスマートフォンに給電しながらデータ通信が可能
(機種によってはUSB給電ができない場合があります)
●高速なデータ通信

Wi-Fiテザリング

ゲームやタブレットなど複数同時につなぐならWi-Fiテザリングがおススメ! 対応機器も豊富!

インターネットに接続されたスマートフォンと、パソコンやゲーム機をWi-Fiで接続する方法です。接続する機器がWi-Fiに対応していることが前提ですが、最も一般的で手軽に利用できる方法です。

スマホなどの中継機器をカバンに入れたまま使えたり、複数の機器を接続できるというメリットがある反面、USBテザリングに比べて通信速度がやや遅かったり、バッテリー消費が早いというデメリットがあります。

また、他人に中継点を悪用されるかもしれないというセキュリティ上の問題も気にしなければいけません。

USBテザリング

ノートPCで長時間データ通信するならUSBテザリングがおススメ!

インターネットに接続されたスマートフォンと、パソコンやタブレットなどをUSBケーブルで接続する方法です。USB通信対応機器に限定されますが、通信速度はテザリングの中で最も速く、スマートフォンの充電が同時にできるというメリットがあります。

LTE通信であっても、無線LAN通信であっても無線電波による通信は有線接続の通信よりも不安定であり、無線電波を2回経由して通信を行うWi-Fiテザリングより、1回経由して通信するUSBテザリングの方が高速です。

Bluetoothテザリング

外出先でタブレットを使うなら電池もちが良いBluetooth® テザリングがおススメ!

インターネットに接続されたスマートフォンと、ノートパソコンやカーナビなどのBluetooth対応機器と無線接続する方法です。

Bluetoothとは、主に無線マウスや無線キーボードなどPCの周辺機器に採用されている規格です。

Wi-Fiテザリングと同様、複数台接続をサポートしており、スマートフォンのバッテリー消費が少ないというメリットがありますが、通信速度が遅く、接続できる範囲が狭いというデメリットがあります。

また、BluetoothはWi-Fiに比べてネット利用時に使われる頻度が少ないので、セキュリティ的にもやや安心できる無線規格と言えます。

テザリングを行う上での注意点

Wi-Fiテザリングを行う際に、スマートフォンでWiFi接続を有効(ON)にするとSSIDとパスワードの情報が漏れてしまうと、他人のPCが勝手にあなたのスマートフォンを利用してテザリングすることも可能になってしまいます。

そこで、SSIDとパスワードの設定だけでなく自身のスマートフォンを介しテザリングできるPCなどのMACアドレスを登録することをお勧め致します。これにより、SSIDとパスワード情報漏れてしまっても、許可されたMACアドレスの機器だけが、スマートフォンに接続してテザリングをできます。

テザリングの長所

荷物が減る

普段使っている端末のテザリング機能をオンにすれば使えるので、別途端末を用意しなくていいのが最大のメリットとなります。

別途用意するものは何もないため、荷物が増えません。

ルーターの料金が別にかからない

コストの面でもメリットが得られ、モバイルルーターの端末代金を節約できます。

Wi-Fiルーターを購入してしまうと、それ単体に月々の月額料金がかかります。スマホ+Wi-Fiルーター料金がスマホの料金だけで済むので金額が抑えられるメリットがあります。

携帯の月額料金以上にお金はかけられない場合や、お金に余裕なんてないといった人には最適と言えるでしょう。

テザリングの短所

通信量増加が激しい

テザリングを利用すると、必然的にデータ通信量が増加します。特にパソコンでテザリングをする場合、「YouTube」や「Netflix」などの動画配信サービスで高画質の動画を見たり、「Dropbox」や「OneDrive」といったクラウドストレージがバックグラウンドで同期を行ったりすることで、スマホ単体での通信量を大幅に超えてしまいます。

通信制限がかかってしまう

テザリングを行う際に主に利用されるのがLTEですが、UQモバイルが提供しているLTEでは、Sプランであれば月間2GB以上のデータ通信を行った場合、通信制限が行われてしまいます。

LTEは高速通信が売りのサービスですが、通信制限がかかってしまうと「300kbps」まで速度が減退してしまうため、ネットサーフィンでもページが開けない、遅いなどの問題が出てきます。

バッテリー消費が激しい

スマホ単体で通信する場合と異なり、他の端末の通信を仲介することになるため、バッテリー消費量が大きくなります。

テザリングには、通信速度が速い「Wi-Fiテザリング」、通信速度は遅いが省電力の「Bluetoothテザリング」、有線接続の「USBテザリング」の3種類がありますが、特にWi-Fiテザリングではバッテリーの消費量が大きいです。

Bluetoothテザリングは省電力だが、通信速度が遅い。USBテザリングは端末を同時に充電できるがパソコンでしか使えないなどテザリングの種類によってもメリットとデメリットが異なります。

テザリングとモバイルルーターの違い

外出先でインターネットを利用するための通信機器には、モバイルルーターがあります。モバイルルーターは「持ち運べるWi-Fiルーター」です。

据え置き型のWi-Fiルーターは、コンセントから供給されるAC電源で動き、光回線やADSL回線などを介してインターネットに接続します。これに対し、モバイルルーターはバッテリーで動作し、モバイルデータ通信を介してインターネットに接続する。

モバイルルーターはデータ通信の仲介に特化しており、単体では音声通話はもちろん、ウェブサイトの閲覧やアプリの追加はできません。そのため、別途スマホや携帯電話を持つ必要があります。

その代わりにバッテリーの持ちは良く、Wi-Fi接続で12時間、Bluetooth接続で24時間の連続通信時間をうたう製品もある。

一方のテザリングは、スマホやモバイル通信付きタブレットが持つ機能の1つです。本来はスマホやタブレットが利用するWi-FiやBluetoothなどを、アクセスポイントとして他の端末に開放するものです。

そのため、テザリングにするとモバイルルーターを持ち歩く必要はなくなります。しかし、長時間利用すると端末のバッテリーを大幅に消費してしまうのが難点でもあります。

UQモバイルのiphoneテザリング対応状況

UQモバイルの「iPhone 6s」「iPhone SE」は、テザリング可能です。

au端末iphoneのテザリング対応状況は以下です。

機種テザリング対応
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6 Plus
iPhone 6
iPhone 5s

テザリングの設定方法

Androidの設定方法

  • ホーム画面の「設定」を開きます。
  • 「ネットワーク設定」を開きます。
  • 「テザリングとアクセスポイント」を開きます。
  • 「Wi-Fiアクセスポイントを設定」を開いてネットワークSSID、パスワードを確認します。
  • パソコンやゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)側でネットワークSSID、パスワードを入力します。
  • 「テザリングとアクセスポイント」に戻って、「Wi-Fiテザリング」にチェックを入れると、テザリングが開始されます。

iPhoneの設定方法

  • ホーム画面の「設定」を開きます。
  • 「インターネット共有」を開きます。
  • 「インターネット共有」をONにします。
  • 「インターネット共有」のタブの下に表示されるネットワーク名、パスワードを確認します。
  • パソコンやゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)側でネットワーク名、パスワードを入力します。
  • テザリングで子機と接続された場合、ホーム画面の上部などで「インターネット共有中」と表示されます。

UQモバイルでテザリングに向いているプランは?

プラン月額料金データ容量
データ高速プラン980円3GB
データ高速+音声通話プラン1,680円3GB
データ無制限プラン1,980円無制限
データ無制限+音声通話プラン2,680円無制限
おしゃべりプランS2,980円(1年間は1,980円)1GB/月(2年間は2GB/月)
おしゃべりプランM3,980円(1年間は2,980円)3GB/月(2年間は6GB/月)
おしゃべりプランL5,980円(1年間は4,980円)7GB/月(2年間は14GB/月)
ぴったりプランS2,980円(1年間は1,980円)1GB/月(2年間は2GB/月)
ぴったりプランM3,980円(1年間は2,980円)3GB/月(2年間は6GB/月)
ぴったりプランL5,980円(1年間は4,980円)7GB/月(2年間は14GB/月)

テザリング利用時は普段スマホで利用する以上にデータ容量の消費が激しく、契約しているプランのデータ容量を一瞬で使い切ってしまう可能性もあるので注意が必要です。

テザリングの利用頻度が高い場合は、「データ無制限プラン」が最適です。データ無制限プランは、最大通信速度500kbpsでデータ通信が無制限に使えます。

月額の使用データ容量に制限がないメリットがありますが、通信速度は他のプランの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」「データ高速プラン」が受信最大225Mbpsに比べ、データ無制限プランは、受信最大500Kbpsと低速になっています。

通信速度は500Kbpsと制限はされますが、安定してこの速度が保たれる上、使いすぎてデータ容量の上限を超えてしまい急に速度が遅くなるといった心配のないプランとなっています。

また、データ無制限プランは、表向きは500kbpsとしていますが、実際に速度を計測してみると、800kbps前後の通信速度が出る場合もあります。

高速通信プランでのテザリングは?

プラン高速通信容量通信速度通信制限時
データ高速プラン3GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
受信最大200kbps
データ無制限プラン無制限受信最大500kbpsなし
おしゃべりプランS1GB/月(2年間は2GB/月)受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
受信最大300kbps
おしゃべりプランM3GB/月(2年間は6GB/月)受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
受信最大300kbps
おしゃべりプランL7GB/月(2年間は14GB/月)受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
受信最大300kbps
ぴったりプランS1GB/月(2年間は2GB/月)受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
受信最大300kbps
ぴったりプランM3GB/月(2年間は6GB/月)受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
受信最大300kbps
ぴったりプランL7GB/月(2年間は14GB/月)受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
受信最大300kbps

データ無制限プラン以外のプランでUQモバイルを利用している場合は「UQ mobile データチャージサイト」や「UQ mobile ポータルアプリ」から「ターボ機能をオフ」に設定し、高速データ容量の消費を抑えてからテザリングを利用するという方法もあります。

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の通信速度はデータ無制限プランより少し遅い最大300Kbpsになりますが、遅い代わりとしてデータ通信容量を減らさずにネットを使うことができます。データ高速プランは最大200kbpsと100kbps少ないです。