UQモバイルキャッシュバックキャンペーン情報

UQモバイルキャンペーンで最高額キャッシュバックされるのは正規代理店で、高額キャッシュバックに加えて、SIMカード発行手数料3240円と代引き手数料324円が無料になります。

正規代理店のUQモバイルキャッシュバック情報を参考にして下さい。

UQモバイル最高額キャッシュバック申込み案内はこちら

UQモバイルの機種変更は再契約の方が安い?

機種変更は、UQオンラインショップからお申込みいただけるようになりましたが、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」が契約から2年になる場合は再契約で端末セット契約して機種を購入するのが良いでしょう。

UQモバイルの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」などの通話定額プランは、契約から2年間は、特典が受けられ優遇されますが、2年を過ぎると特典が外れて、お得感がなくなります。

具体的には、イチキュッパ割で1年間は月額料金が1000円割引されます。これは1年間限定ですので、2年目からは1000円値上げとなります。

データ増量キャンペーンを実施しており契約から2年間はデータ容量が2倍となっており、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」のSプランが1GBのところ2GBに増量され、Mプランが3GBのところ6GBに増量され、Lプランが7GBのところ14GBに増量されます。

データ容量が2倍となるのは、2年間限定であり3年目以降はデータ容量が半分に減ります。

無料通話に関しては、「おしゃべりプラン」はS/M/Lともに5分以内の通話は何度でも無料は変化がありません。「ぴったりプラン」の無料通話時間はSプランが60分/月、Mプランが120分/月、Lプランが180分/月となっておりますが、これは契約から2年間限定ですので、3年目以降は、無料通話時間が半分に減ります。

このように、UQモバイルの通話定額プランは契約から1年間は安い料金で利用でき、契約から2年間はデータ容量が2倍や無料通話時間が2倍などで利用するメリットがあります。

逆に言えば、2年を過ぎてから使い続けるメリットが極端に少なくなるため、26ヶ月目の更新月1カ月間は解約が無料でできるので、その更新月に解約をし、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」などの通話定額プランを再契約するという方法も賢い選択です。

通話定額プランを3年目も4年目も使い続けて、機種変更をすることが可能ですが、再契約をすればイチキュッパ割で毎月1000円割引が1年間継続します。これは合計12000円も割引されることになります。

新規契約では、SIMパッケージ代金として、3,000円(税抜)が掛かるかもしれませんが、その4倍の12000円が割引されるので、再契約が間違いなくお得となるでしょう。

それに、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」はキャッシュバックキャンペーンを実施しています。Sプランで1万円の現金がキャッシュバックされることも考えれば、再契約がいかに安いか分かることでしょう。

データ容量

プランデータ容量
(1ヶ月目~25ヶ月目)
データ容量
(26ヶ月目以降)
おしゃべりプランS2GB1GB
おしゃべりプランM6GB3GB
おしゃべりプランL14GB7GB
ぴったりプランS2GB1GB
ぴったりプランM6GB3GB
ぴったりプランL14GB7GB

月額料金

プラン月額料金
(1ヶ月目~13ヶ月目)
月額料金
(14ヶ月目以降)
おしゃべりプランS1980円2980円
おしゃべりプランM2980円3980円
おしゃべりプランL4980円5980円
ぴったりプランS1980円2980円
ぴったりプランM2980円3980円
ぴったりプランL4980円5980円

無料通話

プラン無料通話
(1ヶ月目~25ヶ月目)
無料通話
(26ヶ月目以降)
おしゃべりプランS5分以内の通話何度でも無料5分以内の通話何度でも無料
おしゃべりプランM5分以内の通話何度でも無料5分以内の通話何度でも無料
おしゃべりプランL4980円5分以内の通話何度でも無料5分以内の通話何度でも無料
ぴったりプランS60分/月30分/月
ぴったりプランM120分/月60分/月
ぴったりプランL180分/月90分/月

仮に「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」などの通話定額プランを3年目以降も使うとなると、イチキュッパ割1000円割引なし、データ容量は増量なし、「ぴったりプラン」の無料通話時間は増量なしとなります。

待遇面は明らかに悪くなりますので、再契約のメリットは大きくなります。再契約のデメリットは、電話番号が変わるくらいです。新しく電話番号が変わると、みんなに教えたりしなければなりません。また、各サービスに会員登録している場合は電話番号の変更を行う手間が出てきます。

その辺の兼ね合いが問題ない場合は再契約をした方が良いでしょう。