UQモバイルキャッシュバックキャンペーン情報

UQモバイルキャンペーンで最高額キャッシュバックされるのは正規代理店で、高額キャッシュバックに加えて、SIMカード発行手数料3240円と代引き手数料324円が無料になります。

正規代理店のUQモバイルキャッシュバック情報を参考にして下さい。

UQmobileの企業とは?

UQmobileを運営する企業は、UQコミュニケーションズ株式会社です。

UQコミュニケーションズ株式会社は、KDDI株式会社が2005年6月に成功したWiMAX実証実験を元に、無線データ通信の事業化を目的として、2007年にワイヤレスブロードバンド企画株式会社(KDDI100%出資子会社)として設立されました。

無線データ通信のサービスは、2009年2月26日から「UQ WiMAX」サービス名称で試験サービスを開始し、同年7月1日から正式サービスとして提供を行いました。

そして2015年10月1日にはKDDIバリューイネイブラーを吸収合併し、au 4G LTEのMVNOであるUQ mobileと、MVNE事業とを運営しています。(沖縄県はUQモバイル沖縄が担当しています)。

UQコミュニケーションズ株式会社概要

社名UQコミュニケーションズ株式会社
(英文名称:UQ Communications Inc.)
代表者代表取締役社長 野坂 章雄
社員数463名
設立2007年8月29日
資本金および資本準備金1,420億円
事業所本社:東京都港区港南二丁目16番1号 品川イーストワンタワー
北海道支店、東北支店、中部支店、関西支店、中国支店、九州支店
主要株主KDDI株式会社
●東日本旅客鉄道株式会社
●京セラ株式会社
●株式会社大和証券グループ本社
●株式会社三菱東京UFJ銀行

経歴

〇2005年6月、KDDIは大阪府でWiMAX実証実験を行った。
〇2007年8月、この企業の前身となる「ワイヤレスブロードバンド企画株式会社」がKDDI100パーセント出資のもとで創設された。同年9月には第三者割当増資を受け、筆頭株主はKDDIであるが、インテル・JR東日本・京セラ等の大企業がこの企業の大株主に加わった。
〇2008年3月、現在の社名に変更。同年7月には電気通信事業者の登録が完了し、11月にはWiMAX無線免許を与えられた。
〇2009年2月、東京23区・神奈川県横浜市・神奈川県川崎市の3都市でWiMAX試験サービスを開始、同年7月に本サービスを開始した。
〇2013年10月、WiMAXの後継規格となるWiMAX2+のサービスを開始。
〇2014年8月、KDDIのMVNOを推進する企業として、KDDI100パーセント出資の子会社「KDDIバリューイネイブラー株式会社」が設立された。同年12月、KDDI本家(au)の回線を使用した格安SIMサービスの「UQモバイル」を開始。
〇2015年10月、KDDIバリューイネイブラーはUQコミュニケーションズに吸収合併される。

住所

〒108-0075
東京都港区港南二丁目16番1号

品川イーストワンタワー18階

●JR品川駅 港南口より徒歩1分
●京急品川駅 京浜急行改札口より徒歩3分

ACCESS MAP

CM

UQコミュニケーションズのCMは、深田恭子さん、多部未華子さん、永野芽郁さんが三姉妹役で、ピンク色のガチャピンが母親役、青色のムックが父親役で繰り広げる不思議な家族の日常を切り取ったおもしろいCMシリーズです。

今まで「電話する次女」「長女のひとり暮らし」「JKになる三女」「家族旅行」「ピンチの次女」「SNSのパパ」編など、非常に多くのCMがあります。「UQモバイル、だぞっ」でもお馴染みです。

大女優を起用して、新作CMを次々と出す事でUQモバイルの知名度はグングン伸びてきています。

UQモバイルの通信は、「ほぼau」

UQモバイルの親会社は、au(KDDI)です。UQモバイルは、auの通信経路とほぼ同じ通信経路で通信が行われています。そのため、auの回線と変わらない通信速度や品質が実現しています。

auと変わらない通信経路だからこそ、通信遅延はほぼなしで、1日中快適に使うことができるのです。

UQモバイルは、料金が格安SIMらしく安いながらに、ドコモ、ソフトバンク、auなどの大手キャリアと殆ど変わりのない通信速度を実現しています。

月額料金が安く通信速度も速いからこそ、格安SIMの中でもトップクラスの人気を誇っているのです。