UQモバイルキャンペーン比較

UQモバイルと楽天モバイル比較!どっちが通信速度や月額料金は得する?

UQモバイルと楽天プランデータ通信容量の比較

データ通信容量 データSIM/音声SIM UQモバイル 楽天モバイル
UQモバイル3GB
楽天モバイル3.1GB
データSIM 980円/月 900円/月
音声SIM 1680円/月 1600円/月
5GB データSIM 1450円/月
音声SIM 2150円/月
10GB データSIM 2260円/月
音声SIM 2960円/月
20GB データSIM 4050円/月
音声SIM 4750円/月
30GB データSIM 5450円/月
音声SIM 6150円/月

UQモバイルで大容量プランを選択するなら、「おしゃべりプランL」「ぴったりプランL」2年間最大14GBがありますが、通話定額プランのため、イチキュッパ割とスマトク割を併用して一番安い1年目でも月額4980円掛かります。

UQモバイルの通話定額プランは大容量プランを選択できるかもしれませんが、無料通話が不要な人にとっては割高となってしまいます。

すると、残るは「データ高速プラン」3GBしかありません。それに対して楽天モバイルは、3.1GB、5GB、10GB、20GB、30GBと選ぶことができます。

楽天モバイルの方が3.1GB〜30GBまでより細かなデータプランから選べるので多くの人のニーズに応えています。特に大容量と言われる10GB〜30GBのプランは高速でネットを大量に使いたい人には重宝するものでしょう。

UQモバイルの場合、動画を長く視聴したくても、大容量プランが存在しないので、無制限プランを選ぶしかありません。しかし、無制限プランは通信速度が500Kbpsと遅いデメリットがあり動画の画質を落とさなければなりません。

UQモバイルの無制限プランは、楽天モバイルの5GB、10GB、20GB、30GBのプランよりは速度が遅いため、画質の良い動画だとスムーズに視聴できない欠点があるのです。

そういう面は、大容量を豊富に用意している楽天モバイルの方が強いです。

UQモバイルと楽天モバイル通話定額プラン比較

携帯会社 楽天モバイル UQモバイル UQモバイル
プラン名 スーパーホーダイプランS おしゃべりプランS ぴったりプランS
基本使用料 1980円/月 1980円/月
(2年目以降2980円)
1980円/月
(2年目以降2980円)
データ定額 2GB/月 2年間は2GB/月
3年目以降は1GB/月
2年間は2GB/月
3年目以降は1GB/月
国内通話料 1回5分以内通話無料
5分超過後は10円/30秒
5分以内かけ放題
5分を超過後は20円/30秒
無料通話60分
60分を超過後は20円/30秒
合計 1980/月
2年目以降は2980円/月
ダイヤモンド会員で1年目1480円/月
1980円/月
2年目以降は2980円/月
1980円/月
2年目以降は2980円/月

月額基本料

楽天モバイルは、楽天会員であれば1年目は1980円で使えます。また、ダイヤモンド会員であれば月額1480円になります。

ダイヤモンド会員割適用の仕組み

楽天会員ランクは毎月判定され、毎月2日0時までに更新されます。毎月の会員ランクにより、ダイヤモンド割対象かどうかが確定します。

ダイヤモンド会員になるためには、下記3つの条件が必要です。

  • ポイント獲得数6カ月で4000ポイント
  • ポイント獲得回数6カ月で30回
  • 楽天カード保有

ダイヤモンド会員になるには、楽天カードで買い物をして使わなければならないので、あまりクレジットカードを使わない人にとっては現実的ではありませんので、楽天会員適用時の料金で考えると良いでしょう。

データ通信

UQモバイルは、2年間はデータ通信容量2倍キャンペーンを実施しており、「Sプラン」は基本は1GBであるものの、新規契約・乗り換え契約から2年間は2倍の2GBとなります。

しかしながら、3年目以降は1GBに減らされてしまいます。

それに対して楽天モバイルは、2GBが継続するので、3年目以降もずっと変わることはありません。3年目以降も使い続けた場合は楽天モバイルの方がデータ容量は変わらないので軍配が上がります。

通話

5分以内の国内通話がかけ放題という点においては、両社ともに変わりません。

楽天モバイルでは、5分以降10円/30秒とUQモバイルの提示している20円/30秒より安い通話料になっております。これは、楽天でんわアプリを使っての通話料です。

「楽天でんわ」とは、楽天株式会社が提供する通話料節約アプリですが、AndroidでもiOSでも使用可能です。初期費用・月額利用料などは一切かかりません。

「楽天モバイル」の契約者以外でも問題なく使用できますので、UQモバイルユーザーもスマホにインストールして使うことができます。

ですから、通話料に差はありません。

通話定額

1回5分以内通話無料という点は両社ともありますが、UQモバイルにはもう一つ「ぴったりプラン」があり、毎月固定の無料通話時間が付与されます。

これは楽天モバイルにはないプランで、5分以内何度でも無料しか選択できます。5分以上の長電話する場合は、10円/30秒単位でお金が掛かります。

データ通信量をかんたん確認&節約

楽天モバイルであれば楽天SIMアプリ、UQモバイルであればUQ mobile ポータルアプリでデータ通信残量を確認できて、高速通信と低速通信の切り替えが可能です。

この辺は、差がありません。

データ繰り越し

楽天モバイルもUQモバイルもデータ繰り越しサービスがあり、余ったデータ容量は翌月に繰り越し可能です。

どちらも、繰り越せる高速データ通信容量の上限は当月に付与された高速データ通信容量を上限として、翌月に繰り越すことができます。繰り越せる期限は1ヶ月となっています。その月に余ったデータ通信量は、その次の月で全て消費しないとなくなってしまうということになります。

プラン変更

UQモバイルのプラン変更は、「my UQ mobile」からお申し込みいただけます。音声付きプランから他の音声付きプランへの変更や、データ専用プランから他のデータ専用プランへの変更は、ご契約期間に関わらず何度でもお申し込みいただけます。

楽天モバイルのプラン変更は楽天モバイルがお手元に届いた翌日以降、メンバーズステーションからお手続きいただけます。

楽天はプラン変更について、以下の点について注意があります。

  • お申し込みは1カ月に1回のみとなります。
  • お手続きに手数料はかかりません。
  • 毎月1日0時~25日23時59分までにプラン変更にお申し込みいただくと、翌月1日に新プランが適用となります。
  • お申し込み完了後も、予約取り消しボタンが表示されている間はキャンセル可能です。

楽天モバイルでもプランの変更は月に1回のみになっています。月に2回以上の変更はできません。この点は何回でも変更できるUQモバイルの圧勝でしょう。

また、毎月1日0時~25日23時59分までにプラン変更と期間も定められています。UQモバイルはいつでも変更可能ですので、差が生じています。

かけ放題

楽天でんわのかけ放題は、「楽天でんわアプリ」を使用して発信するか、音声通話の発信時に「003768」を通話番号の先頭にお付けいただくことでご利用いただけます。電話回線を使っているから通話が途切れず、電話番号もそのままです。

何分でも、何度かけてもかけ放題を月額2380円を追加支払いすることで使えます。

UQモバイルには、かけ放題サービスがありませんので、1回の通話が長い方や通話回数が多い方には向きません。

メールアドレス

楽天モバイルには無料オプションとして楽天メールというものがあります。これは、キャリアメールアドレスと同じように、楽天モバイルが用意しているメールアドレスになります。

メールアドレスは「~@rakuten.jp」になり、ドコモなどのキャリアメールと同じように、楽天メールを使うことができます。

UQモバイルは、有料オプションにメールサービスがあります。月額200円を支払うことで「○○○○@uqmobile.jp」のメールアドレスが提供されます。

両社ともにキャリアメールとして使えますが、楽天モバイルは無料で利用できるのに対して、UQモバイルは月額200円掛かります。お金の掛からない楽天モバイルが優勢となります。

店舗数の比較

UQモバイルは、取り扱い店舗数が2700を超えてきており、非常に多くの店舗で取り扱われていることから、遠くに足を運ばずとも契約が可能です。

一方、楽天モバイルの場合も楽天モバイルショップといった、楽天モバイル専門の店舗は存在するものの、店舗数的にはUQモバイルには及ばないといった状況です。

公衆無線LANサービス

Wi2 300 for UQ mobileという公衆無線LANサービスは、UQ mobileご契約者様なら無料でご利用いただけます。

楽天モバイルの場合、全国各地にある公衆無線LANサービスを利用するには月額362円支払わなければなりません。BBモバイルポイントとWi-FiスクエアWi2 300、この2つの事業者が提供しているアクセスポイントは有料となります。

無料で使えるUQモバイルの方がお得でしょう。UQモバイルでこういった優れたサービスを無料で提供、WiMAXのサービスを提供するUQコミュニケーションズが取り扱う会社であるからと言えるでしょう。

[sanko href=”https://uqmobile-sim.jp/1141.html” target=”_blank” title=”UQモバイルとワイモバイル速度比較”]

UQモバイルと楽天モバイル通信速度比較

単位Mbps UQ 楽天モバイル
0時台 50.32 21.79
1時台 54.49 22.30
2時台 47.50 23.01
3時台 50.00 10.58
4時台 42.10 11.39
5時台 42.47 11.90
6時台 42.65 14.54
7時台 40.19 22.67
8時台 47.30 13.51
9時台 40.86 17.25
10時台 44.32 13.07
11時台 45.98 18.21
12時台 39.83 4.27
13時台 51.64 13.58
14時台 38.03 12.87
15時台 49.32 13.17
16時台 47.89 24.29
17時台 56.89 24.81
18時台 44.87 6.37
19時台 50.65 6.60
20時台 44.60 18.62
21時台 50.00 24.14
22時台 55.84 23.68
23時台 37.61 29.70

全時間帯においてUQモバイルが圧勝であることが分かります。2倍3倍の速度は当たり前で、時間帯によっては5倍の差が開いています。

特に昼の時間帯、帰宅する18時~19時の時間帯は、楽天モバイルが1ケタ台まで落ちて遅いことが分かります。そういった時間帯でもUQモバイルは高速通信を安定させています。

通話定額プランや3GBのデータ高速プランなどでは、月額料金に大きな差はありませんが、通信速度で一気に差が開いています。

スマホはネットを主流として使うものですので、通信速度が速いか遅いかというのは極めて重要な指標となります。

速度に関しては、UQモバイルのの方が断然に速く、24時間常に安定した高速通信を保ってくれます。速度重視なら完全にUQモバイルを推奨します。

低速通信時

通信状態 UQモバイル 楽天モバイル
高速通信 受信最大225Mbps 受信最大225Mbps
低速通信 受信最大300Kbps 受信最大1Mbps

 楽天モバイルの「スーパーホーダイ」は速度制限時にも最大1Mbpsという、他のサービスより高速に利用できるのが特徴があります。

速度制限時は原則として、上下最大1Mbps(理論値)で利用可能だが、通信が混み合う時間帯(12時~13時と18時~19時)は最大300kbpsに制限されます。

 月間容量を消費する高速通信と、最大1Mbpsの低速通信は、「楽天モバイル SIMアプリ」から任意のタイミングで切り替えることができます。

UQモバイルは、高速通信と低速通信の切り替えをすることで、高速通信が必要ないときはデータ容量を消費せず節約することができます。切り替えはデータチャージサイトからいつでも簡単に行うことができます。

しかしながら、UQモバイルの低速通信は受信最大300Kbpsと楽天の低速通信時の1/3の速度です。(1Mbps = 1000kbps )

速度制限

楽天モバイルは、2017年3月1日より、3.1GB/5GB/10GB/20GB/30GB/コミコミプランで過去3日間のデータ使用量の合計が既定量を超えた際に設定されていた、3日間の通信速度制限を撤廃いたしました。

UQモバイルは、はい、0~24時までを1日とし、前日までの直近3日間の通信量が「6GB」を超えている場合はネットワークの品質および利用の公平性確保を目的に、通信速度の制限を行います。

基本データ容量を使い切った場合は、最大受信速度「200kbps」に制限されます。(「ぴったりプラン」、「おしゃべりプラン」の場合は受信速度が最大300kbpsに制限されます)

一応は、UQモバイルは速度制限あり、楽天モバイルは速度制限なしという差があります。3日で6GB以上の通信容量を使わない人には関係ありませんので、速度制限がネックになる人は少ないでしょう。

最低利用期間

楽天モバイルのスーパーホーダイの最低利用期間は開通月を1カ月目として12カ月目までとなります。12カ月目以内に楽天モバイルを解約の場合、契約解除料9,800円(税別)が発生します。長期優待ボーナスにて最低利用期間2年・3年をお選びの方は、該当の契約条件に従って契約解除料が発生します。

【2年の方】12カ月目以内:19,800円、13カ月目~24カ月目以内:9,800円【3年の方】12カ月目以内:29,800円、13カ月目~24カ月目以内:19,800円、25カ月目~36カ月目以内:9,800円。

「スーパーホーダイ」の最低契約期間は1年間ですが、任意で2年または3年の最低契約期間を選択できます。2年・3年契約を選択すると、期間に応じた還元が受けられます。

還元額は2年契約の場合は1万円、3年契約では2万円。端末とのセット契約であれば、購入時に割引として利用できる。SIMカード単体の契約や、端末購入額が還元額を下回った場合は、楽天スーパーポイントで還元されます。

契約解除料は、残り期間が1年以内なら9800円、2年以内なら1万9800円、3年以内なら2万9800円と、段階的に減額される仕組み。契約の自動更新はなく、最低契約期間を過ぎれば任意のタイミングで解除料なしで解約できます。

UQモバイルの「ぴったりプラン」、「おしゃべりプラン」については、2年間の契約期間があります。契約期間は課金開始日を含む月を1ヶ月目として、25ヵ月目の月末までを契約期間とします。(25ヵ月目を「契約満了月」、翌月を「更新月」といいます)。更新月に解約のお申し出がない場合、更に24ヶ月間の契約として自動更新となります。

最低利用期間内に解約される場合、または更新月以外にご解約される場合は、契約解除料9,500円(税抜)を申し受けております。

同じ5分以内通話料無料の「スーパーホーダイ」と「おしゃべりプラン」ですが、楽天モバイルは最低利用期間1年で自動更新なし、UQモバイルは最低利用期間2年で自動更新ありとの差があります。

契約期間の縛りや、無料で解約できる更新月が1ヶ月しかないUQモバイルの方が不自由度は高いと言えます。