UQモバイルキャッシュバックキャンペーン情報

UQモバイルキャンペーンで最高額キャッシュバックされるのは正規代理店で、高額キャッシュバックに加えて、SIMカード発行手数料3240円と代引き手数料324円が無料になります。

正規代理店のUQモバイルキャッシュバック情報を参考にして下さい。

UQモバイル最高額キャッシュバック申込み案内はこちら

ドコモからUQモバイルへの乗り換えはお得?

ドコモからUQモバイルへ乗り換えると、同じ条件プランで比較すると月額料金が1年目は3520円安くなり、2年目以降は2520円安くなりますので、お得となります。

UQモバイルは格安SIMという位置づけで、速度が遅かったり、電波が悪い、などのイメージがある方もいらっしゃるかと思いますが、速度はキャリア並みに速いし、電波も山間部などを除いては安定して途切れることはありません。

ドコモの電波や速度とプラン内容が変わりがない中で月額料金が半額以下に抑えられるので、節約の点ではUQモバイルに乗り換える意味は大きいです。

ドコモの月額料金

ドコモのスマートフォン向け最安プランはカケホーダイライトプラン月額5500円となります。こちらのプランがUQモバイルの「おしゃべりプラン」と似た内容となっております。

カケホーダイライトプランは、通話が少なくデータ通信が多い方向けのプランです。

カケホーダイライトプランを、ご契約の場合は、セットでパケットパックの契約が必要となります。インターネットをご利用いただくためには、spモード(300円/月)などのご契約が必要となります。

ご利用料金

月額基本使用料2年定期契約あり1700円
2年定期契約なし3200円
国内通話料ドコモ携帯電話宛5分以内:無料
5分超過分:20円(21.6円)/30秒
他社携帯電話
固定電話宛など
データ通信料パケットパック加入データ通信利用量に合わせてパケットパックからお選びください
SMS送信料SMS(国内)3円(3.24円)/回~、受信 無料
国際SMS50円/回~、受信 無料

基本的な料金構成

カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)を選択した場合の、料金のしくみの概念図となります。基本プラン、パケットパック、インターネット接続サービスで構成されます。

データ通信時に必要となるパケットパックの料金一覧

パケットパックはお客さまのデータ通信利用量に合わせてお選びいただけます。

パケットパック月額定額料月額合計
ウルトラデータLLパック(30GB) 8000円10000円
ウルトラデータLパック(20GB) 6000円8000円
データMパック(標準)(5GB) 5000円7000円
データSパック(小容量)(2GB) 3500円5500円

UQモバイルとドコモの月額料金プラン比較

携帯会社ドコモUQモバイルUQモバイル
プラン名カケホーダイライトプランおしゃべりプランSぴったりプランS
基本使用料1700円/月1980円/月
(2年目以降2980円)
1980円/月
(2年目以降2980円)
ウェブ使用料300円/月基本使用料に含む基本使用料に含む
データ定額データSパック
3500円/月(2GB)
基本使用料に含む
2年間は2GB/月
3年目以降は1GB/月
基本使用料に含む
2年間は2GB/月
3年目以降は1GB/月
国内通話料1回5分以内通話無料
5分超過後は20円/30秒
5分以内かけ放題
5分を超過後は20円/30秒
無料通話60分
60分を超過後は20円/30秒
合計5500円/月1980円/月
2年目以降は2980円/月
1980円/月
2年目以降は2980円/月

ドコモのスマートフォン向け最安プランはカケホーダイライトプラン月額5500円となります。

2年契約という条件で月額基本使用料1,700円と安くなります。2年定期契約なしですと、縛られない代わり月額基本使用料が3,200円と高くなります。1500円も高くなりますので、月額7000円となってしまいます。

今回は、UQモバイルの「おしゃべりプラン」が一番近いプランとなり2年契約となりますので、月額基本使用料1,700円で月額5500円の方で比較していきます。

まず、5分以内の通話が何度でも無料という点は、ドコモとUQモバイルは共通です。5分超過分は、20円/30秒となる通話料も同じです。

利用可能データ容量は、ドコモはデータSパック(小容量)(2GB)となっており固定ですので、1年目2年目3年目以降と変わることはありません。

UQモバイルの「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」は、データ増量キャンペーンで最初の2年間はデータ通信容量2倍となっており、月間基本データ容量は1GBですが、2年間は2GBとなっております。

このデータ容量で差が出ており、UQモバイルは2年間限定で2GBです。3年目以降は1GBと半分に減ります。対してドコモは3年目以降も2GBと変わりません。3年目以降に不利となるのはUQモバイルです。あくまでも2年間限定で使い更新月に乗り換えるのであればUQモバイルとドコモ同等となります。

月額料金は、1年目はUQモバイルの「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」がスマトク割1000円割引とイチキュッパ割1000円割引で月額1980円となります。ドコモは、基本使用料2年契約1700円+データSパック(2GB)3500円+インターネット接続サービス300円=月額5500円となっておりUQモバイルの方が3520円安くなっております。

2年目以降は、UQモバイルの「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」がスマトク割1000円割引のみとなり月額2980円となります。ドコモは月額5500円と変わりませんので、UQモバイルの方が2520円安くなります。

UQモバイルの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」は、「イチキュッパ割」という割引特典があり、ご利用開始月から13ヶ月間、基本料金から1,000円割引され月額基本料金を安くできます。

また、2年間はスマトク割1000円割引、3年目以降は長期割引と名前を変えて1000円割引は継続されるので、「Sプラン」であれば本来は月額3980円のところ月額2980円を維持した状態で推移します。

こうした、「イチキュッパ割」「スマトク割(長期割引」という割引サービスがあるUQモバイルは、ドコモの月額料金と圧倒的大差をつけることができています。

似たようなプラン内容であれば、倍以上の差が開いていますので、お金だけで考えればUQモバイルの方がお得となります。

ドコモはUQモバイルのように、2年目、3年目以降と月額5500円に変わりはありませんが、元々が5500円と高めの料金となっているので、月額料金が値上げされないメリットは少ないです。

それに対して、UQモバイルは、2年目以降にイチキュッパ割が外れて1000円値上げされるデメリットがあるかもしれませんが、元々Sプランであれば月額1980円と安いため、値上げしても月額2980円と許容範囲の料金です。ドコモの月額5500円と比較すると2520円も安い状態ですので、2年目以降も優位性は変わらないでしょう。

総合判断としては、2年間はUQモバイルの圧勝で、3年目以降は月額料金こそUQモバイルがまだまだ安いもののデータ増量キャンペーンが外れて月間1GBに減らされるので、月間2GB近く使う人にとっては、チャージしたり節約したりと不便を強いられる形となるので不利な状況は生まれます。

それは、2年間で乗り換えを前提として使うならUQモバイルの安さは魅力的なものであり、1年目のイチキュッパ割や2年間のデータ2倍などの特典でお得に使うことができるでしょう。

2年間でどれくらい料金は違う?

UQモバイルの「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」

月額1,980円×12ヶ月=23,760円月額2,980円×12ヶ月=35,760円
23,760円+35,760円=59,520円÷24ヶ月(2年間)=月額2,480円
月額2480円×24ヶ月=59520円

UQモバイルは、2年間合計で59520円

ドコモのカケホーダイライトプラン

月額5500円×24ヶ月=132000円

ドコモは2年間合計で132000円

UQモバイルが圧倒的に安い

UQモバイルの「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」とドコモのカケホーダイライトプランは、2年契約です。2年間の合計額は、

ドコモ132000円-UQモバイル59520円=72480円

72480円もの差が2年間で開いてしまいます。
更に、UQモバイルの家族割を使えば、子回線は毎月500円割引できます。

月額500円×24ヶ月=12000円

UQモバイルの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」に家族2人以上で契約すれば、家族2人のうち1人は子回線となり毎月500円割引され2年間で12000円もお得です。

先ほどのドコモとUQモバイルの差であった、72480円+家族割12000円=84480円

84480円も差が開いてしまいます。UQモバイルに家族で乗り換えるメリットが大きいことが分かります。

UQモバイルとドコモの速度比較

単位MbpsUQドコモ
0時台50.3238.34
1時台54.4925.39
2時台47.5022.25
3時台50.0031.81
4時台42.1032.03
5時台42.4729.23
6時台42.6516.32
7時台40.1923.12
8時台47.3031.10
9時台40.8631.19
10時台44.3230.00
11時台45.9827.30
12時台39.8326.78
13時台51.6437.31
14時台38.0319.57
15時台49.3230.29
16時台47.8937.18
17時台56.8924.05
18時台44.8726.91
19時台50.6529.50
20時台44.6023.64
21時台50.0017.34
22時台55.8432.03
23時台37.6136.49

UQモバイルの通信速度が全時間帯を通してドコモに引けを取らない実力が分かります。殆どの時間帯においてUQモバイルはdocomoよりも速度が速いです。

月額料金が倍以上違う中で、全体の時間で速度がUQモバイルの方が優位であれば、ドコモを継続する意味を見失うでしょう。

UQモバイルは、もともと格安SIMでは断トツに速度が速いです。MVNOの中ではトップクラスの通信速度を誇っており、その実力はキャリアであるドコモすら凌駕する実力です。

格安SIMは料金が安いから、きっとその分に通信速度がキャリアよりも遅くて使い物にならないというのは間違いで、格安SIMの中でもUQモバイルの様な通信品質が良いMVNOを選ぶことで、キャリアと変わらない速度を保てます。また、キャリアよりも速い時間帯も多数存在しており、UQモバイルを選ぶメリットは大きいです。

ドコモ回線のSIMは、12時台は各社ともに速度が著しく低下するので、お昼の時間帯は速度が遅くなり不便となりますが、UQモバイルは、お昼の時間でも速度が落ちることなく安定した高速通信を保っています。

ドコモやドコモ系格安SIMに昼の休憩時間帯はUQモバイルが勝っている状況ということになります。ドコモとドコモ系格安SIMを比べたら本家であるドコモの方が昼の速度が速いですが、そのドコモよりもUQモバイルは12時台は速い状況なので、UQモバイルがいかにお得であるかを伺いしることができるでしょう。