SMSとは?

SMSとは、「Short Message Service」の略で、携帯電話同士で電話番号を宛先にして短いテキストをやり取りするサービスです。

簡単な文章のみの場合や相手先の携帯電話番号は知っているといった場合に利用すると便利です。

もともとは同じ携帯電話会社同士でなければ使えませんでしたが、2011年7月から相手の携帯電話会社が違っても、送り先の電話番号さえ分かればSMSのやりとりができるようになりました。UQモバイルの携帯電話同士だけでなく、他社携帯ともメッセージのやり取りができます。

NTTドコモやau、ソフトバンクが提供するキャリアメールやGmailのようなEメールがインターネットを介して送受信されるのとは違い、SMSは音声通話回線を用いてメッセージのやり取りを行うのが特徴です。

日本の各キャリアではそれぞれが別のサービス名を用いており、ドコモではショートメール(ショートメッセージサービス)、auではCメール、SoftBankではSMSと呼びサービスを提供しています。

Eメールとの違いは?

Eメールは、文字、画像、ムービーを送受信できるサービスです。

Eメールアドレスを知っている場合や画像のやり取りを伴う場合に利用すると便利です。

EメールとSMSの一番の違いは宛先です。Eメールを送信する際には通常、メールアドレスが必要になります。それに対して、SMSの宛先は電話番号になります。

したがって、相手のメールアドレスを知らなくても送ることができます。

これがSMSの最大のメリットです。相手のメールアドレスは知らなくても、メールを送りたいという時にSMSが便利です。

送信先として指定可能な範囲にも多少差があります。Eメールは同じキャリアの携帯電話、違うキャリアの携帯電話、PHS、パソコン用アドレス等に送信することができます。

それに対して、SMSは同じキャリアの携帯電話、違うキャリアの携帯電話、PHSには送信可能ですが、パソコン用メールアドレスへの送信は不可です。

送信できる文字数にも違いがあります。Eメールの文字数制限は実質的には無制限です。添付ファイルを付けない限りは、長い文章を書いても送信可能です。また、容量の範囲内ならば画像や動画、テキストファイルなどを付けられます。

それに対してSMSでは文字数に上限があります。上限はキャリアによって多少異なりますが、ソフトバンクのSMSの場合は70文字、auの場合は全角70文字or半角160文字、ドコモの場合は70文字となっています。

そのため、長いメールをやり取りするのには向いておりません。

SMSとEメールの共通点

  • 双方向でのやりとりが出来る
  • お互いに送信先を知っている必要がある

SMSのメリット

携帯電話番号をメールアドレスの代わりにするため、メールアドレスを知らない相手ともやりとりすることができるというメリットがあります。

  • 開封率が高い
  • 携帯キャリアが変わっても電話番号が変わらなければ送ることが出来る
  • 特に設定が必要ない

Eメールのメリット

  • アドレスは自由に設定ができる
  • 送信サーバーがあれば自由に配信ができる

SMSのデメリット

  • 1通あたりの送信にお金がかかる
  • 送信できる容量に限りがある
  • 写真は添付できない

Eメールのデメリット

  • 開封率が低い
  • MNPをした場合、必ず変更をしなくてはならない

UQモバイルでSMSを使う意味はある?

UQモバイルでは、「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」といったキャリアメールを利用するには月額200円を支払うオプションに加入しなければなりません。

月額200円を支払うことで「○○○○@uqmobile.jp」のメールアドレスが提供されます。しかし、月額料金にプラス200円支払ってまでキャリアメールは必要ない方もいます。

そういった方たちは、GmailやiCloudメールやYahooメールといった無料のウェブメールを利用します。

ところが、メールの送信先がキャリアメールの場合、PCやウェブメールからの受信ができない設定になっていることがあります。

PCメールから、キャリアメールへメールを送信した場合、キャリアメールの初期設定では、PCメールは迷惑メールと識別されてしまい、相手にきちんとメールが届かない可能性が出てくるのです。

キャリアメールでPCメールを100%確実に受け取るためには、キャリアメールのユーザー側で「受信設定」をする必要があります。

そうした時には、SMSを使ってメッセージを送信することで確実に相手にメールを届けることができます。

SMSはメールアドレスではなく、電話番号を宛先にします。そのため、 電話連絡をとっている相手であれば、PCのアドレスを聞くことなく携帯端末で連絡を取り合うことが可能です。

SMSは、1通70文字までであれば3円で送信できます。キャリアメールのオプションは月額200円ですので、そんなに何回も送信しないのであれば使った分だけ支払うSMSで十分と言えるでしょう。


スポンサードリンク


UQモバイルでSMSを使うのに申し込みや月額料金は?

UQモバイルでは、SMSを申し込み不要で使えます。SMSは無料で提供されておりますので、送受信する以外はお金が掛かりません。

UQモバイルのSMSに送信制限はある?

UQモバイルのSMSは、1日無制限で何度でも送信できるわけではありません。200通/日の制限があります。

現実的に、1日200通も送信することはないので、この上限は問題ないでしょう。

SMS仕様一覧

送信可能な相手当社携帯電話・国内/海外他社携帯電話・PHS
送信可能な文字数:半角文字最大160文字
送信可能な文字数:全角文字最大70文字
メッセージ保持期間最大72時間
・相手が圏外や電源OFFでもメッセージをお預かりします。
・お預かり後は相手先へのメッセージを繰り返しお送りします。
送信可能上限数200通/日
国内SMS送信料3円~/通
国際SMS送信料100円/通(免税)
海外SMS送信料100円/通(免税)
受信料無料

国内SMS送信料3円~/通1通は、全角70文字までの料金です。71文字以上の料金はこちらになります。

送信文字数送信料(税抜)
1~70 文字(半角英数字のみの場合 1~160 文字) 3円
71~134 文字(半角英数字のみの場合 161~306 文字)6円
135~201 文字(半角英数字のみの場合 307~459 文字)9円
202~268 文字(半角英数字のみの場合 460~612 文字)12円
269~335 文字(半角英数字のみの場合 613~765 文字)15円
336~402 文字(半角英数字のみの場合 766~918 文字)18円
403~469 文字(半角英数字のみの場合 919~1071 文字)21円
470~536 文字(半角英数字のみの場合 1072~1224 文字)24円
537~603 文字(半角英数字のみの場合 1225~1377 文字) 27円
604~670 文字(半角英数字のみの場合 1378~1530 文字)30円

UQモバイルは2017年5月26日、SMSの送信において、一度に送信可能な文字数の上限を拡大しました。

これまで、全角最大70文字(半角のみ160文字)が1回で送信できる上限の文字数でしたが、新たに全角最大670文字(半角のみ1530文字)の長文メッセージを送ることができるようになりました。

71文字以上のSMSの送信についてはauおよびau回線を利用したMVNOサービス宛で利用可能です。また、長文のSMSの受信はUQスマホおよび携帯電話で可能。送信文字数に合わせた送信料がかかります。

SMS 国内他事業者ブロック機能

UQモバイル及びau以外の国内他事業者の利用者から送信されたSMSの受信を拒否します。初期は受信する設定になっています。

キャリアメールほど迷惑メールは来ませんが、稀に事業者から怪しいメッセージを受信する場合があります。迷惑メールはSMS受信を拒否設定できます。

初期設定では、受信する設定になっているので、UQモバイルとau以外の国内事業者からのSMSの受信を拒否したい場合は、ブロック機能を有効に設定しましょう。ブロック機能の設定や確認にかかる送信料は、無料です。

有効解除設定確認
SMS 本文に「有効」と入力し、
090-4444-0013へ送信
SMS 本文に「解除」と入力し、
090-4444-0014へ送信
SMS 本文に「確認」と入力し、
090-4444-0015へ送信

SMS 海外事業者ブロック機能

海外事業者の利用者から送信されたSMSの受信を拒否します。初期は受信する設定になっています。

有効解除設定確認
SMS 本文に「有効」と入力し、
090-4444-0016へ送信
SMS 本文に「解除」と入力し、
090-4444-0017へ送信
SMS 本文に「確認」と入力し、
090-4444-0018へ送信

iPhoneでSMSを送信する場合

iPhoneでSMSを送信する場合、メッセージアプリの設定を推奨いたします。

ホーム画面>設定>メッセージ>の順番に画面をタップしてください。画面をスクロールすると「MMSメールアドレス」の欄がございますので、任意の文字列(1234など)を入力して、アプリの初期設定は完了です。

UQモバイルでSMSを送信する方法

iPhone では「メッセージ」アプリで、Android では「ハングアウト」といったアプリでSMSの送受信が行えるようになっています。

携帯電話とは異なり、チャットのような画面でのやり取りが可能です。

写真やファイルの添付はできませんが、端末側が対応していれば、絵文字などを使ってメッセージを彩ることができます。


スポンサードリンク


ハングアウトでSMSを利用する方法

Android端末の場合は、UQモバイルのSMSを使うための設定が特に必要ありません。スマートフォンに最初から入っている、SMSを送受信できるアプリからすぐに使い始められます。

「ハングアウト」や「メッセージ」などを利用してSMS送信しましょう。

  • ハングアウトのアプリをタップする
  • 「+」をタップする
  • 相手の電話番号を入力
  • 本文にメッセージを入力
  • 送信する

メッセージアプリでSMSを利用する方法

iPhoneでは「メッセージアプリ」があります。メッセージアプリは、iPhone同士だとiMessageを使ってメッセージのやり取りができます。相手がAndroidの場合は、iMessageではなく、SMSやMMSを使ってメッセージのやり取りができます。

相手がiPhoneの場合、宛先を入力すると、本文入力欄に「iMessage」と表示されます。相手がAndroidの場合、宛先を入力すると、本文入力欄に「SMS/MMS」と表示されます。

SMSのメリット

LINEやモバゲーなどのSMS認証に利用できる

LINEは、本人確認のために「SMS認証」方式です。「SMS認証」とは携帯電話の番号を使って個人を認証するもので、不正な利用を防止するために有効です。アメーバピグやポイントサイト、GREEやモバゲーなどもSMS認証が採用されています。

その他、クラウドサービスの「Dropbox」「Gmail」でも、アカウントとパスワードの組み合わせだけでは試行を繰り返すことで破られてしまう危険性があり、その回避のためにSMS認証の仕組みでセキュリティを高める仕組みが採用されています。

Twitter、Evernote、といったオンラインサービスでは、通常のパスワードに加え、サービス側からSMSで送られてくるワンタイムパスワードの入力が必要な2段階認証を設定できます。

SMS機能はセキュリティーの面からも便利な機能で認証のためだけでなく、安全性も考えればSMS機能は必須なものです。

メールの到達率が高い

電話番号は、メールアドレスと違い変更されることが少ないため、宛先不明による未達が少ないです。

また、SMS送信サービスでは、キャリア標準のフィルタリングサービスを通過することを保証していることも多く、ブロックによる未達がほとんどありません。

携帯番号のみで送受信可能

メールアドレスや住所やLINEのIDといった情報がなくても、電話番号の情報のみでサービスの利用が可能です。

相手の電話番号しか知らない場合でも、電話番号を利用してSMSを送信することができます。また、相手がLINEなどのアプリを利用していない場合、SMSのメッセージが役に立ちます。

ガラケーにメール送信する時

スマホの普及率は高くなり、今の若者は殆どスマホを使っていることでしょう。それでも年配の方は、スマホの操作に慣れなかったり、格安SIMの仕組みがイマイチ分からず契約に踏み切れずガラケーを使っていたりします。

そういう人達と連絡を取りたい場合は、キャリアメールか電話となります。UQモバイルのキャリアメールは月額200円と有料オプションとなっていますので、無料で提供されているSMSが重宝してくるでしょう。

UQモバイルでSMS送信できない時の対処法(iphoneの場合)

プロファイルを削除して再度インストールする

iPhoneのプロファイルが古い場合、SMSが送信できない場合があります。

設定>一般>プロファイルを進み、プロファイルを削除します。

iPhone 6/6 Plus/6s/6s Plus/SE用のプロファイル
UQモバイル用のPhone5s用のプロファイル

古いプロファイルを削除したら、利用しているiPhoneのプロファイルを新しくインストールしていきます。

iPhone 5/5s/5cの場合

  • プロファイルのインストールはインターネット経由でおこないます。Wi-Fiなどに接続してから行います。一番最初にiPhoneのAPN設定はアプリをインストールするので必ずWi-Fi環境が必須となります。
  • ご利用される端末から、ブラウザ(safari)で以下のURLにアクセスしてください。

    http://www.uqwimax.jp/support/mobile/guide/apn/UQmobile.mobileconfig

  • プロファイルをインストールする画面が開きますので、「インストール」をタップしてください。

    ※警告画面が開きます、「インストール」をタップしてください。

  • パスコードが設定されている場合、パスコードの入力が必要となります。お手持ちの端末で設定しているパスコードをご入力ください。
  • インストール完了の画面が開きましたら、「完了」をタップして画面を閉じてください。

iPhone 6/6 Plus/6s/6s Plus/SE

  • プロファイルのインストールはインターネット経由でおこないます。Wi-Fiなどに接続してからおこなってください
  • ご利用される端末から、ブラウザ(safari)で以下のURLにアクセスしてください。
    http://www.uqwimax.jp/support/mobile/guide/apn/UQmobile_2.0.mobileconfig
  • プロファイルをインストールする画面が開きますので、「インストール」をタップしてください。

    ※警告画面が開きます、「インストール」をタップしてください。

  • パスコードが設定されている場合、パスコードの入力が必要となります。お手持ちの端末で設定しているパスコードをご入力ください。
  • インストール完了の画面が開きましたら、「完了」をタップして画面を閉じてください。

ネットワーク設定のリセットをする

ネットワーク設定のリセットは、3G/LTE/Wi-Fiなどの無線の設定をリセットする操作です。

リセットにある上から3番目の「ネットワーク設定をリセット」を押すと、3G/LTE/Wi-Fiの設定がリセットされます。

UQモバイルでSMS送信できない時の対処法(iphoneとAndroid共通)

強制リセットする

強制リセットは、iPhoneの場合は、本体の下のホームボタンと、本体側面の音量を下げるボタンを同時に5秒ほど長押しします。

Androidの場合も電源ボタンと音量の下げるボタンを長押しすると、強制リセットされます。

SIMの抜き差しを行う

SIMカードを端末から抜いて、再度SIMカードを挿入してみましょう。SIMカードに埃やゴミなどで接触が悪いと通信に影響が出てSMS送信できない場合があります。

この接触不良を改善するためには、SIMカードの抜き差しを繰り返して接触を良好にすることです。


スポンサードリンク